亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for the ‘雑感’ Category

トルコ

11.22.1999 · Posted in 雑感

トルコ人というのは広くはアナトリアのトルコ人 (トルコ語),アゼルバイジャン共和国のアゼルバイジャン人 (アゼルバイジャン語),トルクメニスタン共和国のトルクメン人 (トルクメン語),カザフスタン共和国のカザフ人 (カザフ語),キルギスタン共和国のキルギス人 (キルギス語),ウズベキスタン共和国のウズベク人 (ウズベク語),中国新疆ウイグル自治区のウイグル人 (ウイグル語) のことなのだそうだ.言語学的なもので,政治的にはパン・トルコ主義というそうだ.カザフ,キルギス,トルクメン,ウズベクを併せてトルキスタンというそうだ.アゼルバイジャンは北アゼルバイジャン (アゼルバイジャン共和国のこと) と,南アゼルバイジャン (イランの一部) に分かれるそうだ.

Dutch はオランダ人とかデンマーク人のことかと思っていたが,本来は Deutsch という意味だそうだ. deuten は Deutsch 語でわかりやすくという意味があるそうだ.

トルコ はコメントを受け付けていません。

西太后

11.21.1999 · Posted in 雑感

西太后の辞世の言葉,「以後,再び女性に国政を担当させてはならない.それは本朝の家法に背くことで,厳に慎むべきである.」げしょっ.

西太后死後しばらくの間の,つまり同時代の中国人の彼女に対する評価は,現在の毛沢東に対する評価に良く似ている.現在の中国人は西太后を非常に憎んでいるように思う.が,毛沢東は必ずしも憎んでいるわけではない.西太后が頤和園で放蕩せずその金を北洋艦隊の強化に使っていれば,中国は日本に負けたりしなかったのだが,という話を以前私は北京郊外の頤和園で聞いた.

西太后 はコメントを受け付けていません。

紆余曲折と試行錯誤

04.28.1999 · Posted in 雑感

昔,斉の国に恒公という王が居て(笑), 管仲が宰相になったのだが, 恒公は管仲の諫めを聞かず, 何度も軍備を増強し,宋や魯などの隣国と戦争をして負け続けた. ついに魯の宰相の曹沫に,会盟の場で懐に忍ばせた剣を突きつけられ, 領土を割譲する約束をさせられた. たぶんこれで恒公も懲りたのか, それからは管仲の言う通りに政治を行なうようになり, ついには春秋の覇者の一人となった. で,管仲が宰相となってから,恒公が覇者となるまで, なんとも長い期間,紆余曲折と試行錯誤を経ている. 上司を説得するというのはこうまでたいへんなことなのだろうか.

紆余曲折と試行錯誤 はコメントを受け付けていません。

赤塚巡り(副題「赤塚良いとこ一度はおいで」)

03.26.1999 · Posted in 雑感

成増の不動産屋へ. 実家から送ってもらった保証人の実印が父ではなく祖父のだった. などのちょっとしたハプニングはあったものの,契約成立. 鍵は 30 日にくれるとのこと. 一応 4/1 日から入居可だが,鍵さえもらえばこっちのもの.

赤塚図書館に入ってみたが,思ったより広くてご満悦. 世田谷中央図書館には遠く及ばないが, 世田谷図書館よりは広そう. しかもわりと空いている. わざわざ赤塚の山の上まで登ってくるやつはいないのだろう.

赤塚体育館というものにも入ってみたが, 屋内温水プールが思ったよりも広くてびっくり. 地下二階に,25m プールと,子供用プールがある. プールサイドも異様に広く,採光も充分. 地下一階からプールがのぞけるようになっているが, このフロアも異様に広い. なんとも贅沢な作り. さすが自治体.民間には真似できねー.

トレーニングルームというところに, 中年おじんおばんがたいそう集まっていた. ちょっとしたフィットネスジムで一般公開利用は 380 円. 近所なので便利なのだが,僕はあいにく運動は嫌いなたちだ. 僕は昔,風呂なしのころにフィットネスジムに銭湯代わりに通ったことがある. あまり運動は長続きしないのだが, 年に二三回は利用させてもらうかも. ともかくフツーのフィットネスジムに高い金出して通う必要はまったくないと見た.

成増図書館は,本棚絨毯など非常に新しいが, 赤塚図書館よりちょっと広いくらいで, それほどすごくない. 地方自治体の図書館としてはやはり世田谷中央図書館は最大級だろう. 普通の区立図書館の軽く三倍の広さがあり, 平日昼間でも常に混んでいる.

図書館と同じ建物の中に成増アートギャラリーというのがあって, これが一日 10000 円で借りられるそうである. 一週間くらい借りて 7 万円. 高いのか安いのか良くわからん. そもそも成増まで見に来るのか? 高島平の陶芸サークルみたいのが展示してた. 重くて厚くてつるつるして最悪なのもあったが, 軽くて薄くてさらっとした,なかなか良くできたのもあった. なかなか良い土使てるやないけ(笑). 焼き物を自分で焼きだしたらはまりそう. 高島平は赤塚庁舎前からバス一本でいける. 全然遠くないのである.

成増北口の再開発はつい最近のことのように思える. 三茶のキャロットタワーくらいかな. 赤塚図書館も赤塚体育館も新しくてすばらしい. こういうバブルの遺産は歓迎だね. 成増北口から赤塚高台にかけて,全般に町が若々しく, まるで板橋じゃないみたい(笑). ただし,ついでに体育館前通りというのを通したのは良くなかった. この道なからましかばとおぼえしか.つーか. この道がなければ交通はかなり不便になり,従って車が入ってこなくなる. 太い道がなく,地元の車以外に入って来ないようなのが理想だ. 駅までの距離が同じでも, 朝から二車線の道をいくつも横切るのは気分最悪. 荷馬車がやっとすれ違える程度の田舎道を歩くのは散歩気分でよろしい.

赤塚植物園にはまだ足を踏み入れてない(けっこう期待している). 赤塚美術館というのもあるようだ(あまり期待してない). 赤塚城址というのもあるそうだ(だからなんなんだ). どっちにしろ近所なのでそのうち遊びにいこう.

日が長いので, 観光バス気分で成増駅前から高島平経由で赤羽へ. 赤羽はいかにも古い町だ. 巨大なダイエーがある. 碑文谷のダイエーよりは小さいようだ. エスカレータの手すりが汚い. あまり活気がない. 大きなお世話かもしれんが, 不景気ならまずエスカレータの手すり磨きから始めるべきだね!

赤塚巡り(副題「赤塚良いとこ一度はおいで」) はコメントを受け付けていません。

契約成立

03.15.1999 · Posted in 雑感

今日は暑い日だった. 雨降りだった. 練馬の光が丘公園は大きな公園だった. 代々木公園くらいある. というより,妙に代々木公園に似ている. バードサンクチュアリとかあったりして. 周りを団地が取り囲んでいるところが, 代々木公園とはちと違うところだ. 環八を通ると関越道に入る当たりで, 巨大な煙突がぴかぴか光ってるのを見るが, これは光が丘公園にあったのだった.

板橋の高島平というところもずいぶん巨大な団地らしい. 高島平と光が丘では,高島平の方が古いらしい. こんど見物に行ってみよう.

というわけで, 今日は赤塚の物件を見に行ったのだが, いっぺんで気に入ってしまい,仮契約というのだろうか, ともかく四月には入居することにした.

2DK は確かに一人で住むには広すぎるなあ. 6 畳和室,4.5 畳和室,あと,フローリングの DK. 部屋が分かれているから,どれをどこに放り込もうかと悩む. 置いてみないとなんとも言えないが. トイレと風呂が別で広々してるのも良い. というか,今までが狭すぎだったんだよね. 収納も充分すぎるほどある. 押入も天袋もある. 天袋ってちょっとうれしいよね. 窓にアルミサッシと障子が入ってて, 障子付きの部屋なんて長いこと住んでなかったので, ちょっと感動した.

エアコンがないことが発覚してちょっとあわてたが, 四面に窓が七か所もあって, これ全部開けとけば, たぶん風が通ってだいぶ涼しいだろうと思う…. たぶん大丈夫だよね.

のれそれ刺という白魚のような魚を食べた. 白魚よりも長くて,平たくて,頭が小さい. 歯ごたえが白魚やちりめんじゃこのようではなく, なんとなく気持ち悪いので, 残してしまった.

世田谷に限らず,都心は高くて狭い. 赤塚の高台までくれば, 狭苦しいワンルームの値段で 2DK に住める. よっぽど精神衛生に良いではないか?

今度ばかりは,とうとう埼玉ケンミンになってしまって, 毎日所沢のホーレンソウのおひたしを食べたり狭山茶をすすったり することになると観念してたが, どうにか東京都民にとどまった. 東京都民の前は京都市民だった. つーか. 京都は予備校の寮に住んだので, 住民票を移さなかったような気がする. 大田区に引っ越したときに, 裁判所に 3000 円くらい罰金を払わされたからだ. だから,形式的には京都には住んだことになってなくて, 田舎からじかに東京に来たことになってるかもしれん. ともかくも昭和 60 年からずっと東京都民なのである.

契約成立 はコメントを受け付けていません。

板橋区赤塚

03.14.1999 · Posted in 雑感

今日は成増周辺を集中的に踏破した. 赤塚というところになかなか良い物件を発見した. 二階建てで二階部分が 2DK になっていて, すべて込みで 8 万円. こういう,四方がすべて自分ちの壁,というのはあこがれるかも. つーか,2DK ならその気になりゃ永住できるかも(するんかい!). 赤塚高台というところにあって, 成増駅から 1km ! ちょっと遠いですね. でも,このくらいは毎日歩けるのは実証済み. 近くに赤塚図書館がある. わりと新しい建物. 成増図書館と赤塚図書館の両方が利用できるというのがオイシイ. というか僕的にはそのような形態が必須条件と言える.

あと,近くにはたけとか緑地多い. いざ地震火事となると,近くに緑地がないと不安でしょっ.東京の場合. 赤塚植物園というのもある. 東京大仏というのもある(これはあんまり関係ない). あたりは静かで,ほとんど自動車は入ってこない. 非常によろしい.

下赤塚駅にも近い. 成増駅とほぼ等距離. 他にもなんとなく町の感じがファニーでおもしろそう. この感じは,埼玉に入ってしまうとなくなってしまうものなのだ.

というわけで,明日さっそく不動産屋に行ってみるかと思ってる. 下手すると明日鍵をもらうかもね.

板橋区赤塚 はコメントを受け付けていません。

東上線遍歴

03.13.1999 · Posted in 雑感

東上線沿いというか,川越街道沿いに, 成増から大山まで歩いた. これで, 池袋,北池袋,下板橋,大山,中板橋, 常盤台,上板橋,東武練馬(練馬北町),下赤塚, 成増,和光市,朝霞台,志木,ふじみ野,上福岡,川越と, 池袋から成増まで全部と,成増から川越までの急行停車駅には, すべて足跡を残したことになる.

さて,そこで導き出される結論だが, 板橋は世田谷に比べて,住宅地としては及ぶべくもないということだ. 特に東上線沿線には緑地も少ない. 区画がごちゃごちゃしてて, 老人ばかり住んでいるような気がする. 板橋中央図書館というところに行ってみたが, 世田谷中央図書館とはウンデイの差がある. むしろ大田区や品川区などと似たところがある.

やはり成増あたりにさくっと引っ越した方が良さそうだ. 成増にはでっかい図書館があるし, 近くに練馬の光が丘公園などあるし. 駅前にはけっこうごちゃごちゃした商店街もある. 成増は家賃もけっこう強気なようだが,このさい仕方ない.

東上線遍歴 はコメントを受け付けていません。

凸版印刷

02.13.1999 · Posted in 雑感

群ようこが, オフセット印刷よりも凸版印刷の方が活字にキレがあって, 格段にきれいだと言ってたことがある. 宮城谷昌光の本で, 紙をさわると印字の部分がざらざらしてるのとそうでないのがある. ざらざらしているのが凸版印刷なのだろうか. インク自体はたいしてざらざらしないだろう. インクはほとんど紙に染み込んでしまうから, 凸版印刷がでこぼこしてるとしたら, それは刻印するのと同じで, 版を紙に押しつけたときにへこみができるからだろう. ついでに裏写りがきついような気がする. いまでも凸版印刷ってやってるのかなあ. まさかいまさら電算写植使わないで, 活字拾って組んでるわけじゃないだろうと思うのだが.

オフセット印刷はリトグラフと同じ原理なんだそうで. リトグラフは親水性のある石の板に油性のマジックとかクレヨンとか, 要するに水をはじくもので絵を描いて, それに水を張って, 書いた部分だけが水をはじくから, そこにインクを乗せて印刷するんだね.

凸版印刷 はコメントを受け付けていません。

タレント

02.07.1999 · Posted in 雑感

久しぶりにタモリ倶楽部を見たのだが, あいかわらず素晴らしい. タモリはこんなに良い番組を持ってるのに, どうして笑っていいともなんてつまらない番組にこだわるんだろう.

タレントは番組をおもしろくするが, タレントに過度に依存した番組はつまらない. どうしてまあ,民放は, タレントの個人的な趣味とか打ちあけ話とか, さいころ振ってだらだら話すような, そんな番組ばかりになってしまったのか.

宦官が政治を牛耳ってしまうように, タレント(というか事務所というか) が放送というものを私物化してる,自己目的化してるよね.

タレント はコメントを受け付けていません。

カオス

11.24.1997 · Posted in 雑感

昨日は友人が遊びにきた. 聞き取りにくい携帯電話で話をして, 僕が「松陰神社前で待つ」と言うと, 「改札はどこにあるのか」と聞くので, 「世田谷線の駅に改札なんかない.ホームしかない」と言うと, なんか納得できないふうだった. 世田谷線には終点の三茶と下高井戸にしか,改札はない. 彼は世田谷線のことを時代錯誤だとかアナクロだとか言った. それはひどい.せめてレトロとかアンティークとか言ってやれば良いのに. 世田谷線の電車の内装は,壁も床も板張りだ (樹脂のもいくらかはある).

吉田松陰の墓にお参りした. もう日が暮れて神社の門が締まってたので,こそこそと入りこんだ. 安政の大獄で,みな三十代で(つまり僕くらいの年で)獄死したのだった. 吉田松陰はちょうど三十才で死んだ. 思い残したことややり残したはあったのかなかったのか. 僕なんていまじゃ Linux くらいしか生きる楽しみがない (Linux だって別にしいて生きていたいほど好きなわけではない). などとふと思った(単に落ち込んでるだけかも…). つい一週間ほど前に携帯電話を買った,とても便利だ,などというので, つき合っている人でも出来たのかというと,そうだと白状した. ふむ.それじゃ簡単に死ぬわけにもいかないね.

僕が死んだら親が悲しむだろう. 僕はつくづく退屈な人間なので,彼女が出来ても話すことがない, 遊びにいくところがない, それで納得してくれるならつきあっても良いのだが, それだといっしょにいる甲斐がないから, 何もしない方がましかもしれぬ. 困ったものだ. そもそも僕は電話をしても長電話はしない. たまにすることがあっても特殊なケースで, それを毎日繰り返すなどというのは,あり得ない. これからそういう性格になることもないと思う. 昔からそうかというとそうでもなくて, 中学生のころまではよく話す方だったのだが.

僕のカオスのとらえ方はちと違っていたようだ. カオスというのは,力学系の話なので, 初期値によって挙動が全く違ってしまうようなのをカオスと言うのだと言う. それはまあそうなのだが. カオスというのは無秩序に近いものであり, 無秩序と秩序の間にあるのは複雑系というのだそうだ. ふーん.

カオス はコメントを受け付けていません。