亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for the ‘雑感’ Category

凸版印刷

02.13.1999 · Posted in 雑感

群ようこが, オフセット印刷よりも凸版印刷の方が活字にキレがあって, 格段にきれいだと言ってたことがある. 宮城谷昌光の本で, 紙をさわると印字の部分がざらざらしてるのとそうでないのがある. ざらざらしているのが凸版印刷なのだろうか. インク自体はたいしてざらざらしないだろう. インクはほとんど紙に染み込んでしまうから, 凸版印刷がでこぼこしてるとしたら, それは刻印するのと同じで, 版を紙に押しつけたときにへこみができるからだろう. ついでに裏写りがきついような気がする. いまでも凸版印刷ってやってるのかなあ. まさかいまさら電算写植使わないで, 活字拾って組んでるわけじゃないだろうと思うのだが.

オフセット印刷はリトグラフと同じ原理なんだそうで. リトグラフは親水性のある石の板に油性のマジックとかクレヨンとか, 要するに水をはじくもので絵を描いて, それに水を張って, 書いた部分だけが水をはじくから, そこにインクを乗せて印刷するんだね.

凸版印刷 はコメントを受け付けていません。

タレント

02.07.1999 · Posted in 雑感

久しぶりにタモリ倶楽部を見たのだが, あいかわらず素晴らしい. タモリはこんなに良い番組を持ってるのに, どうして笑っていいともなんてつまらない番組にこだわるんだろう.

タレントは番組をおもしろくするが, タレントに過度に依存した番組はつまらない. どうしてまあ,民放は, タレントの個人的な趣味とか打ちあけ話とか, さいころ振ってだらだら話すような, そんな番組ばかりになってしまったのか.

宦官が政治を牛耳ってしまうように, タレント(というか事務所というか) が放送というものを私物化してる,自己目的化してるよね.

タレント はコメントを受け付けていません。

カオス

11.24.1997 · Posted in 雑感

昨日は友人が遊びにきた. 聞き取りにくい携帯電話で話をして, 僕が「松陰神社前で待つ」と言うと, 「改札はどこにあるのか」と聞くので, 「世田谷線の駅に改札なんかない.ホームしかない」と言うと, なんか納得できないふうだった. 世田谷線には終点の三茶と下高井戸にしか,改札はない. 彼は世田谷線のことを時代錯誤だとかアナクロだとか言った. それはひどい.せめてレトロとかアンティークとか言ってやれば良いのに. 世田谷線の電車の内装は,壁も床も板張りだ (樹脂のもいくらかはある).

吉田松陰の墓にお参りした. もう日が暮れて神社の門が締まってたので,こそこそと入りこんだ. 安政の大獄で,みな三十代で(つまり僕くらいの年で)獄死したのだった. 吉田松陰はちょうど三十才で死んだ. 思い残したことややり残したはあったのかなかったのか. 僕なんていまじゃ Linux くらいしか生きる楽しみがない (Linux だって別にしいて生きていたいほど好きなわけではない). などとふと思った(単に落ち込んでるだけかも…). つい一週間ほど前に携帯電話を買った,とても便利だ,などというので, つき合っている人でも出来たのかというと,そうだと白状した. ふむ.それじゃ簡単に死ぬわけにもいかないね.

僕が死んだら親が悲しむだろう. 僕はつくづく退屈な人間なので,彼女が出来ても話すことがない, 遊びにいくところがない, それで納得してくれるならつきあっても良いのだが, それだといっしょにいる甲斐がないから, 何もしない方がましかもしれぬ. 困ったものだ. そもそも僕は電話をしても長電話はしない. たまにすることがあっても特殊なケースで, それを毎日繰り返すなどというのは,あり得ない. これからそういう性格になることもないと思う. 昔からそうかというとそうでもなくて, 中学生のころまではよく話す方だったのだが.

僕のカオスのとらえ方はちと違っていたようだ. カオスというのは,力学系の話なので, 初期値によって挙動が全く違ってしまうようなのをカオスと言うのだと言う. それはまあそうなのだが. カオスというのは無秩序に近いものであり, 無秩序と秩序の間にあるのは複雑系というのだそうだ. ふーん.

カオス はコメントを受け付けていません。

第一首相

07.10.1997 · Posted in 雑感

カンボジアの第一首相とか第二首相というのは, なんかおかしな呼び名だなあ.と私は思ったのだった. なぜかというに首相は The prime minister であって, 本来,第一大臣という意味だ. 気になって英字新聞を読んでみたら, なんのことはない, The first prime minister, the second prime minister というのだそうだ. うむ.事実は小説よりもつまらない.

まあ,どうでもいいことなのだった. でもきっと一部のラテン系の言語だと, La prima prima ministro (どこ語?)となって具合が悪いのではないか. でも,序数の階層化なんて,珍しくもないか.

第一首相 はコメントを受け付けていません。

三茶都議選事情

06.29.1997 · Posted in 雑感

うちのとなりは今マンションの建設工事中だ. 朝 8 時きっかりにラジオ体操. そのあと朝礼らしきもの. それから工事開始でずいぶんやかましい. それと同時に活動を開始するのが「女性党」だ.

女性党,女性党,世の中はこのままでいいのでしょうか. 私達は立ち上がりました. やさしくおもいやりのある政治を…

やさしくおもいやりのある政治をやろうってんなら, 朝 8 時から街宣すんなっ! ぼけ!

青年自由党. これはなかなか気持ちが悪い. 「私達は日本の歴史を大切にします」 うん,ここまではいい. 「これまで日教組の先生方は,日の丸や君が代を否定してきました」 うん.私も日教組は嫌いだ. 特に高校んときの現代社会の教師が, 授業中に思想教育まがいの蘊蓄たれてんのがすっげーいやだったなあ. 批判の能力も機会もない高校生に一方的に価値観おしつけんなよな! それはそうと.「親孝行しましょう」 ? なんだそれは. 親孝行と国の政治をどう結びつけようというのか. 党の旗というかのぼりを, 応援団か何かのように, 腕を垂直に前に出して,直立不動,大事そうにもっているのである. これはけっこう気持ち悪い. さらに,拡声機を使わずに,スローガンを叫びながら大勢で 行進してるのである. うーむ. どうしてそんな極端に走らなきゃならないかな.

共産党は,支部の一階にシートを敷いて, 近所のおばさんらしい連中がなにやら内職風の作業をしてる. そういう手作り的というか,家庭的雰囲気を人にみせびらかす必要があるのか. 無理に演出しているようで,かえって不快だ. 共産党は, 自分だけが野党でありつづけることに存在意義を見出しているかのようだ. それも何かいやだ.

この共産党の支部はうちからすぐそこだが, ときどき共産党を攻撃する街宣車がきて, いいたいことをひとしきり大声でしゃべりまくる. そういうことがときどきある. これもなあ. 共産党を批判したい気持ちは分かるが, あまり効果がないような気がする. かえって同情ひいちゃうんじゃない?

公明党関係の知り合いから電話が来た. いまは「公明」って言うんだっけ? 新進党との関係はどうなったんだ. 電話で勧誘して,どうしようってんだろう?

三茶都議選事情 はコメントを受け付けていません。

日本赤軍の女

06.02.1997 · Posted in 雑感

昨日週刊アスキーを GET しようと思ったら見当たらない. もしかして今日発売? 体が週刊誌を読みたい状態になってたので, 仕方なく週刊新潮と週刊文春を買う. 週刊新潮「たかが,されどテレビ」というコラムで, ある日本娘がテルアビブ空港でテロリスト扱いされたという話. 他の乗客と隔離され, 兵隊のような男に銃を突き付けられたまま連行され, 飛行機でもずっとその兵隊と一緒だったそうだ. そりゃあ生きた心地もしなかったでしょうね. なんでも化粧もせずスッピンだったので日本赤軍に間違われたそうな(大爆笑). 久しぶりに笑かせてもらいました. きっとマニュアルに書いてあるんだな. こうこうこういうみなりの日本女性は日本赤軍だ. とか. 男だとサラリーマン風を装った方がいいんのかな. 私も一度シカゴ空港で捕まったことがあって. エディーマーフィーみたいな顔の警備員に 「domestic airline はどこですか?」と聞いたら, どうもみなりがみすぼらしすぎたのがいけなかったらしいのだが, 「何日滞在するんだ」 「一週間です」 「荷物が少なすぎる.服はどうする」 「そのうち買います」 とかってしばらく尋問されて, 国際会議の資料などを見せたらようやく信用されたのでした. 私は荷物は最小限にして服は現地調達. 帰りにおみやげ代わりにもって帰る. という方針なのですね.

しかしこの女性は敬虔なクリスチャンだったそうで. かわいそうな話ではある. 外国では化粧をしない清楚な日本女性とは思ってくれないんだなぁ. 化粧はどのくらいすればいいかって私の好みでいえば, 口紅とクリームくらいかな. 匂いのきつくない.

今朝の日経では,どうも大使館関係者らしい人が, イスラエルのオスマントルコ時代の鉄道の跡をいろいろ探して廻ったという 物好きな話が載っていたが, あちこちでパレスチナ人やイスラエル人に尋問されたという. 物騒な話である. 列車にはマシンガンを持った治安要員が二人乗っていて, 爆弾が仕掛けてないか,床にはいつくばって調べるんだそうだ. いやはや物騒な国だ.

これは週刊文春の方の記事だが. 役所広司という人は私と同郷,つまり諌早の人らしいのだが, それはともかく. 「うなぎ」がグランプリを受賞したのは, フランス人がアメリカ映画を嫌っているからだ,と受賞した監督が言っていた. ふーん. まあアメリカ映画は純粋に娯楽だから. こないだ「ツイスター」見たけど. なんも考えずに楽しめるわな. 子供の離乳食みたいなもんだ. この監督はお金をかけた映画というもんは肯定してて, お金は使わないよりは使った方がいい. どんどん集めてどんどん使ってどんどん儲けてどんどん作るべきだ. と言う. 私も,お金のかかる研究は否定しない(笑).

追記: 尋問されたのは、みなりというよりは、ホテルの予約がなかったからだろう。

日本赤軍の女 はコメントを受け付けていません。

蝙蝠を撃て!

05.04.1997 · Posted in 雑感

雁屋哲が「週間金曜日」で 「蝙蝠を撃て!」という漫画の原作をやってるらしい. 「諸君!」によれば「左翼版ゴーマニズム宣言」を試みたもの, だそうである. 今度読んでみるかな. ここで言っている「蝙蝠」とは 戦後の「転向」とか「反動」のことらしい. 例えば,江藤淳. 私の知る限り,かつてこの人ほど「転向」よばわりされた人はない. 「転向の象徴」なのだろう. 世の中のすべての「右翼」 は左翼からみると,たかだか「左翼からの転向」なのであろう. でもこれは一昔前の事情である. 吉本隆明の「我が転向」を挙げるまでもなく, いまどき転向者は掃いて捨てるほどいるようだ.

江藤淳は東工大教授だった. 江頭先生という名前で,こちらが本名なのだろう. 一度,教官室までおじゃましたことがある. どういういきさつだったか今では良く覚えていないが, 諌早の詩人伊東静雄のことなど話をした. 伊東静雄の話になると長くなるので,やめておこう.

「左翼版ゴー宣」が出て来るということは 「元祖ゴー宣」はつまり「右翼」なわけだ. 小林よしのりも, もう引くに引けないところまで来てしまったわけだなあ.

どうでもいいことだが, 「ナニワ金融道」 の原作者の青木雄二は,ばりばりのコミュニストらしい. 蟹工船まがいの漫画を一度見た覚えがある. また,なんとかという週刊誌にコラムを書いていた (アサヒ芸能の「天下極楽人生相談」か?). おそらく「ナニワ金融道」 はそのへんのエキスを薄めて作られたものだろう.

蝙蝠を撃て! はコメントを受け付けていません。

浦安ディズニーランドからの中継

05.01.1997 · Posted in 雑感

大宮悦子
はい、私レポーターの大宮悦子です。 ここ浦安ディズニーランドはゴールデンウィークの中日で、 晴天にも恵まれまして、 観光客や家族連れでたいへん混みあっております。 さっそくちょっとお話をうかがってみようと思います。 あのーお楽しみのところすいません、 ホゲテレビですが、少々お話をうかがってもよろしいでしょうか?
通りすがりの女子高生風A
えー。ホゲテレビぃ?なんですか?
大宮悦子
諌早湾の干拓ってご存知ですか?
Aの連れの女子高生風B
知ってますよぉ。
大宮悦子
つい先日、潮受け堤防が閉め切られ、 ムツゴロウや、トビハゼ、ヤマトオサガニ、ワラスボ、クロヘナタリなどのたくさんの海の生物たちが、 今まさに死に絶えようとしていることについて、 どのようにお考えですか?
女子高生風B
えー。なんかちょーエムエム~って感じ。
女子高生風A
ムツゴロウ可哀想。 生き物を殺すのは良くないことだわ。
女子高生風B
ラムサール条約がどうしたこうした、って感じだわ~。
女子高生風A
B子って超ものしり~。
女子高生風B
うふふ。いわゆるリケンってやつね~。
女子高生風A
まったくどうしてみんな環境問題について深く考えようとしないのかしら?
女子高生風B
いますぐ干拓をやめてもとの干潟に戻すべきよ! いまならまだ間に合うわ~。
大宮悦子
その通りだと、私も思います。 でも、ここ、ちょうど私達が今立っている浦安ディズニーランドは、 以前は遠浅の海で、 浅草海苔の養殖場でもあり、 キスやカレイやアサリがたくさん採れる、 海の生き物たちの楽園だったっていうことはご存知ですか?
女子高生風AとB
えー? 知らなーい。
大宮悦子
たくさんの海の生き物たちを生き埋めにした上で、 のほほ~んと楽しそうに遊んでいて、罪の意識を感じませんか? 少なくとも、 諌早湾の干拓にシノゴノ言う資格は、 あなたたちにはないとは思いませんか? 諌早湾の干拓を中止して干潟に戻す前に、 今、私たちが暮らしているこの東京の、 浦安ディズニーランドを元の遠浅の海に戻すべきだとは思いませんか?
女子高生風A
えー? どうして~~。 私達関係ないし~。
女子高生風B
せっかく作ったのにもったいないじゃ~ん。 お金もかかってるしい。 それに浦安の昔のことなんて知らなかったんだもん。
大宮悦子
つまりあなたがたはマスコミの垂れ流すことならなんでもその通り、 怒ったり騒いだり文句を言うけれども、 それ以外のことは自分の快楽を優先するお調子もの、 っていうことですね? せっかく作ったのに壊すのがもったいないなら、 諌早湾の堰だって、超~もったいないんじゃありませんか?
通りすがりの某タクシードライバー
ちょっと待ちなよホゲテレビの大宮悦子さん。
大宮悦子
は? どなたですか?
某タクシードライバー
おれはこの浦安で20年間タクシーの運転手をやってる大沢木ってもんだ。 さっきから聞いているといったいぜんたいあんたは何が言いたいんだ? そもそもオタクのホゲテレビは、 つい最近、お台場の新社屋に引っ越したばかりじゃなかったかね。 お台場だってもとは海だったんだよ。 たくさんの海の生物が生きていたんだよ。 その海の生物を皆殺しにした上でのほほんと、 バラエティ報道番組なんか作っているホゲテレビに、 諌早湾の干拓がどうしたこうしたとか、 浦安ディズニーランドがどうしたこうしたとか、 ってホゲホゲヌカしている資格があるとでも思ってんのか。 そもそも、 海を埋め立てて作った羽田空港や、湾岸道路や、港湾施設や、 コンビナートや、ゴミ処理場の恩恵を毎日受けている東京都民に、 諌早湾だの三峡ダムだのカワイルカだの、 よそさまの土地の世話を焼く資格があるのか。 環境問題がどうのこうのっていうんなら、 まず自分たちが住んでいる東京の海をもとの干潟や海に戻すべきじゃないのかね? あーん?
台場ホゲテレビ スタジオ 808 でふんぞり返っているディレクターS
ちっ。 こちとら、視聴率さえ稼げりゃあいいんだよ。 たまたま世の中の騒ぎになってるからネタにしたまでだ。 さっさと CM に切り替えろ!

浦安ディズニーランドからの中継 はコメントを受け付けていません。

青木大使

04.26.1997 · Posted in 雑感

夕刊フジに書いてあったが, 日本大使公邸が占拠されたのは日本大使の責任であるから, 大使は辞任すべきであるという. 外務大臣も辞任すべきであるという. また,同じことは日経の春秋にもちょっとだけ書いてあったが, こちらはどちらかというと同情的である. 私は,理由の如何を問わず,また本人が人質になったかどうかも関係なく, 大使公邸での事件はつまるところ大使が責任を取るのが筋だと思う. 責任者が処分されることによって責任の所在が明らかになることが重要なんであり, そのために責任者は部下よりも余計に給料を貰い名誉も与えられているのであり, それが綱紀粛正ということであり, それが noblesse oblige というこである. 青木大使個人がどれだけ頑張ったかとか,サムライだったかどうかとか, そんなことはどうでも良い. いやサムライだったんならなおさら潔く「辞任」し, 後世に範を示すべきだろう.

どちらかと言えば日本政府全体が そういうぬるま湯みたいな体質だから起きたとも言える事件ではある. そんなことはもちろんわかり切っている. 夕刊フジによれば,例年は用心のため昼間に小規模のパーティを開いていたが, 去年は夜盛大に開いたそうだ.誰の指示かは明らかだ. よって国家的信頼の喪失,人的物的被害,数百億円の支出,などなどの結果を生んだ. のんきにパーティを開いて隙を作るとか, 重大事件が発生したときに 大使が不在だとか大使が遅刻するとか(日米開戦の時), そういう不祥事の再発を防ぐためにも厳しく処分すべきではなかろうか.

追記: 日本大使公邸においてペルー政府が, 日本政府または日本政府の全権を委任していると見なされる大使に許可なく 軍事行動を起こして, 邦人に死者が出た場合, それは本来戦争事由にもなりうる重大事件だ. もちろん,日本がペルーに対して宣戦布告する,ということもあり得る, という意味でだ. 橋本龍太郎がブゼンとしていたのも当然だと思う. まあしかしそれは極端な例ではある. 帝国主義華やかなりし日のやり方である. 今回の場合, 日本政府は軍隊も派遣せず, ペルー政府にすべてをまかせていた形になっているので, 事後承諾でもやむを得ないだろう(で結局何がいいたいのだ?).

人質が一人死んだのはわざと殺したんだという疑惑が現地の新聞で 取り上げられているそうだ. まあ私が独裁者フジモリになり代わって考えてみるに, 人質全員無事救出することの方が, やっかいな政敵をどさくさに紛れて殺すよりも, 国際世論にも国内世論にも評価され, ずっと自分の独裁体制を固めるのに役に立つんじゃないのかな? だから私はその手の話は信憑性は低いと思う. ただ,軍の影響力がどのくらいあるかというのが不確定要素ではある. フジモリ大統領ではなく,軍の中の一部の勢力の指示かもしれないし, それはあり得るかもしれない. アメリカ政府や日本政府はそのへんを気にしているようだが….

青木大使 はコメントを受け付けていません。

中国大陸

04.24.1997 · Posted in 雑感

少年マガジンの「中華一番」という漫画を読んでいたら, 中国の形に盛りつけされた「真鯛大陸封」という料理が出て来るのだが, これは時代設定は清朝だったのではないかな. だとすれば外蒙古が中国領に含まれてないとおかしい. 中華民国では外蒙古は中国領だったはずで, つい最近台湾政府が地図を書き換えたのじゃなかったかな.

追記: 華声和語 によれば, 1996年1月, 台湾政府は中国本土の県以下の地名を大陸風に改めたが, モンゴルは未だに中国領に含まれているそうだ.

また,1689 年ネルチンスク条約当時ならば外興安嶺まで中国領だったはずだ… つまりこの中国の形は人民中国のものなのだが…. まあどうでもいいか.漫画だし.

さらにどうでもいいことではあるが,中国でもマダイを真鯛と言うのだろうか. 非常にあやしい. そもそも中華の冷菜に刺身が出るというのは, 皆無とは言えないかもしれないが, 極めて怪しい!

中国大陸 はコメントを受け付けていません。