亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for the ‘詠歌’ Category

吉野百首

04.18.2010 · Posted in 和歌, 詠歌

なんか忙しいと、つい現実逃避してしまうようで、書きかけだった吉野百首も完成させた。 宣長がまだ花の咲いてない吉野山に花見に行ったときの、やや間の抜けた旅の歌集なのだが、 吉野と宣長の因縁とか、生涯に三度行ったこととか、あるいは晩年における桜に対する執着などがわかる、 重要なものだと思う。 場所がらか、記紀・万葉調の歌が多いのも、宣長にしては珍しい。 「見まほし」と言うところを「見が欲し」と書くとか。 「里人が」と言うところを「里人い」とするとか。

「枕の山」は、宣長自身が版本を作ったというのだから、作品として公開する気まんまんだったことがわかる。 或いは、いろいろ褒められて、ついその気になったか。 これについて解題で、大久保正氏が

完成された歌集としての「枕の木」それ自体は、極めて意識的に構成された一個の芸術品に他ならないことが明らかになる。

などとめずらしく褒めている。 他ではさんざんに宣長の歌をけなしているのに。

現実逃避ということを

いとまなきをりにしもあれ夜もすがらあだしごとのみはげみやはする

うつせみの世のなりはひに飽き果ててひねもすはげむしきしまの道

これはひどい歌(笑)

ことしげくつらきうつつはかへりみでたのしき道にいそしみにけり

忘るべきうつつならねどおくらせて今はと書を読みて楽しむ

楽しみを後にするてふまめ人にならましものを春のいそぎに

憂き世をば逃れ出でむと踏み分けて出づる方なきしきしまの道

いとま無き世にまじらひて富もなし富しありせばとく逃れまし

富を得るすべもなき身は浮かれ世にいとまもあらで過ぐすべらなり

吉野百首 はコメントを受け付けていません。

雨 みぞれ 雪

04.16.2010 · Posted in 詠歌

春雨を家に籠もりてやり過ごし晴れなば明日はいづこへか行かむ

ことしげきなりはひつづきあめふればたまの休みはやすらひにけり

春たけて春雨ならでさみだれはまだしき雨を何とか呼ばむ

我がやどに春のみぞれは降りにけり寒さも知らで籠もりゐたれば

風さえて寒き雨降る明くる日は尾上の雪も消えやかぬらむ

山の奥はいまだに春も知らぬらし里のさくらは葉もしげれども

スランプ。

遅く起きて雪は降りつと聞きにけり積もりたるとも見えぬけはひは

雨 みぞれ 雪 はコメントを受け付けていません。

暦を見る

04.11.2010 · Posted in 詠歌

埋まりたるこよみを見ればかなしけりこれよりほかに生きるすべなし

逃れ出づるほかの世もがななりはひをこよみに埋めてありわぶる頃

暦を見る はコメントを受け付けていません。

さりゆく春は惜しむのみかは

04.06.2010 · Posted in 詠歌

花は散りかつはかへでの葉ぞ生ふるさりゆく春は惜しむのみかは

ひかりみちなべて木の葉はあをみゆく散る花惜しむこころはあれど

さて、「惜しむのみかは」で検索してみると、あるある。 俊恵

花の色を惜しむのみかは山里はいつかはひと目またも見るべき

花だけでなく山里全体が惜しいという意味だろう。

寂蓮法師

散らぬまぞ人も泊まらむ春風をいとふは花を惜しむのみかは

花だけでなく人も惜しいという意味。 ふーむ。

花見して、寒き雨がちなるを

花を見て浮かるる民を諫むるかみそぎせよとや春雨の降る

ソメイヨシノを

浮かれ世はあだなる花に染まりけり国つみおやのとがめやはせむ

ヤマザクラを

おほかたの山の木立ちに色そへてほのかににほふ山ざくら花

尾根道をたどれば生ふる山ざくら昔は花もかくや見にけむ

畑に居る鳩を

春さりてうちかへされし山畑に鳩は群れゐて土あさるらし

ふと

もろもろの花は土より咲き出でて散ればふたたび土となるらし

さりゆく春は惜しむのみかは はコメントを受け付けていません。

狂歌

04.02.2010 · Posted in 詠歌

いきつけの店に寄らむと思へどもいつもと同じ今日のおすすめ

ひどい歌だな。 我が詩情はもはや枯れた。

はなみつつねびえやしけむかぜをいたみせきもとめあへぬながれなりけり

寝冷えして風邪を引き鼻水や咳がとまらないという意味。ひどい。これはひどい。

やがていぬる人には言はじなにごとも言ふも答ふも聞くもうたてし

今よりはしばしいとまもなかりけりただことしげき春のあけくれ

なんか今年は嫌な年になりそうだなということを

ことしこそ思ひも侘びねむらぎもの心ひらかむどちもあらなくに

まあ、用心することだな。

うらもなく飲みてかたらふ人もがなわがつねづねの憂さも聞かせて

酒飲んで愚痴はやめような。

あさましや人みな思ひたがひてはもだすべきのみ言ふかひもなし

昔から同じようなことは言っている。

狂歌 はコメントを受け付けていません。

一番初期に詠んだ歌

04.02.2010 · Posted in 詠歌

たまたま当時の日記が残っていたので漁ってみる。

20才の3月13日。

久しぶりにこたつを出してあたりつつ松本伊代の歌など聴けり

つれづれにうるせいやつらに鉛筆で塗り絵をしつつ春の日は過ぐ

金のない学生なればやきそばの三食分を晩飯に食ふ

リプトンとトワイニングを買ひおきてけふはリプトンをいれて飲むかな

ウィスキーの飲みおはりたる空き瓶の捨てられざれば部屋に留まる

田舎から帰省してきた直後で、田舎の愛宕山のことを

いとけなきころより登る愛宕山のこぼてるほこらたてなほりけり

山の上は木のしげりしがひらかれて四方にみはらすうてなたちけり

3月21日。たぶん初の長歌

買ひおきし 米をかしぎて 魚屋で 買ひしめばると 野菜屋で 買ひし生姜を 醤油にて 煮て食べにけり けふのひるげに

反歌は見あたらない。このころ自炊するのがとても楽しかったようだ。

高来峯の土のうつはにぬばたまの黒きコーラを注ぎて飲みけり

「高来峯の土のうつは」とは「雲仙焼き」のこと。

電話屋が今日部屋に来て電話機をつけたのですぐ電話してみた

3月23日

ここちよきものにぞありける広々とひとりこたつにうたたねするは

この頃寮を出て独り暮らしを始めたばかり。 こたつの歌が非常に多い。

ここちよききはみにぞある血を吐きて床に伏したる祖父を思はで

電話引きはじめて届きし連絡は故郷の祖父の血を吐きぬとぞ

わが家はいかにかあらむことしげきをりは人手も足らざるらむを

朝の日に窓は白みてあまだれの音にまじりて鳥のねもする

明けぬるに腹の具合の悪ければ外にいづるもうたてあるかな

ひねもすに雪の降りても冬のごといとど寒くはあらぬよはかな

春来むとけはひはすれどたれこめて今日またふれる雪ぞくちをし

降る雪の雨にかはりてふりければ積もれる雪の靴にしむかな

固からば雪まろばしもすべからめかくゆるくてはせむかたもなし

雪降れば壁にむかひて日のささぬ窓もひときは白き朝かな

独学感に満ちあふれているな。 漢語も現代語もかなりかまわず使っているのがわかる。

一番初期に詠んだ歌 はコメントを受け付けていません。

山形赤湯温泉合宿免許

04.02.2010 · Posted in 詠歌

大学三年生の夏。22才。青春だなあ。車と中免の同時教習だった。

ふかきよりふかき思ひに入りにけり今ひとたびと求むるにより

いねし間に町に夕立はふりにけりよひの祭りを清むるごとく

花も実もあらで畑におふる木をつくづく見れば桜なりけり

思ふさまに林檎は育ち鳥は鳴き川には土地の子らさへ遊ぶ

ひさしぶりにつくづく熱き湯に入りてあがればビールふと飲ままほし

柿の種買はむと来つる夜の店になんとラムネは五十円なり

さすがプロ全然こぼさなかったねとおせじを言ってくれるおばさん

アメリカやオーストラリアに行かずとも空の広さは日本にもある

国つ神に我が来しことを告ぐるなりひとりつとめての外山に登り

けふひと日雨は降りけりゆく川の流れは満ちてささにごりたり

おみくじを結びおくためひとむらのあをささだけぞまうけられたる

こぞの夏買ひし麦わら帽もがなけふしも日差し強くなりけり

ゆふさればおほかたのせみはしづまりてみやゐの杜にひぐらしぞ鳴く

やうやくにみづかさは減り子らもまた来むと見しまに雨はふりけり

たかさごの尾根をつたひてゆく雲のいづこにけふはつどはむとする

えも言はず夏の光にみがかれて指に乱るるみづの流れを

暗幕で外は見えねどひぐらしの鳴く声きこゆゆふさればにや

いくにちかそるもうたてとありしひげも思ふともなくけふはそりけり

あたたかき部屋に戻りてかけおきし作業着におのが匂いをかぎぬ

思ひみなしづめむとして湯に入りて伊東静雄の歌くちずさむ

おもいきりバイクの第二段階の急制動でこけてしまった

この分じゃ帰るころにはばらばらになるんじゃないかおれのからだは

汗をかいてそのあと風呂に入るのもビールをうまく飲むだけのため

けふよりは残しし仕事はじめむと思ひしことのほかにもあるかな

卒検にこさめ降らなむふらふらと道に出で来る人もこそ減れ

とみに雨降り始めける部屋にありてこころあてなき日を過ぐすかな

わが宿のかたへに川の水は満ちかたへに稲の穂ぞ実りける

かの車とくも行かなむかのおうなな出でそ我は検定中ぞ

たれかこの川わたるらむこことかの岸辺に続く道はあれども

卒検を受けてののちにくらぶれば昔はものを思はざりけり

卒検はおはりにけりないたづらに歩道をわたるおうなを知らで

あめやむはありがたかれどしかすがにおきなおうなら道に出づらめ

温泉に栄ゆる町にゐやあつく神はとやまにまつらるるなり

故郷でも今日より盆にいりにけむ祖父の初盆なれどあらぬかも

初盆にみかんはいまだ青からむとぶらふ人もまたおほからむ

こぼすなよ、心配無用、ゆっくりと半クラッチでコルク抜くから

夜さりて窓のあかりにはむしらはあまた来れども我は帰るも

とをあまりやうかのあひだこの町にあれどもあした我はいぬめり

始発ではないのでつばさもやまびこも最悪の場合たちどほしだな

かへるさに小室直樹の新刊を買へばつれづれなぐさまれけり

立ったまま食う幕の内のんびりと釜飯なんか食ってられるか

立ちぼうけ弁当売りの姉ちゃんがとほれるくらいの混み具合にて

時間割吹き流してる扇風機夏休みあと幾日もなし

一枚にふたつきごとのカレンダーながつきなればあらためにけり

山形赤湯温泉合宿免許 はコメントを受け付けていません。

古歌

04.02.2010 · Posted in 詠歌

われひとりもの思ふとも思はれずとも思はれずもの思ふ身は

へんてこな歌を詠んでいたものだな。

はかはかと部屋片付けて暑さのみいかにもえせで過ぐすよはかな

エアコンなんてなかったんだな。 「はかはかと」は「はかばかし」からの連想だろうが、造語だなこりゃ。

クレンザーをスチールウールにしみこませ磨く急須のうらものがなし

たっぷりとお湯をつかってさっぱりとしたい気分だテストがすんで

学生時代の気分はもうピンとこないな。

レポートがあと三つあるプログラム実習いれたらあと五つある

ははっ。わろす。

首を振る扇風機より風を受けていくらか冷ゆる洗い髪かな

生協のステーキにさへミディアムとレアの違いがあるというのに

こめられて飛ばずなりにし水鳥のそのひねもすのうきしづみかな

六時には起きむと思ひてめざましをあはせはすれど起くるものかは

ははっ。わろす。

ありがたいことに今日から夏休みさあはりきってレポートやるか

「レポート」は「やる」ものなのかな。

みつよつの中間テストもかたづきて休講がちなる年の暮れなり

楽章もなかばでやっとキーシンのピアノ始まるショパンなるかな

これは。

あさましや人みな思ひたがひてはもだすべきのみ言ふかひもなし

かりそめに髪を洗ひてますかがみむかふはうたたおのれなりけり

はらからはあらずやと見し野の鳥のけふはとをほど群れ来たるかな

植林のまもなき尾根の深草のいづこにかくもひぐらしや鳴く

しろたへの中国製のTシャツの漂白しても落ちぬしみかな

ちはやぶる神田うるほす神田川千代に流れて名のみ残れり

部屋の中くまなく探しあらかたはかたづきたれどものは出で来ず

うぶすなの山に見慣れし花なればつつじを見ればかなしかりけり

ひさかたの明治の御代のかたみにとたてる代々木の大君の宮

音に聞く明治のわざを目にも見むととつくに人もおほく参るらむ

緑深き代々木の杜に七五三祝ふ親子らあまたつどへり

この岡に銀杏をおほみぎんなんを拾ひに町の親子おとづる

買ひ置きも寒さたのみてことごとは冷蔵庫にはしまはざるなり

あまざかるひなの子なればみやこなる富士の根飽かずうちまもるらし

風を強み町の通りの店先にうちたふれたる鉢や自転車

はや春のながめはすれどかたくなに時をまもりて桜ふふめり

年の瀬の忘年会のまたの日に朝七時からバイトかと思ふ

風をいたみ吹き落とされしものほしのズボンをとれば雨に濡れたり

天長節に参賀したる日、本丸跡にて詠める

すずかけの葉もこそしげれかなへびは穴より出でて石垣をはへ

今日もまた連休なのでクレーンが昨日の姿勢で佇んでいる

夏休みひかへて心やすらはずいつの年にもかくありにしか

道の上異郷の公衆電話にて試験報告しつる思ひ出

水無月のおはらむとして光満ち木々のいよいよさかゆくを見る

禅僧が梅干しの種を吐くごとくそをビニールのパックに受けつ

かくありて時計の音のつぶつぶと打つを聞きゐて良かるものかは

つかれゐてやうやくすする豚汁のこちたき味のつきづきしきや

やかんにて作りし麦茶冷えぬればほかへうつさず口つけて飲む

とつくにのねにぞ鳴くてふしきしまの鳥はたがねをまねびたるにや

ふつかみかさみだれ続き何もかも乾くまもなしここちよからず

休日に活字忘るるてふエディターされば詩人はことば忘れむ

君たちがわかる言葉で歌うならわかる言葉で悪口を言おう

潟近き芦辺に子らが踏みなしし道もとほろひ我はもとほる

いまさらにたが手もからじ我が友と見ゆるものこそ我がかたきなれ

出入り口ふさいで並ぶ自転車を皆蹴飛ばして出ようと思う

金のない貧乏人にはこの酒が良いよと我にジンを勧める

面白い匂いがするねこの酒はいったい何から作るんだろう

夜更けてテレビ終われば今日もまた二階のやつはファミコンをやる

飽きもせず二階のやつは一晩中たかたたかたとファミコンやるよ

最近は二階じゃビデオも見るらしいダーティーペアの声が聞こえる

最後まで寝ずに応援してたのに岡本綾子は負けてしまった

朝まだき真夏の中原街道のアスファルト白くえんじゅふりつむ

日々に海ながめてあらむ湾岸の高きところにつとむる人は

古歌 はコメントを受け付けていません。

みよしののよし野の山の山さくら花

04.02.2010 · Posted in 和歌, 詠歌

ときしもあれなどかは花の咲くをりにかくも嵐ははげしかるらむ

とでも言いたいくらいに風の強い日。 電車もバスも乱れまくり。 それはそうと、 だいたい、これでもかこれでもかとばかりにやたらに桜が咲いているのはたいていソメイヨシノであり、 おそらくは戦後にむやみと植えまくったものなのだろう。 しかし、山桜はたいてい一本だけぽつんと生えている。植えられている。 しかしそれが吉野山には三万本もあるという。 ちと想像がつかない。

で、その山桜だが、ここらで見かけるのは白い花といっしょに葉が青々と混ざる桜だが、 それはそれでまあ良いとして、 吉野山の桜は、宣長が形容しているように「葉は赤く照」っているようなのである。 幼い赤みがかった葉と白い桜の花がまじりあったのがほんとうの吉野の山桜なのであって、 それに近い桜をたぶん私は見たことがないのだと思う。 真淵の

もろこしの人に見せばやみよしののよし野の山の山さくら花

の歌からは芭蕉の松島の歌にも似た意図的な同語反復による興奮が伝わってくる。 宣長がこれにそっくりな歌

もろこしの人に見せばや日の本の花の盛りのみよしのの山

を詠んでいるのがおかしいというかほほえましい。 しかし、吉野は遠い。せめて大阪辺りに住んでいれば電車で日帰りできるのだろうが。 花鳥風月と言って馬鹿にはするが、そこまですごいものはやはり体験してみたいものだ。

本棚をあさっていたら絶版になった岩波文庫版千載和歌集が出てきた。 これはラッキー。 書き付け

やすらはでことわざしげきをりをのみもとめて花はかへりみぬらし

うーむ。 何才くらいの頃に詠んだ歌だろうか。 花見なんかしてるヒマはないんだというやけくそな感じが出ているわけだが (昔の日記を見たら、昭和61年4月11日だった)。 上のは覚えがあるが、

ゆふさりて窓ゆすずしき風ふけどなほなぐさまぬ我が心かな

オレンジのナトリウム灯の下に咲く夜のつつじのけふはやさしき

自分の作のはずだが、まったく覚えがない。 今とあんまり作風変わらんな。

角川文庫の古今集も出てくる。 これにも書き付けがある。

伸びたなとひげをみなからいはるれどそりてみむとは思はざるなり

まとめては食へぬものから八百屋にて葱ふたたばで百円なりき

六十分テープに昔こまごまとエアチェックせし曲を聴くなり

かなり昔の歌だな。 俳句もある。

ストーブで靴あぶったら布こげた

夜遅く台所に行きものをくう

することのない日は一日中寝てる

牛丼を食べに三十分歩く

ストーブは次から次にお湯が沸く

ストーブをしまうにはまだ早すぎる

なんとも言いようがないな。 たぶん、20才くらいのだろう。 俳句が混ざっているのはかなり古い。

みよしののよし野の山の山さくら花 はコメントを受け付けていません。

風邪気味

04.01.2010 · Posted in 詠歌

寝覚めして起き出でもせでつらつらときのふのことを思ひ出だしつ

送別会ということを

いくたりかまたあひも見む思ふどちつどひて人を送り出だせば

岩波書店には近世和歌集と近世歌文集(上・下)の二つがある。 ややまぎらわしい。 しかも内容が一部かぶってるようだ。

ふと、逆接ということを考えたのだが、 AなれどもBなり、AなりBなれども、BなりAなれども、BなれどもAなり、 と、和歌ならば倒置や配置換えで同じことを四通りに表現できる。 もちろんそれぞれ微妙にニュアンスは違うが。 しかし俳句には難しい。

春は立てども雪ふれり、春はたてり雪はふれども、雪はふれり春は立てども、雪は降れども春は立てり、 など。 どれでもいいじゃん、とも思う。 しかし、文字数と、五七調と七五調のどっちにしようかとか、 あとは思い入れしだいではどれか一つに限りなく収束する。 「春は立てども雪はふれり」では雪が降ったほうがメインで、 「雪は降れども春は立てり」では春が立ったほうが感動のメイン、だわな。 またこれを倒置して 「雪は降れり春は立てども」ではさらに雪が降ったことを強調し、 「春は立てり雪は降れども」では春が立ったことを強調している。 しかしだ、和歌の場合には、倒置して先に出したから必ずしもそれを強調しているばかりではなく、 逆に歌の最後に配置したことでじらして歌全体を緊張させる効果がある。 も一つは、上の句と下の句の対比の効果というものがある。 こういうことをうだうだ考えるのが和歌を詠むということだが、 宣長のような平淡な歌詠みでもそういう技巧は凝らすものだが、 しつこいが、俳句にはそんなことはあまりない。

風邪気味 はコメントを受け付けていません。