亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for the ‘歴史’ Category

エウメネス

05.05.2013 · Posted in kindle, 歴史

『エウメネス』は5月5日から無料キャンペーンするつもりだったけど、 いろいろ加筆してレビューが終わるかどうか心配なので、 『巨鐘を撞く者』を先に今日から無料キャンペーンにすることにした。 『エウメネスは』10日にしました。

『エウメネス』はkdpで出してから割といろんなことがわかってきたのと、もともと分量がすこし貧弱だったんで、 大筋は同じなんだけど、もすこし肉付けしてみたくなった。 で、20130504版以前のものを購入した方は、アマゾンに頼んで版を更新してもらうか、 無料キャンペーンのときに、一度削除して買い直して欲しいのです。 もともとは50枚くらいのすきっと読める短編のつもりで書いたのだが、 今は100枚くらい?の少しじっくり読む感じのものになったような。

どこが変わったかというと、 四つの章立てを作った。

ガンダーラとゲドロシアの間に、ヒュドラテオス河畔の戦い、というものを追加した。 この話は、もともとラオクスナカの台詞であったのを独立分離させた。 アレクサンドロス大王東征記なのに戦闘シーンの記述が一つもないのはサービス不足かなというのもある(だがいわゆる戦闘シーンというようなほどのものではない)。

ラオクスナカの台詞が増えた。

アパマはスピタメネーの妹だということにしていたが、スピタメネーの娘に戻した。 一応史料にはアパマはスピタメネーの娘ということになっており、できるだけ史実に合わせることにした。 なぜそんなことをしたかというとラオクスナカがスピタメネーの許嫁という設定になっていたので、 スピタメネーが既婚ですでに娘までいると都合が悪いからだ。 スピタメネーは妻に殺されたことになっているのだが、それを元の話では親族に殺された、とぼかしていた。 それももとに戻した。

その代わり、しかたないので、 スピタメネーの息子でアパマの弟として、新たにアリヤブルドゥナという登場人物を加えて、 彼がラオクスナカの許嫁だということにした。

アリヤブルドゥナという名は、Ariobarzanes、Ariyabrdhna, Ariyaubrdhna、Ariobarzan、Ario Barzan、Aryo Barzan などと綴る人名であり、高貴なるアーリア人とでも言う意味だろうと思う。 要するにペルシャ人の名前で適当にマイナーな名前を見繕ったものである。 スピタメネーに息子がいてもおかしくないが、名前はやはりスピタメネーであった可能性が高いのだが、 それだと話がもうこんがらがって仕方ないので、別の名にした。 史実には見えないから虚構だが、いても全然おかしくないし、 ラオクスナカにもともと許嫁がいても全然おかしくない。

後書き代わりにスーサ合同結婚式というのを最後に付け足した。 アマストリナのこともいろいろついでに調べたのだが、彼女はけっこう数奇な人生を送った人だな。 調べれば調べるほど、この時代、夫殺しや妻殺し、兄殺しや父殺しというのは、王族の間では日常茶飯であったことがわかる。 臣下が君主を殺してとってかわるとかもう普通。 ペルシャ王家だってマケドニア王家だってそうなわけだし。 中国の古代史もそうだわな。 たぶんインド古代史も似たようなものだろう。 まあ、そういうのを題材に取るのもおもしろいのだろう。

とまあそんなわけなので、この機会に是非お読み下さい。

『巨鐘を撞く者』の方も無料キャンペーンは初めてなんで是非ご覧下さい。 パブーの頃とはだいぶ変わってますので。

エウメネス はコメントを受け付けていません。

蔵人

04.15.2013 · Posted in 歴史

蔵人は天皇の秘書、というか個人的な使用人のようなものであり、 天皇が幼少の場合には学友のようなものだった。 令外の官ということは、つまり、それだけ私生活の部分にかかわる仕事なのであろう。

上西門院蔵人と言ったり二条天皇蔵人と言ったりするから、 天皇だけでなく、中宮付きの蔵人もそれぞれいたということか。 貴人の付き人を「小舎人童」と言うが、宮中に出仕する場合は特別に「蔵人」と呼ばれる、 ということかな。

頼朝も二条天皇の蔵人だったが、 頼朝12歳。 二条天皇13歳。 まあ、遊び相手か学友みたいなものだっただろう。 同じ頃に右近衛将監、右兵衛権佐などになっているがこれはれっきとした武官であるが、 年が若すぎる。 実際には御所の警邏などは担当しなかっただろう。 一応武家の子とみなされていた、という程度なのではないか。

蔵人の中には滝口がいる。 蔵人が校書殿、滝口は清涼殿というから、まあほぼ同じ辺りに詰めていた。 滝口は庭番のようなもので、夜中には夜回りをした。 江戸時代の夜回りは拍子木を叩き「火の用心」と言ったが、 滝口は弓を弾いて「火危ふし」と言った、と源氏物語に書かれているそうだ。 火の気のないところまで回ることはなかろうから、人気も火の気もある後宮辺りを警備したのだろうと思う。 滝口といっても、みんなが滝口に詰めていたのではなく、それぞれの主人の近くに侍っていたはずだ。 滝口というのもそもそも正式な職名でなくただのあだ名だ。

もし実際に火事になったらどうしたのだろう。 滝口が火消しの仕事もしたのだろうか。 ちょっとしたぼやなら消したかもしれないが、 そんな高度な消防組織、消防技術があったとも思えない。 普通に逃げたのではなかろうか。

滝口は弓矢がうまいものがなったというが、 主な仕事は猿や鼬、野犬などの獣を追い払うことだったのではなかろうか。 特に当時京都はまだまだ自然が多くて、猿は比叡山山王社の使いだというので野放し状態だったはず。 田舎の農家レベルに獣が出没しただろうと思う。 そういうのをひっくるめて当時の人たちは「物の怪」と言っていたのではなかろうか。

蔵人 はコメントを受け付けていません。

源行家

04.13.2013 · Posted in 歴史

源行家、為義の十男。もともとの名は義盛。 同母姉に鳥居禅尼がいる。 行家が1141から1143年頃に生まれたというから、彼女は1130年代後半に生まれたのだろう。 夫は熊野別当だが、1173年死去。 平治の乱で行家が熊野に逃れたのが1160年くらい。 熊野新宮に住んでいたため新宮十郎と称する。

思うに、以仁王はただのフーテンの遊び人であるし、 源頼政は74歳のおじいちゃん。 この二人が以仁王の乱の首謀者だとはとても思えない。 だいたいこの二人は最初にすぐ死んでしまっている。 源平合戦のきっかけにはなっただろうが、実際には、この二人はいてもいなくてもいい。

実際に動いているのは、乱の発起人となった頼政の子「前伊豆守源仲綱」。 仲綱が頼朝と何かの接点があったのは、ほぼ間違いない。 仲綱の弟の広綱と子の有綱は伊豆にいて後に頼朝の挙兵に参加している。

それから源義盛。彼は熊野から京都に戻ると行家と改名し、蔵人にしてもらっている(勝手に名乗ったか?)。 全国に以仁王の令旨を配り歩いた。 為義の妻、行家と鳥居禅尼の母は、熊野の人なのではなかろうか。 一説には熊野別当・長快の娘であるという。

思うに為義と義朝と義盛は熊野の人で熊野人は為義に同情的かもしくは親族同様、頼朝は仲綱と親しく、 木曽義仲の父義賢は為義の次男。 これら為義の子孫や外戚らが仲綱や頼政をそそのかして、 以仁王を担ぎ出した、というのが真相ではなかろうか。 仲綱の妻が誰かわかるともう少し見えてくると思うんだが。 義盛がただぼーっと熊野に20年間いたというのも変だ。 熊野と言えば山伏・修験者の本場であるから、義盛は諸国行脚しながら為義一派の連絡係になっていたのではなかろうか。

でまあ、源平合戦とはいうが、 特に間違いではないが、 本質は平清盛一門に対する、源為義一家の復讐劇、というものであり、 源頼政とかその他の源氏にはあまり関係なかったのではなかろうか。

源行家 はコメントを受け付けていません。

江戸時代の法律

04.11.2013 · Posted in 歴史

やはり半七捕物帳を読んでいて思ったのだが、 江戸時代の法律とか罰則というのは、江戸初期に作られたもので、 戦国の世に合わせた非常に厳しいものだったが、 世の中が太平になってくるとだんだん実情に合わず、過酷すぎるようになってきた。

部下が処罰されればその上司もみな罰せられる。 家族の中に一人罪人が出ると家族全部が罰せられる。 必要とされる以上に刑罰が厳しいと、 社会全体が隠蔽体質になり、事なかれ主義になり、社会ぐるみで真実を隠すようになって、真相が判明しにくくなり、 事件解決の妨げになる。 或いは犯罪が余計に巧妙になり、やはり真相を見えにくくしてしまう。

ほんとはいろんな犯罪や疑獄が起きているのだが、 それが表面化しない。 法律が法律として機能しなくなり、 何事も情実で裁かれるようになり、 裏社会が発達し、表社会が腐っていく。

つまりまあ、重すぎる罰則は社会のためにも、犯罪抑止のためにもならん、ということですわな。

アメリカの禁酒法みたいなもんだな。

江戸時代の法律 はコメントを受け付けていません。

両国

04.09.2013 · Posted in 歴史

半七捕物帳02 石灯籠 を読んでいて気がついたのだが、 今両国国技館があり両国駅があるところは江戸時代には「向こう両国」と言っていた。 普通両国とか両国広小路などというのは、 神田川が隅田川に合流するあたり、 柳橋と両国橋に挟まれたあたりをいうのである。

両国 はコメントを受け付けていません。

梓巫市子並憑祈祷孤下ケ等ノ所業禁止ノ件

04.08.2013 · Posted in 歴史

慶応四年、「神仏判然令」。 明治三年、「陰陽寮」廃止。 明治四年、廻国聖(山伏?)、普化宗(虚無僧)廃止。 明治五年、修験道廃止令、修験者(山伏)を天台宗か真言宗に帰属させる。 明治六年、梓巫市子並憑祈祷孤下ケ等ノ所業禁止ノ件

「梓巫」は「あずさみこ」と読むらしい。 「梓巫子」とも。 「市子」(いちこ)は梓巫女にほぼ同じ。 歩き巫女

梁塵秘抄

我が子は十余になりぬらん 巫(こうなぎ)してこそ歩くなれ 田子の浦に潮踏むと いかに海人(あまびと)集うらん まだしとて 問いみ問わずみなぶるらん いとおしや

梓巫女梓弓を鳴らす。

「憑祈祷」 これはそのまんまか 憑依 鎮魂帰神。神懸かり。 『英霊の声』川崎君。

口寄せ」陰陽師が寄り人に物の怪を憑依させて口走らせること。 筆記するのは「お筆先」みたいなものか。 「神おろし」 トランス。エクスタシー。 入神、脱魂、恍惚、三昧、法悦。

「孤下ケ」(きつねさげ)。 「狐憑き」「稲荷下げ」

イタコ ユタ 霊媒 降霊術 交霊術 ネクロマンシー

明治初年の民間宗教禁止令

まー、普通に禁止されて当然だと思う。 民間信仰から国家神道へ集約、ってことですかね。

梓巫市子並憑祈祷孤下ケ等ノ所業禁止ノ件 はコメントを受け付けていません。

仁和寺

04.03.2013 · Posted in 歴史

久しぶりに仁和寺を訪れたのだが、 明治の初めころにほとんど焼失してしまい、 明治42年頃に再建された建物がほとんどであるという。 明治42年というのは日露戦争の後だから、国力にもずいぶん余裕が出来た。

仁和寺というのは、 むろん大昔から続いているわけだが、 実質的には明治の建造物であって、明治維新と日露戦争を記念するモニュメントであって、 そういう意味では明治神宮や、戦前の明治宮殿に類するものだろう。 平安神宮や京都御所もそうだろう。 そう思ってみないとわけわからん。 仁和寺を、京都にあるあまたの寺の中の一つだと思って眺めても何も見えてはこない。 寺院なのに仏教色が非常に少ないのも明治という時代だからだ。 ただ歴代門跡の位牌が置いてある場所だけが仏教的聖域。 いわば、普通の住宅の中に一部屋だけある仏間のようなもの。 それ以外の場所は、たぶん皇族が京都に滞在するときに実際に利用した住居だったのではないか。

京都という町自体が、その多くが、日露戦争による国力伸長後に、 国家権力の象徴として整備されたのだと思う。 そういう意味では極めて人工的な都市だ。 天然自然に平安朝から続いたものではない。 もし明治という時代がなければ、京都は多くの地方都市の中の一つに過ぎなかったのではなかろうか。

これに対して知恩院などは完全に日本仏教の総本山的な存在なのよね。

二条城は、江戸城が失われた今、一般人も見学できるという意味で非常に貴重な建物だと思った。

仁和寺 はコメントを受け付けていません。

甲府勝手小普請

04.03.2013 · Posted in 歴史

甲府藩藩主は家綱・綱吉時代には松平綱重と、その息子の綱豊であったが、 綱豊が綱吉の跡継ぎ家宣となったために甲府は没収されて綱吉の寵臣柳沢に与えられた。 家宣が将軍になり、柳沢吉保は失脚したが、そのまんま甲府藩主だったが、 吉宗の代、というより、吉保の子供の代に転封され、甲府藩十五万石は幕府直轄に戻された。 長男吉里は大和国郡山藩十五万石に移され、その弟らにも一万石が与えられたというから、 懲罰的な転封ではなく実質加増だった、とも言える。

いずれにしても江戸周辺は幕府直轄か旗本の料地になって、たいていは代官が治めていた。 司馬遼太郎『燃えよ剣』では、農民が武装して剣法の修業も勝手し放題だったために、 近藤勇や土方歳三のような農民上がりの武士が出てきた、と言っているが、 ともかく関東近辺は、国定忠治みたいな、武士階級ではないが長脇差しを指した、 農民なんだか無宿人なんだか渡世人なんだかのような連中の温床になっていた。 江戸後期の旗本というのは根っからの怠け者で、無為無能で事なかれ主義なので、ろくに取り締まりもしなかった、と思われる。

ウィキペディアの「甲府勤番」に「甲府勝手小普請」というのが出てくる。

老中松平定信が主導した寛政の改革においては不良幕臣対策として甲府勝手小普請が併設される。慶応2年(1868年)8月5日には甲府勤番支配の上位に甲府城代が設置され、同年12月15日には甲府町奉行が再び設置され、甲府勤番の機能は城代、小普請組、町奉行に分割された。

甲府勤番は元禄年間に増加し幕府財政を圧迫していた旗本・御家人対策として開始されているが、旗本日記などには不良旗本を懲罰的に左遷したとする「山流し」のイメージがあり、「勤番士日記」にも勤番士の不良旗本の処罰事件が散見されている。 勤番士の綱紀粛正のため半年に一度は武芸見分が実施されており、寛政8年(1796年)には勤番支配近藤政明(淡路守)、永見為貞(伊予守)により甲府学問所が創設され、享和3年(1803年)には林述斎から「徽典館」と命名され昌平坂学問所の分校となった。

でまあ、「山ながし」とか「勝手小普請」というのが「窓際族」とか「左遷」とかのイメージに結びついて、 一生懸命出世街道を目指して頑張ったのに田舎に左遷されたとか閑職に回されたとか、 そんな戦後日本のサラリーマン社会をそのまんま江戸時代の武家社会に投映したような時代小説(気持ち悪くてあまり好きなジャンルではない)に使われることが多いように思われるが、 事実はもっとやばいものだっただろう。 博打や借金踏み倒しでとうとう懲戒処分を受け、飼い殺しにされた不良浪人、という表現が当たっていよう。 江戸で手に負えない乱暴者を甲府なんてところに追いやったのだから、虎を野に放つ、という言い方の方が近かろう。 源為朝を九州に追放するようなもんだ。 甲府の治安はそうとう悪かったに違いない。 だからこそ「甲斐一国一揆(天保騒動)」のようなことが起きたのではないか。 関東の無宿人、渡世人らと、勝手小普請が主犯。 いわゆる百姓一揆とか、飢饉による打ち壊しというのとはかなり違ったんじゃないかと思う。

吟味では無宿人の頭取をはじめとする500人(130人あまりが無宿人)以上のが捕縛され、酒食や炊き出しを提供した有徳人や村々の騒動関与者も厳しく追及され、頭取ら9人が死罪、37人が遠島となり、関与者を出した村々には過料銭が科せられたほか、三分代官も処罰されている。

もし不良浪人が主犯であればそれは幕府の恥であるから、あまり表には出さず、無宿人のせいにする、 もしくは小普請であったがすでに処分されていたから無宿人か浪人だった、ということにしたのではなかろうか。

多摩地域では天保騒動を契機として、豪農層を中心に自衛手段としての農村剣術が活発化している。

これはねえ、順序が多少入れ違っているんじゃないのかなあ。 「勝手小普請」「無法地帯」「農村剣術」というものが流行していたので、 そいつらが臨界点に達して暴走し、 甲斐一国一揆が起き、甲斐一国一揆を参考にして大塩平八郎の乱が起きたんだよ。 幕府とか旗本が弛緩し腐敗してたのが根本的な原因だと思うな。

甲府勝手小普請 はコメントを受け付けていません。

舞殿

04.02.2013 · Posted in 歴史

『吾妻鏡』文治2年4月8日

二品並びに御台所鶴岡宮に御参り。次いでを以て静女を廻廊に召し出さる。 これ舞曲を施せしむべきに依ってなり。この事去る比仰せらるるの処、病痾の由を申し参らず。 身の不肖に於いては、左右に能わずと雖も、豫州の妾として、忽ち掲焉の砌に出るの條、 頗る恥辱の由、日来内々これを渋り申すと雖も、彼はすでに天下の名仁なり。 適々参向し、帰洛近くに在り。その芸を見ざれば無念の由、 御台所頻りに以て勧め申せしめ給うの間これを召さる。偏に大菩薩の冥感に備うべきの旨仰せらると。 近日ただ別緒の愁い有り。更に舞曲の業無きの由、座に臨み猶固辞す。 然れども貴命再三に及ぶの間、なまじいに白雪の袖を廻らし、黄竹の歌を発す。 左衛門の尉祐経鼓たり。これ数代勇士の家に生まれ、楯戟の基を継ぐと雖も、一臈上日の職を歴て、 自ら歌吹曲に携わるが故なり。この役に候すか。畠山の次郎重忠銅拍子たり。 静先ず歌を吟じ出して云く、

よしの山みねのしら雪ふみ分ていりにし人のあとそ恋しき

次いで別物曲を歌うの後、また和歌を吟じて云く、

しつやしつしつのをたまきくり返しむかしをいまになすよしもかな

誠にこれ社壇の壮観、梁塵殆ど動くべし。上下皆興感を催す。二品仰せて云く、 八幡宮の宝前に於いて芸を施すの時、尤も関東万歳を祝うべきの処、聞こし食す所を憚らず、 反逆の義経を慕い、別曲を歌うこと奇怪と。御台所報じ申されて云く、君流人として豆州に坐し給うの比、 吾に於いて芳契有りと雖も、北條殿時宣を怖れ、潜かにこれを引き籠めらる。 而るに猶君に和順し、暗夜に迷い深雨を凌ぎ君の所に到る。 また石橋の戦場に出で給うの時、独り伊豆山に残留す。君の存亡を知らず、日夜消魂す。 その愁いを論ずれば、今の静の心の如し、豫州多年の好を忘れ恋慕せざれば、貞女の姿に非ず。 形に外の風情を寄せ、動きに中の露膽を謝す。尤も幽玄と謂うべし。枉げて賞翫し給うべしと。 時に御憤りを休むと。小時御衣(卯花重)を簾外に押し出す。 これを纏頭せらると。

「静女を廻廊に召し出さる。これ舞曲を施せしむべきに依ってなり。」 とあるが、廊下で踊ったわけはない。廊下跡に舞殿が作られたというのも変。 しかも今、鶴岡八幡宮には回廊らしきものはないのだから、 当時と今ではかなり構造が違っていたと考えなくてはならない。

回廊というのは普通、拝殿と正門の間にぐるりと巡らし中庭を囲った廊下であるはずだ。 「八幡宮の宝前に於いて芸を施す」とあるから、これは、明治神宮で横綱が土俵入りするように、 静御前は回廊の真ん中の広場で踊ったはずである。 頼朝に見せるために踊ったのではない。少なくとも、形式的には、神前で舞を奉納したのである。

石清水八幡宮は、回廊の中心の広場に仮設舞台が設けられることがあるようだ。 屋根は無い。 おそらくこういうところで、雅楽のような形で伴奏付で舞ったのではなかろうか。

今の鶴岡八幡宮の石段を上がったところにある本宮では、そのような広い中庭を作るような場所はない。 であれば、やはり、石段を下りたところに拝殿、門、回廊があったと考えるべきではないか。 つまり、昔は上宮と若宮(下宮)が直列になっていて、 下宮というのはつまり拝殿のことであり、 拝殿から石段が伸びた上に本殿、正殿、つまり上宮が位置していたのではないかと思う。

でまあなんでそんなことをうだうだ言うかといえば、 『将軍放浪記』で、

段葛を進み朱塗りの鳥居を二つ三つくぐると、参道を遮るように舞殿が設けられている。白木造りの吹きさらし、檜皮葺の屋根はあるが壁はない。まるでこの、屋根と四本の柱と舞台で切り取られた空虚な空間が、鶴岡八幡宮の神聖なる中心、本殿であるかのようだ。

などと書いてしまったからだ。 小説はフィクションであるから、舞殿というものも、作者の心象風景でかまわないと思うのだが、 いろいろ調べてみると、今、舞殿とか下拝殿などというものは、おおよそ参道を塞ぐ形であることが多いが、いかにも邪魔である。 昔からこんな配置であったはずはないのではないかと思う。 昔は仮設だったのではないか。 それがだんだんめんどくさいので常設になり、 一番目立つところにあるから華美にもなり、 スポンサーの提灯なんかをぶら下げるようにもなった。

だいたい舞殿の柱は四本というのは少ない。六本、十二本、もっとたくさん、というのもある。 四隅に一本ずつ、四本というのは相撲の土俵とか、能舞台のイメージだと思う。 薪能などは仮設舞台の四隅に柱を立ててしめ縄を引き回すようだが、 だいたいこういうイメージ。 神の依り代となる空間、みたいな。

でまあ、1333年、北条高時が鎌倉で死んだときに舞殿があったかと言えば、 たぶんなかったのだけど、 何度も言うがこれは作者の心象風景ってことでひとつよしなに。

舞殿 はコメントを受け付けていません。

足利氏

03.30.2013 · Posted in 歴史

メモ。

治承五年二月一日『吾妻鏡』

足利の三郎義兼北條殿の息女を嫁す

足利義兼と北条政子の妹・時子が結婚した、ということを指すらしい。

ウィキペディアには、政子と時子は同母姉妹である、と書かれているのだが、 『日本外史』源氏後記北条氏によれば、 時政には女子が11名もいて、そのうち政子は長女、 次女は後妻の牧氏(牧の方)と書かれている。 だから異母姉妹なのではなかろうかと思うが、 『日本外史』が何に基づいて書いているか不明。

政子は美人で次女は不美人、などと書かれているがこの次女というのが時子なのだろうか。 時政の妻には他に伊東、足立が知られる。 北条と伊東はともに伊豆における平氏の家臣であったから婚姻してもおかしくない。 政子は伊東の血を引くということか。

義兼は義純、義助、義氏を産むが、時子の子は義氏のみ。 義純と義助はたぶん時子と義兼が結婚する前に生まれたのであろう。 時子が正室で義氏が嫡男、ということになっている。 義純は畠山氏となり義助は桃井氏となる。 義氏の妻は北条泰時の娘。 畠山義純の継室は時政の娘というから、政子や時子の姉妹なのだろう。 桃井義助には子がいたから妻がいるはずだが、誰かよくわからん。やはり北条氏か。

でまあ、足利氏が大きくなったのは承久の乱のときで、かつ北条氏の娘を娶ったからであろう。 本来北関東出の足利氏が三河に住むようになったのは、 承久の乱のあと義氏が三河国守護(地頭?)となったからで、 義氏は泰時の娘が産んだ泰氏を嫡子としたが、庶出の長氏を三河に住ませて、 ここから吉良氏や今川氏が分かれた。

北条氏は足利氏以上の大族であったはずだが、足利氏と入れ替わりに、北条氏も名越氏もほとんど絶えてしまったのだろうか。 不思議だ。

足利氏 はコメントを受け付けていません。