亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for the ‘映画’ Category

ヤシオリ作戦

08.24.2017 · Posted in 映画

そうか。ヤシオリは八塩折之酒のことなのか。

なんちゅうか、単なる蘊蓄ネタのオチだったわけね。

前半は割と真面目に作ってるのに、後半は蘊蓄とオマージュとオタクねたで無理矢理まとめてるのが、いまいちなんだよなあ。

ヤシオリ作戦 はコメントを受け付けていません。

シン・ゴジラ

08.18.2017 · Posted in 映画

改めて(何度目だ?)シン・ゴジラを、メイキングなども含めて見てみたのだが、 要するに、 前半部分は東日本大震災に絡めた戦後日本への恨み節であって、 タマ作戦はエヴァそのまんまだし、 後半ヤシオリ作戦はタモリ倶楽部になってしまっている。

その主張は、 日本はスクラッチアンドビルドしなきゃ良くならない。そのための自作自演がゴジラだ、というわけだ。

夏休み中ずっと、タモリ倶楽部をYouTubeで見ていたが、 シン・ゴジラのどこがタモリ倶楽部かってことはすでに ネタバレはあります。で書いたのでくどくど繰り返さない。 わざわざ新幹線や在来線が集中する東京駅でゴジラが立ち往生するというシチュエーションがあり得ない。

しかしまあこれを「庵野秀明監督最新作の日本映画」としてしてみたとき非常に良く出来ていると言わざるを得ない。 庵野監督は、金と人と権限を使えばここまでちゃんと作れるのだということを実証したのは素晴らしかった。

シン・ゴジラ はコメントを受け付けていません。

流星課長

08.16.2017 · Posted in 映画

なんじゃこりゃ(笑)

キューティーハニーの原型だな。

自動ドアのマリア役の小日向しえ、キューティーハニーにもお局OL役で出てる。

流星課長 はコメントを受け付けていません。

キューティーハニー

08.16.2017 · Posted in 映画

結局ストーリーは、四人のボスキャラを倒し、ラスボスがビオランテか小林幸子、最後は愛が勝つ、というのはうーんどうかと思うが、まあ、なんとか中だるみせず、最後まで見ようと思えば見れる作品だと思う。 中だるみ感を出すということはそれなりの安定感があるということだろう。

シン・ゴジラにも出てくる市川実日子が良い味出している。 そのほかシン・ゴジラとの共通点も多い。 CGがときどきしょぼくなるところなども。

キューティーハニー はコメントを受け付けていません。

式日

08.16.2017 · Posted in 映画

主人公とヒロイン以外はほとんどでてこない。

主人公の「カントク」は明らかに庵野秀明がモデルであるが、実際の俳優は岩井俊二という(庵野よりはずっとイケメンな)映画監督である。

ヒロインはこの映画の原作者である藤谷文子。彼女は俳優のスティーヴン・セガールの娘で日本人の母とのハーフ。 藤谷文子は小説家でもあり、俳優でもあるわけだ。

この配役がまず、非常に屈折している。

物語の舞台の宇部市は庵野監督の生まれ故郷でもある。 庵野が安野モヨコと結婚する以前に、故郷に帰省したときの実話として見ることも可能。 描写はかなり私小説的だし、実際そうなのかもしれない。

カントクとヒロインの間に緊張感があってじょじょに接近していく前半部分は割と面白い。 映像も美しい。 31日間の物語で、1日ずつカウントダウンしていき、31日後に何が起きるのか期待させたわりには、 結局カントクはメンヘラ女のヒロインにあいそを尽かすこともなく愛し合ってしまうし(しかもその恋愛描写はあまりにも不自然!)、 最後の日は大竹しのぶがヒロインの母役で出て来て母と娘が和解するというあまりにも平凡なエンディング。 ひねらないのがひねりなのだろうか?

ましかし、これは割と見るに値する作品だと思う。

式日 はコメントを受け付けていません。

帰って来たウルトラマン

08.16.2017 · Posted in 映画

もっと雑な自主制作特撮物なのかと思っていた。 想像していたものとは随分違った。

比較的かっちり真面目に作ってあるのに、ハヤカワ隊員の役者は庵野監督ではない。 しかしハヤカワ隊員がウルトラマンに変身するとき庵野監督本人がウルトラマン役になっており、かぶり物もしてない。 非常に違和感のある作品だが、 その違和感以外に何か特筆すべきものがあるのだろうか、この作品は。

見て損は無い。

帰って来たウルトラマン はコメントを受け付けていません。

ラブ&ポップ

08.16.2017 · Posted in 映画

庵野秀明監督の実写作品をいくつかみた。

『ラブ&ポップ』は原作が村上龍、『エヴァ』をやった直後にDVカメラで撮った作品。

まあ、民生用カメラ出始めの頃にそれをあえて使ったことと、アングルにこだわりは見えるものの、庵野らしさはほとんどない。

私はこういう、渋谷で女子高生がどうしたこうしたという話が好きじゃないのかもしれない。 見てていらいらしたので途中でやめてしまった。 渋谷、女子高生、1990年代。自分にとって嫌な思い出しかないからかもしれない。

村上龍の作品もそれほど好きではない。 『限りなく透明に近いブルー』は読んだことがある。こういうものがブンガクなんだな、ついてけないな、としか思えなかった。 まあ、私の中では山田詠美とか内田春菊と同じジャンル。

その村上龍が、女子高生の援助交際ものを書いて、しかもネットでネタバレなんか読むと、 おじさんが援助交際する女子高生に説教するみたいなストーリーになっているらしく、 まあ、まったく共感できないなと思った。 さすがの村上龍も女子高生の売春を書くことは社会通念上できなかったわけよね。彼も功成り名を遂げたから、リスクを冒す必要もなかったわけだし。

ラブ&ポップ はコメントを受け付けていません。

鳥刺し2

02.08.2017 · Posted in 映画

藤沢周平の原作を読んだ。

やはりなと思った。 帯屋は、あんなふうに、城内にどやどやと押し入ったのではない。 藩主の近習部屋の者たちが、みな帯屋に内通していて、 あるいは帯屋に内通しているものが近習部屋の者たちをどこかほかの場所に連れ出していたのだ。

そして帯屋は誰にも見とがめられることなく、藩主のいる部屋までやってきて、そこで兼見にいきなり遭遇して、斬り合いが始まる。

こうでなきゃおかしい。 帯屋は、ちゃんと段取りを組んで、藩主一人と対峙するつもりだった。

あるいはだ。帯屋に内通していると見せかけて、帯屋を油断させて、実は中老の指示で、 近習部屋のものたちは隠れていて、わざと帯屋と兼見を一対一で斬り合わせた。 そういう設定でもよい。

帯屋がわあわあわめきながらたった一人で屋敷の中に闖入してくるはずがない。

兼見だが、醜男で剛直な、鋼鉄のような、愚直な男として描かれている。 自らの信念で、側妾をあっさり殺してしまった。 まあ、これならまだわかる。

最後の立ち回りもあっさりしている。

やはり原作には無理はなかった。 脚色が悪い。

藤沢周平のほかの作品もいろいろ読んでみたが彼はまともな作家だと思う。 彼の話では、本来、主人公もヒロインもそんな美男美女ではない。 しかし美男美女でなくては映画にならない。 派手な殺陣がなければ時代劇にならない。 だから脚色と原作の関係に無理が生じる。

鳥刺し2 はコメントを受け付けていません。

必死剣鳥刺し

02.01.2017 · Posted in 映画

『必死剣鳥刺し』を見たのだが、美しい映画だが、おそらくは脚色に問題がある。 原作がこんなに間抜けなはずはない、と思うのだ。

まず、お家騒動というものはこのように起こるものではない。 家老の帯屋が主君を隠居させて世嗣を立てようとしたとして、 いくら帯屋が剣客であろうが、一人で城に日本刀をひっさげて乗り込むはずがない。 死ぬ気で諫めるというのならともかく、本気で主君を斬ろうとしているようにしか見えない。 あり得ないことだ。

また、お家騒動というものは頻繁に起きたことで、家老レベルならともかく、 徒党も組まずに、主人公の兼見三左エ門が義憤で側室を殺害するなどというのはかなり苦しい筋書きだと思う。 たとえ妻を亡くして死に所を探していたとしてもだ。 側室連子の横暴ぶりが殺害動機のように演出しているのはどうかと思う。 いずれにしても、兼美はごくまじめな目立たない武士だという設定では違和感がある。 かなり奇矯な性格だった、とするならばまだわかる。

それから、やくざの出入りであっても槍や長刀は使う。 まともな考証をしたやくざ映画ならそうする。 武士だからといって全員が日本刀で斬り合うということはあり得ないし、 大名ならば鉄砲ぐらいもっているだろう。 乱心者が出るとわかっているのであれば、鉄砲と槍を用意しておけば足りる話であり、 これもまた、日本刀どうしで斬り合いを演出するための間違いだ。

藤沢周平の原作を読んだわけではないので推測するしかないのだが、原作はこんなではなかっただろう。 ああいう派手な殺陣のシーンで盛り上げるためにこんなふうになったのに違いない。 里尾という亡き妻の姪との交情というのも、たぶん後付けのものだろう(まあ別に入れたけりゃ入れてもいいが)。

たとえば吉良邸討ち入りだって、ほんとに討ちとろうとするならばああいうふうに用意周到にやるものだ。

テレビドラマならともかく、キルビルじゃあるまいし、 まっとうな映画なら、日本刀だけの殺陣のシーンなんてものは作らないものだ。

私ならば、帯屋は、少数の手勢をつれて深夜に屋敷に侵入しようとすることにするだろう。 帯屋は家老なのだから、一部の内通者が手引きして、主君の寝所まで帯剣のまま入り込めるかもしれない。 それを察した兼美と帯屋の間で斬り合いが起きる、という筋立てなら無理がない。

そういう、映画にするため付け足したと思われる部分が気になってしかたない作品だ。 たぶん、売れる映画を作るためにそうしたのではない。 どうみても売れる映画を作ったようには見えない。 おそらく役者と、役者のファンのためにこのようなことをしたのだろう。 どうも今の日本映画は、どれもこれもそんなふうに、 芸能プロダクションと一部のファンが牛耳っているようなな気がしてならない。

兼美が帯屋を殺すとわかっていて、兼美をいかしておいたという設定も、かなり苦しい。 都合がよすぎる。 兼美を用心棒として飼っておいて、たまたま帯屋が乗り込んできて、彼を討ち取らせたあと、 兼美の乱心だと見せかけるために、兼美を殺した、 という手を思いついたというならまだ良い。 お家騒動はかならず幕府の処分を受けるので、隠そうとするのはわかる。

必死剣鳥刺し はコメントを受け付けていません。

インターステラー

01.14.2017 · Posted in 映画

インターステラーみた。

オチが少し面白いかな。 はるか未来の人類が五次元に進出してとかいうあたりが反則技っぽいけど。 まあ見ても損はない。

マン博士役が火星の人だった。

インターステラー はコメントを受け付けていません。