亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for the ‘食’ Category

めかぶ納豆

03.31.2009 · Posted in

腹が減ったのでめかぶと納豆を混ぜて食べてみた。うますぎる。

めかぶ納豆 はコメントを受け付けていません。

子供には一番苦痛なこと

03.21.2009 · Posted in

ご飯、パンは極力食べない。海苔、とろろ昆布、らっきょう、紅ショウガ、納豆、そんなものをつまみにビールを飲む。しらたきをめんつゆでゆでて食べる。しらたきはどんなに蕎麦のように調理しても蕎麦の味にはならない。蕎麦は蕎麦。そうめんはそうめん。彼らの炭水化物的味わいはこんにゃくでは決して出ない。それでもやはり炭水化物を摂るわけにはいかない。

牛乳は低脂肪もしくは無脂肪。ヨーグルトも低脂肪または無脂肪。ゆで卵は一日一個。脂肪の少ないできるだけ良質な蛋白質を摂るようにしている。植物か動物かはあまりこだわってない。豆腐やかまぼこなどは割と気にせず食べる。

昔の人は栄養の知識なく断食など修行して危険だった。修行には意味があると思う。自分と向き合い自分と戦う。しかしときどきわずかに米の粥を食うなどという断食は危険だ。燃料だけとって体を作る材料がない。蛋白質を摂っておけば材料にも燃料にもなる。まあ、割と安全に修行ができる。

子供を観察していると正義感や競争心などというものは本能で最初から備わっている、ある意味低級で幼稚な感情のように思える。本能に逆らう克己心、自制心などの方が高級であり、それを鍛える簡単でオーソドックスな方法がダイエット、断食、その他の修行なのだと思う。何もしないということ、禅宗臭く言えば唯、座るということ。それが子供には一番苦痛であり、反本能的であり、反無意識的であり、2500年前に仏陀らが到達した自己制御の技術の本質なのだと思う。

子供には一番苦痛なこと はコメントを受け付けていません。

カワハギにウマヅラハギ

03.16.2009 · Posted in マンガ,

またしてもおいしんぼネタだが、小田原ではカワハギもウマヅラハギも地魚として珍重されているはずだが。「東京近辺の人はウマヅラハギを軽視している」とはどういうことか。まあ、小田原は東京ではないかもしれんがな。そういや厚木でも食べたことあるな、カワハギの肝を醤油で溶いて刺身で食べるのな。ごく普通の食べ方だと思ったのだが、伊豆か小田原の方の食べ方なのかもしれん。

カワハギにウマヅラハギ はコメントを受け付けていません。

干物

03.14.2009 · Posted in

箱根や伊豆に行くとついおみやげで干物を買ってしまうが、干物は小田原の魚國という店で買うと良い。しかしこの店は本物の魚屋なので、干物よりもついつい鮮魚の方に目がいくのが問題といえば問題である。

キンキはでかいがそんなうまくないし、焼くとかなり臭い。金目鯛の開きの方が身がぷりぷりしてうまいかもしれない。

干物 はコメントを受け付けていません。

ダイエット

03.14.2009 · Posted in

今このときにも世界中で何億という人たちがダイエットのために飢えに苦しんでいます。

もう1ヶ月ほど79kg台で微動だにしない。人体の神秘。あるいはこれが私のベスト体重なのか。ていうか今は内臓脂肪と筋肉が落ちきった状態。これからさらにある程度以上カロリー摂取を落とした食事を続けても、蛋白質もほとんどすべてカロリーとして消費されるので、炭水化物をとろうがとるまいが関係ないという状態なんじゃなかろうか。

ダイエットというのは自分の体と対話すること。対話相手がいるとかなり気が紛れる。いろいろよけいなことをしなくても焦らない。というか、今までずいぶんよけいなことばかりしてきたなと。やる必要のないことをやりまくってもがいているより何もしない方がほんとは良いのかも。

ダイエットもラマダンのように他人と体験を共有することで強いコミュニティを作ることができるのではないか。他人と苦しみを分かち合うということは実はすごいことだ。いっしょに貧乏する、一緒に敵から身を守る、一緒に遠く旅をする。

ダイエット はコメントを受け付けていません。

ウコン

03.31.2005 · Posted in

ごく大まかに言えば、 安いウコン茶は原産地がインドで、 高いのは沖縄産。 カレーの黄色いのはウコン(ターメリック)が入っているからで、 インドは世界最大のウコンの生産・消費国。 物価もそんな高くないから、 インドから輸入すれば安く作れる。 沖縄産にこだわるとやや高くなる。

ウコン はコメントを受け付けていません。

アメリカ

12.31.2002 · Posted in

アメリカのマクドナルドは今はなきバーガーキングと同じくらい巨大サイズなんだが、 デニーズも古き良きアメリカって感じで、昼間っから Tボーンとかビフテキ 500g とか出てきますよね、 という話をしたら、アメリカのデニーズは人種差別がひどいのであまり行かない、 と言われた。

人種差別というのはアジア人や黒人が来ても、 いつまでたっても注文を取りに来ないとかそういうことだそうだ。

アメリカ はコメントを受け付けていません。

マテ茶

08.16.2001 · Posted in

マテ茶,ちょっと気に入ってきた(笑).例によって豆乳を混ぜて飲む.

チェ・ゲバラの両親はマテ茶農園を経営していて,チェ自身もマテ茶が非常に好きだったのだそうだ.

マテ茶 はコメントを受け付けていません。

オートミール

06.26.2001 · Posted in

オートミールに冷ご飯を入れて粥にしてみた.人類史上初の試み!?食える食える.

かと思いきや. 玄米とオート麦の粥 とか食ってるやつがいるぞ.しかも梅干しまでのせて.糖尿病食だとか.

オート麦は燕麦とかカラス麦とも言うらしい.

こないだ見たマトリックスで,現実世界に返ってきて毎日べちゃべちゃした食い物を食べる,仮想世界に戻りたいという話が出てくる.これはオートミールのことであろう.

追記: オートミールよりもさらにまずい合成食のようなものらしい。

また,昔別冊コミックで連載されていた「ファミリー」とか言う漫画にはオートミールは「子供の天敵」として出てくる.日本では Quakers Oats が有名だが,明治屋など物色するとそれ以外にもけっこうあるようだ.昭和天皇がオートミールを常食していたのもわりと有名だよね?

オートミール はコメントを受け付けていません。

青ばた豆腐

09.22.1999 · Posted in

こないだ青ばた豆腐というものを食べた。非常においしかった。福島県と新潟県の境の福島県側で作るのだという。あまりにもおいしいので、これは大豆ではなく、枝豆で作ったのではないかと思った。しかし、枝豆だと豆が十分乾燥していないので、ひいてもうまく粉にならず、従って豆乳ができないのかもしれない。あるいは、枝豆をすりつぶしたものを、豆乳代わりに使うこともできるかもしれない。また、山形の方には、乾燥させても青みを失わない大豆と言うものがあるそうだ。そのような豆を、一晩ダシ汁と酢を混ぜたものに浸しておくと、「ひたし豆」と言うものができるのだが、これが非常にうまい。もしかすると、そのひたし豆に使う大豆を使って豆腐を作ると、うまいのかもしれない。ひたし豆に対して「だだちゃ豆」というのは、さやを付けたまま枝豆をダシ汁で煮たものではなかろうか。

青ばた豆腐 はコメントを受け付けていません。