亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for 1月, 2018

01.08.2018 · Posted in 雑感

心臓に持病持ちなのだが、最近ときどき急に気分が悪くなることがあって、 心臓のせいかと思ったが、そうではなさそうだ。

もともと汗っかきなのだが、急に大汗をかいて、そのとき体内の水分が足りないと脱水状態になる。 こうなるともう立っていられない。水を飲んでもすぐには回復しない。 電車の中で揺られて立っているときになりやすかったのだが、 今回歩いていてもなった。 汗をかいたときにすかさず水分補給をするべきなのだろうが、なかなかそれは難しい。 やはり朝食をきちんと採るというのが正解なのかもしれない。特に外を出歩くときなどは。

空腹というのは不思議なもので、あれは体調にはほとんど影響がない。 ただ精神的に非常に辛いだけだ。

ほんとに腹が減っていると、私の場合には立ちくらみという形で現れる。 そういうときはしかたないのでフルーツグラノーラかなにかをかじる。

ほとんどは心臓とか、心臓のために飲んでいる薬のせいではないという気がしてきた。

コレステロール値を下げるには体重を減らすしかない。 体重を減らすには炭水化物を減らすのが一番効果的だと思う。

コメントを受け付けていません。

恵方巻き

01.08.2018 · Posted in 雑感

恵方巻きの何が不愉快かと言えば、それが日本の伝統を偽装し、迷信を人々に植え付けているからだ。

別に商業資本が憎いわけじゃない。かれらの商売を邪魔したいわけではない。 やりたきゃ勝手にやればいい。 廃棄が大量に出るってことにも別に私は文句を言う気にならない。 チョコレート売りたいがためにバレンタインデーをはやらせるくらいは別にどうでもよい。 それはあくまでも舶来の食べ物と文化を利用しているだけだからだ。 キリスト教徒がバレンタインデーを冒涜するなと怒るかも知れないが、私には関係ないこと。

恵方巻きが昭和頃に大阪の遊郭ではやった下品な遊びだ、それを復活させるんだというなら、やれば良い。 そのくらいなら私もしゃれでやるかもしれん。

しかしまじめくさって日本の伝統行事みたいにやられちゃ腹が立つではないか。

私は基本的に六曜とか陰陽道系の迷信が大嫌いなので、その匂いがきつい恵方巻きとかもう虫酸が走る。 せっかく明治政府が太政官令で迷信を根絶しようとしたのに。

そんなに方角が好きなら、平安時代みたいに方違えでもしろよと言いたい。バカだろ。

恵方巻き はコメントを受け付けていません。