亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

王の姓名

04.30.2012 · Posted in 歴史

現在のスウェーデン王の名前は、カール16世グスタフであり、その前はグスタフ6世アドルフだった。 明らかにグスタフもアドルフも姓ではない。 ベルナドッテ朝とのことだが、ベルナドッテも姓というわけではなさそうだ。 北欧の王の名はこのように即位前は名A・名B・名C・・だったのが、 即位すると名A・X世・名Bとなる例が多いようだ。

わけわからん。 もしかすると、いや、たぶん確実に、西欧の人名には姓という概念が無いか、希薄なのだろう。 姓がないから、親と同じ名前を子につけたがる。 名が姓を兼ねる、もしくは名がどの親の子かを表している。 ある意味、極めて原始的な名前の付け方だ。 で、それでは紛らわしいから、息子の名前が父や祖父やご先祖様までずーっとくっつけて組み合わせたような長い名前になってしまうのだ。 東ローマには姓(というか王朝名)というものが一応あったような気がするが、 もしかすると過去にさかのぼって学術的に王朝名を決めたのかもしれん。

ああもう、わけわからん。

アラブ人の名前が、子の名 ビン(イブン、ベン等とも) 父親の名、となっている方がまだ整然としているわな。 そういや、中国人には姓があるがそれは中国が典型的なエクソガミー(外婚)社会だからだ。 というか、エクソガミーがないところには姓もないか、希薄なのかもしれんな。

そうかそうか、昔、中国には、姓だけがあり、姓は女系で、氏は官位だったと。 姓をもってたのは貴族だけだったと。 なるほど。 しかし、トーテムとかエクソガミーは、その由来は宗教が発達する以前の禁忌(タブー)であり、 未開社会に固有なものであるから、貴族か庶民かというのは関係ないはずだ。 だから、最初、中国にトーテム(母系で継承され、同じトーテムに属する者どうしは性的に交われない byフロイト)の部族があって、 それがなにかの理由で支配階級(貴族)となって、 それがだんだんと一般化していったのかもしれんな。

日本のウジ・カバネも一種の官位だわな。 官位が世襲されてウジとなり、ウジの下の階層がカバネ。 後の世では、土地の領主となってその土地の名を姓にしたりとか。

たぶん、こういうことだ、最初のグスタフとかアドルフとかが王朝の中で何番目だったがで番号を付ける。 しかし、たまには二番目の名前まで一致していることがある。 たとえば、フランツ・ヨーゼフとかヴィットーリオ・エマヌエーレとか。 そうすると、フランツ1世ヨーゼフとはせずにフランツ・ヨーゼフ1世となり、 ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世となる。 カール16世グスタフというのも、もし仮に、昔、カール・グスタフという王がいたら、 カール・グスタフ2世とかになったのじゃないかと思うが、カール・グスタフ16世になるやもしれん。

あああ、わけわからん。

Comments are closed