亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

自衛隊機の夜間飛行差し止め

05.25.2014 · Posted in 政治

自衛隊機の夜間飛行差し止め 厚木基地の第4次騒音訴訟で初判断 横浜地裁

近隣住民の一人として言わせてもらえば、 まったくなんの意味もない判決だ。 22:00から6:00まで戦闘機は今現在ほとんど飛んでいない。 少なくともうちの近所では。 自衛隊機だけで米軍機を差し止めないのでは意味がない。

二重の意味で意味がない。

P3Cみたいな静かな飛行機は別に飛んでも良い、と思う。 偵察機や対潜哨戒機なんてのはもともと静かなんだよな。 プロペラの音はのんきだし、ジェットエンジンでもすごいしずか。 輸送機は図体はでかいがプロペラで割と静か。 新聞社のヘリコプターのほうがずっと迷惑。 ファントムもまあ許す。 しかし、最近になって飛び始めたスーパーホーネット。 あれはキチガイだ。 次から次にうるさい戦闘機が開発されて、 どんどん騒音がエスカレートしていくのであれば、 そりゃだまされたと思うわな。 今でさえ引っ越したいのにもっとうるさい戦闘機が配備されたらどうしようって思うわ。

だから、戦闘機は飛ばしてもいいから、 ある一定の騒音の基準をきめて、それを越えないでほしい。 スーパーホーネットF18とか論外。 どんくらいうるさいかというのはなかなか比較できないんだが、 福岡で箱崎天満宮の上をジャンボが低空飛行するくらい、と言えばよいか。 しかし、 スーパーホーネットはほんとに常識外れにうるさいので、 民間機のジャンボと同じかどうか私にはよくわからん。 というかうまく比較できない。 箱崎ではさすがにうるせーなとは思った。 だが福岡空港の便利さを考えると仕方ないのかなとも思う。 こんな日本でも最も人口密度の高いところに米軍の飛行基地があること自体間違っている。 もし、この騒音がなくなったら、どれほどたくさんの人のQoLが向上し、 不動産の資産価値が上がると思ってるのか。 頭おかしい。 も少し国土を有効利用してもらえないだろうか。 日本は狭いようで広いんだからさ。 どんどん地方過疎化して人が全然住んでないところが増えてるのになんでいまだにこんな都心の近くで戦闘機飛ばすかね? ともかくまず、マスコミは、 町田上空あたりをスーパーホーネットが飛ぶときの取材でもしてくれよと言いたい。 わざわざ沖縄いくより近場で取材費節約になるだろ(笑)。 あのうるささは実際体験してみないとわからん。

しかし今の訴訟のやり方には失望する。 何の問題提起にもなってない気がする。 マスコミも頓珍漢なこと言ってるし。 勝訴とか敗訴とか控訴とかどうとでもなれって感じ。 気がめいる。

Comments are closed