亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

カニバリズム

01.05.2015 · Posted in 歴史

神経痛はだいぶ治ってきたがまだ痛む。 年齢と同じくらいの日数かかるというから、順調に治ってきているのだとは思うが、 ずいぶんとしつこい病気ではある。

「キリスト教とカニバリズム」というそのものずばりのタイトルを付けた本もあるようだが、 実際にイエスが食われたかはともかく、 初期のキリスト教が、なんらかの形でカニバリズムと関係していた可能性は高い。

後世、予言と見えるようなことはたいていは後付けの解釈である。 日本書紀の地名説話にしても、大化の改新にしても、寺や温泉の由来にしても、韓国起源説にしても、 後世になってわからなくなったことを後から適当に理由付けしたものである。 福音書にしてもイエスの死後五十年以上して成立したもので、 それは平家物語の成立とも似ているが、 一時資料としての歴史的な信用性はない。

人を殺して神に捧げ、時にはその肉を食い、血を飲むというような宗教儀式は、 古代には広くみられたはずだ。 犠牲は人から牛や羊などとなり、後に血は酒で代用されるようになる。 人よりは家畜、家畜よりは酒のほうがコストがかからないからだ。 つまり食人の習慣が廃れた主たる理由は、人を使うのが「もったいない」からだ。 中国では犠牲の血で青銅器を血塗り、その血を飲んで盟約を結んだ。 今日ではマオタイ酒がその代わりをする。 キリスト教でも、本来は血を飲んだかもしれないがそれがワインに変わったのかもしれない。 ユダヤ教では血は飲まないので、明らかにユダヤ教以外の異種の宗教が混入したのである。 おそらくはヒンドゥー教のカーリー信仰のようなものだった。 アーリア人の宗教はインドからペルシャまで広く分布していて、当然ユダヤにも影響を与えた。 というよりか、ユダヤ人はペルシャ人によって捕囚されたのだから、 ペルシャ人の宗教の影響を受けないはずがない。

イエスの処刑というものは、ほとんどめだたない出来事だったはずだ。 しかしイエスにごく近い異端の宗教指導者が、イエスを教祖に祭り上げる。 初期は家畜の肉や血が聖餐に使われていたかもしれない。 それは今のヒンドゥー教の儀式のようなものだったかもしれない。 明らかにユダヤ教の正統の儀式ではない。

やがて肉と血はパンとワインで代用されるようになった。 パンはキリストの肉、ワインはキリストの血であるとはわかりにくい比喩である。 そこをうまく説明づけるために、最初期の福音書は書かれたのではなかろうか。 ただそれだけのことではないのか。

「アンデスの聖餐」などと呼ばれる事件があったが、 要するに、他に生き残る手段がないときに、死者の肉を食べるのは、聖餐と同じであって許される、 という解釈だ。

中国に食人の習慣があったのは有名だが、 小室直樹の『資本主義中国の挑戦』に詳しく書かれている。

日本には食人の習慣はあまりみられなかったようだが、殉死や人柱などの人身御供はかなり一般的だったのではないか。 ヨナ記にも海の神を鎮めるためにヨナが海に投げ込まれるなどいう話がある。 兵馬俑や日本の埴輪は生きた馬や人の代用だともいう。

Comments are closed