亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

新撰和歌 巻第四 恋・雑 荓百六十首 (1/2)

05.17.2016 · Posted in 新撰和歌

202 しのぶれば くるしきものを 人しれず 思ふてふこと たれにかたらむ

古今519。題知らず、読み人知らず。

203 人しれず おもふこころは 春がすみ たちいでてきみが めにも見えなむ

古今999 「寛平御時歌たてまつりけるついてにたてまつりける」 藤原勝臣

204 久かたの あまつそらにも あらなくに 人はよそにぞ おもふべらなる

古今751。題しらず、在原元方。「あらなくに」→「すまなくに」

205 たれをかも しるひとにせむ たかさごの まつもむかしの ともならなくに

古今909。題しらず、藤原興風

206 おとにのみ きくのしらつゆ 夜はおきて ひるはおもひに けぬべきものを

古今470。題しらず、素性、「けぬべきものを」→「あへずけぬべし」

207 わがうへに つゆぞおくなる あまのがは とわたるふねの かいのしづくに

古今863。題しらず、読み人しらず。「かいのしづくに」→「かいのしづくか」

208 よし野がは いはなみたかく 行くみづの はやくぞ人を おもひそめてし

古今471。題知らず、貫之。

209 世のなかに ふりぬるものは 津のくにの ながらのはしと 我となりけり

古今890。題知らず、読み人知らず。

210 足引の 山したみづの うづもれて たぎつこころを せきぞかねつる

古今491。題知らず、読み人知らず。

211 ぬきみだす 人こそあるらし したひもの またくもあるか そでのせばきに

古今923。「布引の滝の本にて人人あつまりて歌よみける時によめる」業平。 「ぬきみだす」→「ぬきみだる」、「したひもの」→「しらたまの」、「またくもあるか」→「まなくもちるか」。 古今和歌六帖1711、「またくもあるか」→「まなくもふるか」、または3192「ぬきみだす」→「ぬきとむる」。 業平集59、古今と同じ。 伊勢物語87、「・・・そこなる人にみな滝の歌よます。かの衛府の督まづよむ。わが世をばけふかあすかと待つかひのなみだの滝といづれ高けむ。あるじ次によむ。ぬき乱る人こそあるらし白玉のまなくも散るか袖のせばきに、とよめりければ、かたへの人笑ふことにやありけむ、この歌にめでてやみにけり。」

212 ほととぎす なくやさ月の あやめぐさ あやめもしらぬ こひもするかな

古今469。題知らず、読み人知らず。

213 たがみそぎ ゆふつけ鳥か から衣 たつたのやまに おりはへてなく

古今995。題知らず、読み人知らず。

214 津の国の むろのはやわせ ひてずとも つなをばやはく ものとしるべく

古今和歌六帖2606「きのくにの むろのはやわせ いでずとも しめをばはへよ もるとしるがね」

わかりにくい。「ひでず」は「ひいでず(秀で、穂出の転)」、早稲田に穂が出る前にしめ縄を張ってしまおう、見張っているとわかるように、の意味か。

215 なにはがた しほみちくれば あまごろも たみののしまに たづなきわたる

古今913。題知らず、読み人知らず。「しほみちくれば」→「しほみちくらし」。

「雨衣」は「田蓑」にかかる。田蓑の島は淀川河口付近にあった島。

赤人「若の浦に 潮満ち来れば 潟をなみ 葦辺をさして たづ鳴き渡る」の変形か?

216 夕されば くものはたてに 物ぞ思ふ あまつそらなる 人をこふとて

古今484。題知らず、読み人知らず。

217 あまつ風 雲のかよひぢ ふきとぢよ 乙女のすがた しばしとどめむ

218 たちかへり あはれとぞ思ふ よそにても 人にこころを おきつ白波

219 こきちらし たきのしら玉 ひろひおきて 世のうきときの なみだにぞかる

220 川の瀬に なびくたまもの みがくれて 人にしられぬ こひもするかな

221 いくばくも あらじうき身を なぞもかく あまのかるもに おもひみだるる

222 すみの江の なみにはあらねど よとともに こころをきみが よせわたるかな

223 わたのはら よせくるなみの たちかへり 見まくもほしき たまつしまかな

224 あさきせぞ なみはたつらむ よしの河 ふかきこころを 君はしらずや

225 わたつうみの かざしにさせる しろたへの なみもてゆへる あはぢしまかな

226 こころがへ するものにもが かたこひは くるしきものと 人にしらせむ

227 みな人は こころごころに あるものを おしひたすらに ぬるるそでかな

228 みちのくの あさかのぬまの はなかつみ かつ見る人を こひやわたらむ

229 かつ見れど うとましきかな 月かげの いたらぬさとの あらじと思へば

230 我が恋は むなしきとこに みちぬらし おもひやれども ゆくかたもなし

231 ふたつなき ものとおもひしを みなそこに やまのはならで いづる月かげ

232 なぬかゆく はまのまさごと わが恋と いづれまされり おきつしら波

233 われ見ても ひさしくなりぬ すみよしの きしの姫松 いくよへぬらむ

234 わたつうみの そこのこころは しらねども 人を見るめは からむとぞ思ふ

235 おもひきや ひなのわかれに おとろへて あまのはまゆふ いさりせむとは

236 つれなきを いまはこひじと おもへども こころよわくも おつるなみだか

237 世の中の うきもつらきも つげなくに まづしるものは なみだなりけり

238 わがこひを しのびかねては あしひきの 山たちばなの いろに出でぬべし

239 いろなしと 人や見るらむ むかしより ふかきこころに そめてしものを

240 おきもせず ねもせで夜を あかしては はるのものとて ながめくらしつ

241 なよたけの よのうきうへに 初しもの おきゐてものを おもふころかな

242 あはれてふ ことだになくは なにをかも こひのみだれの つかねをにせむ

243 世の中は むかしよりやは うかりけむ わが身ひとつの ためになれるか

244 わがこひは 人しるらめや しきたへの まくらばかりぞ しらばしるらむ

245 たまぼこの みちにはつねに まどはなむ 人をとふとも われとおもはむ

246 こひしきに いのちをかふる ものならば しにはやすくぞ あるべかりける

247 わびぬれば 身をうきくさの ねをたえて さそふ水あらば いなむとぞ思ふ

248 こむ夜にも はやなりぬらむ めのまへに つれなき人を むかしとおもはむ

249 しかりとて そむかれなくに 今年あれば まづなげかるる あはれ世の中

250 あしがもの さわぐいりえの しらなみの しらずや人を かくこひむとは

251 わたつうみの おきつしほあひに うかぶあわの きえぬものから よるかたもなし

252 そこひなき ふちやはさわぐ 山川の あさきせにこそ うはなみはたて

253 山ざとは ものさびしかる ことこそあれ 世のうきよりは すみよかりけり

『和漢朗詠集』にも出る。古今944 山里は物の憀慄(わびし)き事こそあれ世のうきよりはすみよかりけり。

254 木のまより かげのみ見ゆる 月くさの うつし心は そめてしものを

255 かりのくる みねのあさ霧 はれずのみ 思ひつきせぬ 世のなかのうさ

256 ゆふされば やどにふすぶる かやり火の いつまでわが身 したもえにせむ

257 わがこころ なぐさめかねつ さらしなや をばすて山に てる月を見て

258 君といへば 見まれまずまれ ふじのねの めづらしげなく もゆる我がこひ

259 風ふけば おきつしら波 たつた山 夜半にや君が ひとりゆくらむ

260 あやなくて またなきなみの たつた川 わたらでやまむ ものならなくに

261 あまの川 雲のみをにて はやければ ひかりとどめず 月ぞながるる

262 つなでひく ひびきのなだの なのりその なのりそめても あはでやまめや

263 みやこにて ひびききこゆる からことは なみのをすげて かぜぞひきける

264 逢ふことの なぎさにしきる なみなれば うらみてのみぞ 立ちかへりける

265 あかずして 月のかくるる やま里は あなたおもてぞ こひしかりける

266 人しれぬ おもひのみこそ わびしけれ わがなげきをば われのみぞしる

267 あかなくに まだきも月の かくるるか 山のはにげて いれずもあらなむ

268 いそのかみ ふるともあめに さはらめや あはむといもに いひてしものを

269 おもふより いかにせよとか あきかぜに なびくあさぢの いろことになる

270 あなこひし いまも見てしか 山がつの かきほにおふる やまとなでしこ

271 あれにけり あはれいくよの やどなれや すみけむ人の おとづれもせず

272 むらどりの たちにしわが名 今さらに ことなしぶとも しるしあらめや

273 あしたづの たてる河辺を ふくかぜに よせてかへらぬ なみかとぞ見る

274 人しれず やみなましかば わびつつも なき名ぞとだに いはましものを

275 いにしへの 野なかのしみづ ぬるければ もとのこころを しる人ぞくむ

276 人しれず ものをおもへば 秋の田の いなばのそよと いふ人もなし

277 なにはがた おのがたもとを かりそめの あまとぞわれは なりぬべらなる

278 それをだに おもふこととて 我が宿を 見きとないひそ 人のきかくに

279 ここにして わがよはへなむ すがはらや ふしみの里の あれまくもをし

280 しほみてば いりぬるいその くさなれや 見る日すくなく こふらくおほし

Comments are closed