亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

堅信礼の贈り物

05.30.2016 · Posted in ドイツ語

ヨハンナ・シュピリ処女作出版の経緯についてはこちらの記事に詳しく記されている。

Johanna Spyri und Bremen: ein Beitrag zu den schweizerisch-hansestädtischen Literaturbeziehungen und zu den schriftstellerischen Anfängen der “Heidi”- Autorin

後書きに書いた通り。 ほんとはもっとたくさん書きたかったが、あまりに「後書き」が長すぎてもかっこわるいので、 必要最小限しか書かなかった。 中途半端に書いておくとあとで自分も忘れてしまって困るので整理しておく。

Autor(en): Richter, Dieter

Dieter Richter はドイツ語学者。

Zeitschrift: Librarium : Zeitschrift der Schweizerischen Bibliophilen- Gesellschaft = revue de la Société Suisse des Bibliophiles Band (Jahr): 31 (1988) Heft 2

「Liberarium」という、スイス愛書学会(?)から出ている論文誌に載っているらしい。

Die kleine Schrift kostete in Bremen sechs Grote (30 Pfennig) und wurde im Kolportagevertrieb auch von Pastor Vietor selber verkauft.

その小さな著作は、ブレーメンで6グローテ(30ペニヒ)で売られた。 また、フィエトル牧師は自ら販売した。 Kolportage は行商、Vertrieb は販売。

出典は

Titelblatt-Faksimile bei J.Winkler, a.a.O., 123. Ein Exemplar dieser Auflage befindet sich in der ZB Zürich.

Titleblatt は製本された本の中に挟まれる標題紙。 当時販売された書籍から採られたコピーということ。 ZB Zürich == Zentralbibliothek Zürich はチューリヒ市とチューリヒ大学共同の図書館。 おそらく記事に掲載されているこの画像のことだ。

vietor

Das Büchlein ist für 6 Grote zu haben in Bremen bei C. Hilgerloh, am Brill No. 19, und bei Pastor C. R. Vietor, Domshof 27. Bestellungen von auswärts werden durch C.Hilgerloh ausgeführt.

「この小さな本はブレーメンのAm Brill 19番地の C. Hilgerloh で、また、Domshof 27番地の C. R. Vietor牧師から、6グローテで手に入る。国外販売は C. Hilgerloh が行う」と書かれている。 つまり、フィエトルは自ら売り歩いたわけではなく、セールスして回ったわけでもなく、出版社の C. Hilgerloh から分けてもらった本を、自分の教会に置いて頒布していた、ということであろう。 Domshof(教会広場) 27番地はまさにその教会(Die Kirche Unser Lieben Frauen)やらブレーメン市庁舎が建ち並ぶ、市の中心地である。 Am Brill 19 というのはその北西へ1kmほど行ったところ。 ブレーメン中心部はかつて川を挟んで星形要塞 の中にあったようだ。

1280px-Bremen-1641-Merian

Das «Bremer Kirchenblatt» empfiehlt das Büchlein als Konfirmationsgeschenk: «Manche Eltern werden gern in dieser Zeit mit ihren Kindern etwas Geeignetes lesen’.»

Konfirmation 堅信礼 Geschenk プレゼント。

Konfirmation はルター派の用語らしく、英語では Confirmation。 英訳すると、affirmation of baptism、すなわち、 生まれたばかりのときに受けた洗礼を、成年に達してから自らの意志で肯定する儀式。 「堅信礼」より「洗礼肯定」のほうがいくらかはわかりやすいのではなかろうか。 この儀式は通常16歳に行われた。 それまでにゲマインデにおける初等教育は終了する。 上流階級の子らはその後で海外に留学したり、さらなる高等教育を受ける。 そうでない普通の子らは社会に出て働き始める。

「ブレーメン教会新聞」は、この小冊子を堅信礼の贈り物として推薦した。この当時の相当の父母たちが、子供たちと読むのに適したこの本を読むのを好んだ。

出典は

Meta Heusser-Schweizer, Hauschronik, hg. von K. Fehr, Kilchberg 1980, 58.

メタ・ホイッサー・シュヴァイツァー(ヨハンナ・シュピリの母で詩人)の家の歴史、という本らしい。

Comments are closed