亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

インディー作品を調べてみる 5

01.01.2017 · Posted in kindle

アトランティスの遺伝子、スリラー。 読まなくてもタイトルだけで中身がわかりそうな。 200万部が売れて、映画化進行中、らしい。

作家の A. G. Riddle は10年間ネットビジネスの会社で働いて退職、 2013年から(つまりKDPだわな)小説家になった。

これ、kindle unlimited だから読んでみようかな。

まどれもこれも大衆娯楽作品だわな。

7万年前、人類は絶滅に瀕した。 我々は生き残った。しかしなぜ生き残れたか、いままで誰もしらない。 人類の次の進化は始まっているが、人類は今度は生き残れない。

Andy Weir の The Martian もある意味インディーだしな。

夏目漱石の「こころ」は自殺の話だし、 太宰治は作家自身が自殺しちゃったし。 まあ自殺の話みんな好きだよね。 私は書かないけどね。書かないよ。

Comments are closed