亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

オイコノミクス

09.05.2017 · Posted in 読書

クセノフォン著『オイコノミクス』というのを読んでいるのだが、 ソクラテスとクリストブロスという人が対話していて、しかしクリストブロスのモデルはクセノフォン自身である、 などと解説してある。 読んだ内容からして、とてもそんなことは信じられない。

たぶんソクラテス学派の名も無い貧乏学生が想像で書いてそれをクセノフォンが書いたと言っているだけだろ。 仏教の経典が「如是我聞」って嘘書くのと同じだよ。 この時代の世界中の著作のほとんどすべてがそう。 まずそう疑ってかかるべきだろ?

ソクラテスやディオゲネスの逸話というのはどれも特定のバイアスがかかっている。 彼らはみんなイソクラテスが嫌いでデモステネスが好きなのだ。 しかし私にはイソクラテスの方が好ましく思えるし、デモステネスは最悪なやつだと思っている。

イソクラテスはごく普通の学者だ。 ソクラテスやディオゲネスも普通の学者だったはずだが、へんな方向に偶像化されてしまっている。 赤貧とか清貧というものをありがたがる連中というのは洋の東西を問わずいる。 別に珍しくもない。

クセノフォンはおそらく『アナバシス』を口述筆記しただけで残りはみんな偽作だと思う。 プラトンという人はいただろうがほとんどは偽作。 あれは、劇場で上演するための台本なんだよ。 役者に喋らせるために、対話形式になってるだけ。 水戸黄門漫遊記みたいなもん。

貧乏人のソクラテスと金持ちのクリストブロスのどちらが豊かかなどという問いの答えは決まっている。 クリストブロスのように金を持っていて、ソクラテスのようにつつましく暮らすのが一番豊かなのだ。 なるほど、金持ちは戦争になると金をむしり取られる。 人付き合いにも金がかかる。 ならば、適当に財産を整理して、他人との関わりを絶って、金持ちだと知られないようにひっそり暮らせば良いのだ。 それが一番豊かで贅沢な暮らしだろう。

Comments are closed