亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

05.07.2018 · Posted in

内藤大助だと思うが、ボクシングの世界チャンピオンがテレビに出ていて子供のおやつに煮干しと大豆を食べさせていて、あーやはり、炭水化物を採らずできるだけタンパク質を取るには(しかもできるだけ安く)、煮干しと大豆がいいんだなと思い、食べる煮干しと素煎り大豆をスーパーに買いに行った。

私の場合、痩せることというよりは、コレステロール値を下げることが目的でダイエットしているのだが、 医者には卵や牛乳などコレステロール値が高い食べ物は避けた方が良いと言われてその通りにしていたのだが、 一向にコレステロール値は減らない。 体験的には私の血中コレステロール値はほぼ体重に相関しており、 体重を減らすためには筋肉を落とさないようにせねばならず、 ならば良質な動物性タンパク質を含む卵はむしろ毎日食べなくてはならないのではないかと思い、 その代わり炭水化物を採らないようにしていたら自然と痩せてきて、 コレステロール値も下がってきた。

タンパク質は採りすぎても意味が無いとか、運動して筋肉をつけなきゃ意味が無いなどというが、 私の場合は、多少採りすぎるくらいにタンパク質を取って、筋肉を落とさないよう、基礎代謝を減らさないようにすることが、 体重を減らすのに必要だったようだ。

どうすれば体重を減らせるかというのは人それぞれで、 毎日炭水化物ばかり食べていても痩せている人はやせているわけで、 こうすれば痩せるこれを食べれば痩せるというのはどれもこれも嘘っぱちなわけで、 どうすれば痩せるのかということは、人それぞれ試してみるしかないのだと思う。 私の場合は高タンパク質、少炭水化物な食餌を採るのが結果的には効果的だった、と言えると思う。 この方法はしかし今では割と一般的なダイエット方法と言えるのではなかろうか。

米や麺を食べないのは確かにつらいのだが、 日本人として米や麺を食うのは当たり前だという生活習慣自体がどうもあやしいと思えてきた。 子供や若者が米を食うのは良い。彼らがスリムなうちは。 しかし今時、ぽっちゃりした子供が多いのはやはり炭水化物を取り過ぎなせいだろう。

晩酌で大人は米を食わないものだとされてきた。 米を食わずおかずだけ食べるとは不思議だなと思ったのだが、 今から思えば理に適っている。 大人になったら米なぞ食わねばいいのだ。せいぜい代わりに酒を飲めばいい。 昔からみんなそうしてきたのにはわけがあったのだ。

もっと早く気付いていればよかった。

最近の主食は豆腐か豆乳。ソイジョイ。野菜と肉。 炭水化物を取りたくなったらたまにオートミールを食べる。 とにかく何もなくて腹が減って頭もふらふらしてきたらフルーツグラノーラを食う。 あとドライフルーツをつまみ代わりに常備。

食べ物の中では炭水化物が一番安い。 その炭水化物をとらなきゃ金はかかる。 金がかかるが仕方ない。 豆腐や豆乳はさほど高くないから安くすませたきゃともかく大豆を食うに限る。

Comments are closed