亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

05.07.2018 · Posted in 雑感

スーツを着る機会が多ければずっとスーツを着ていたほうが楽だ。 スーツを着たり着なかったりするのが一番めんどくさい。 ともかくスーツを着なくてはならないことが増えたので、 いきなりスーツを着ても似合わないので、ふだんからどういうスーツを着ればいいかってあれこれ試行錯誤している。

007シリーズを見てると、昔はみんなあたりまえにスーツを着ていた。 M はもちろん Q も着てる。 Q のスーツ姿もまあまあだ。 ショーン・コネリー、ロジャー・ムーアは基本的にスーツ。

しかし、ダニエル・クレイグはほとんどスーツを着ない。 少なくとも一作目は着ていない。 カジノで蝶ネクタイ締めてるくらい。 あー。ラストで少し出るのか。 どちらかと言えばあまりスーツが似合わない人だわな。 彼は、暖色系のほうが似合うと思うのだが。

007でも、ゴッドファーザーと同じで、マフィアは黒か茶のシャツを着ている。 ネクタイ、スーツ、シャツを茶色から黒の色で揃えている。 日本のヤクザはこういうコーディネートをしないから(派手なストライプ柄とか原色の組み合わせということが多いかもしれない)、ピンとこないが、茶系統で揃えたスーツというのはヤバイメッセージを含んでいるから、一般人は着ないほうがよい、ということになる。

ロジャー・ムーアの初登場は、グレイの上着、こまかいストライプのシャツに、割と派手な赤いネクタイ。 まあ、上着とシャツを地味に押さえてネクタイだけ派手にしたパターンで、私も割と好きだが、 赤いネクタイはなかなか難しいよね。勇気がいる。

髪の毛も七三分けにしようかと考えている。 いまさらかという気もしなくはないが、年を取るとそういうのが逆に似合うように思える。

ヒゲをはやすかどうか思案中。 生やしたとしてもバリカンで3ミリにそろえるつもり。

Comments are closed