亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

忘れ草

04.23.2010 · Posted in 詠歌

八千草のいづれがそれか忘れ草名にのみ聞きて我れ知らなくに

野辺に出でて我れも摘みてむ忘れ草よもまがはじよ忍ぶ草とは

忘れ草忘れな草ととりよろふ野の八千草にまどひぬるかな

忘れ草同じ忘るるものならば酒飲むこともなほ忘れなむ

牛ならばひねもす野辺にたむろして草をはみつつもの忘れせむ

なかなかに忘れがたくば野の牛になりてひねもす草もはままし

忘れ草生ふる尾上に住む鹿は妻を忘れてうれひなからむ

うーんと。 ワスレグサは初夏に、ワスレナグサは春に咲くもののようだ。 忍ぶ草とは、吊りしのぶのようなシダのことだろう。季語は秋だが、 初夏に萌え出でる。

Comments are closed