亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

ただでもらった本

03.26.2011 · Posted in 雑感

某立ち飲み屋で某市長の本をただでもらったのだが、署名させられた。 読んでみると、市長が自分で書いた文章は、「はじめに」「あとがき」の数百字程度であり、 その後の文章はすべて主語が「市長は」になっている。 つまり本人書いてないんだろう。 これでどうして著者と言えるのか。 しかし、一字一句も書いてないのに共著者(しかもファーストオーサー)になる人もいるのだから(ry

Comments are closed