亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

恋歌

契沖

きのふまで 何とはなくて 思ふこと 今日定まりぬ 恋のひとつに

正徹

たのめつつ いそぐ春日の くれがたみ さらばのどかに 添ふ夜半もがな

実朝

かもめゐる 荒磯の州崎 潮満ちて 隠ろひゆけば まさる我が恋

よみ人しらず

夕月夜 おぼろに人を 見てしより あま雲はれぬ ここちこそすれ

小町

つゆのいのち はかなきものと あさゆふに 生きたる限り あひ見てしがな

相模

恋しとも えこそ言はれね なかなかに 言はばおろかに なりぬべければ

崇徳院

恋ひ死なば 鳥ともなりて 君が住む 宿の梢に ねぐら定めむ

藤原実清

荒熊の 住むと言ふなる 深山にも 妹だにあると 聞かば入りなむ

宣長

青柳の いとかりそめに 見し人を 苦しきまでや 思ひ乱れむ

狭野弟上娘子

君が行く 道の長手を 繰り畳ね 焼き滅ぼさむ 天の火もがも

大伴坂上郎女

千鳥鳴く 佐保の川瀬の さざれ波 やむ時もなし 我が恋ふらくは

磐姫皇后

かくばかり 恋ひつつあらずは 高山の 磐根し枕きて 死なましものを

幽斉

思ふをば 思はぬを世の ならひとぞ 知りてもまどふ 我が心かな

和泉式部

たらちめの いさめしものを つれづれと 眺むるをだに とふ人もなき

宣長

見せばやな ちしほのもみぢ たをり来て 心の色は 知るやいかにと

宣長

飛鳥川 ふちせも知らで 渡りなば 世にもうきたる 名をや流さむ

宣長

ひたすらに 消えも果てなで うき雲の うき中空に 何かかるらむ

宣長

我が恋は 深山隠れの 岩根松 いはねばこそあれ 年も経にけり

実朝

あしびきの 山の岡辺に 刈る茅の つかの間もなく 乱れてぞ思ふ

実朝

須磨の浦に 海女のともせる 漁り火の ほのかに人を みるよしもがな

藤原顕輔

あひ見ては いとど心の ひまもなし はてなきものは 恋にそありける

宣長

しげりゆく すゑいかならむ 恋い草の まだ生ひそめて ほども経なくに

景樹

夕されば ちどり鳴き立ち 飾磨(しかま)川 汐の満ち来る 恋もするかな

和宮

うつせみの 唐織衣 なにかせむ 綾も錦も 君ありてこそ

宗尊親王

思はずよ 寝くたれ髪の そのままに 乱れて人を 恋ひむものとは

鵜殿余野子

朝な朝な けづるとすれど 黒髪の おもひ乱るる すぢぞ多かる

景樹

やがて身を 離れざりけり 黒髪の すゑ踏むばかり ありし面影

景樹

あへばかく あはねば絶えて 山彦の おとづれだにも せぬやたれなり

景樹

杣人の いかだに作り さしおろす 日の暮れゆけば 恋しきものを

被妨恋
宣長

いくとせか 雲ゐの雁の 声をだに 聞かでながむる 秋の夕霧

洩始恋
幽斉

なかなかに もらしてやみむ 思ひ河 せきとどむべき 心ならねば

寄硯恋
宣長

塵積もる 硯の海の 涸れ果てて ふみもかよはぬ 山となりぬる

吉田兼好

かよふべき 心ならねば 言の葉を さぞともわかで 人や聞くらむ

宣長

かきみだる 恋いの山路の 苦しさを せめてあはれと ふみだにもみよ

宣長

よそながら 見るよしだにも なき恋いを なぞあふまでは 思ひよりけむ

逢恋
後水尾院

たぐひなや あふ夜となれば つらかりし 人にもあらず 解くる心も

後藤常広

たのまじな あふことかたき なかならば すずりの石の 命長さも

宣長

よしやよし 恋しき人に 立ち添はば 影にもなれな もの思ふ身は

寄弓恋
宮川松堅

変はりゆく 人の心は しらまゆみ 手に取るものと など思ひけむ

よみひとしらず

我が人に ひさしくあはで あふとせば まづなにとかは こゑをかくべき

よみひとしらず

今のをり いかにあらむと おこしても やるべを知らぬ 我が思ひかな

寄草恋
三好元喜

夏の野に 刈りも尽くさぬ 恋い草の しげき人目を いかにしのばむ

寄琴恋
宮川松堅

松風の 待つ夜ばかりに 弾く琴の ひく手はよそに ありぬやと憂き

貞心尼

むかひゐて 千世も八千世も 見てしがな 空行く月の こととはずとも

かへし
良寛

こころさへ かはらざりせば 這ふ蔦の 絶えずむかはむ 千世も八千世も

貞心尼

立ち帰り またもとひ来む たまぼこの 道の芝草 たどりたどりに

かへし
良寛

またも来よ 柴の庵を いとはずば すすき尾花の 露を分けつつ

良寛

君や忘る 道や隠るる このごろは 待てど暮らせど おとづれの無き

かへし
貞心尼

ことしげき むぐらのいほに 閉ぢられて 身をばこころに まかせざりけり

貞心尼

そのままに なほたへしのべ いまさらに しばしの夢を いとふなよ君

かへし
良寛

あづさゆみ はるになりせば 草のいほを とく出てきませ あひたきものを

良寛

いついつと 待ちにし人は 来たりけり 今はあひ見て 何か思はむ

良寛

むさし野の 草場の露の ながらひて ながらひ果つる 身にしあらねば

顕恋
後水尾院

憂しや世の 人のもの言ひ さがなさよ まだき我が名も もれむとすらむ

貞徳

つれなしや 同じ岡辺の 松風は 聞こえしものを とふ暮れもなし

あひおもはぬ
幽斉

語らひの 苦しさ告げむ つれなさの 心替えする 人もありやと

聞音恋
貞徳

閨の戸を 叩く答への なかりける みじろぐ衣の 音はすれども

木下長嘯子

いざさらば もろこしまでも たづねみむ かかる憂き身の たぐひありやと

祈恋
後水尾院

ねぎごとの しるしも見えぬ 我がためは 神も諫むる 道を知れとや

宣長

ふくるまで 人にも人を 待たせばや 来ぬ夜の憂さを 思ひ知るべく

宣長

惜しまずよ いとはるる身を 変へてだに 巡りあはむと 思ふ命は

宣長

この春は 花をも知らで 過ぐすかな うつろふ中の ながめのみして

和泉式部

まどろまで あはれ幾日に なりぬらむ ただ雁がねを 聞くわざにして

和泉式部

まどろめば 吹き驚かす 風の音の いとど夜寒に なるをこそ思へ

和泉式部

身は一つ 心は千々に 砕くれば さまざまものの 歎かしきかな

俊成

恋わぶる 命は知らぬ 命あらば とふ言の葉の いつか絶ゆべき

俊成

なぐさめて しばし待ちみよ 先の世に 結びおきける 契りもぞある

和泉式部

ちり積もる ものと枕は なりにけり たがためとかは うちも払はむ

小町

こがらしの 風にも散らで 人知れず 憂き言の葉の 積もりぬるかな

小町

山里は もののわびしき ことこそあれ 世の憂きよりは 住みよかりけり

忍恋

よみ人しらず

限りなく 深き思ひを 忍ぶれば 身を殺すにも 劣らざりけり

よみ人しらず

あぢきなく なるを心に おしこめて 涙も知らじ 忍ぶ思ひは

よみひとしらず

つれそはむ いもと思はば さつきやみ ほととぎすだに ねにはもらすを

よみひとしらず

歎かじよ 我が身のほどの かひなさの ゆゑにぞひとに いとはれにける

互忍恋
幽斉

いかにせむ 色に出でなば 君と我 ともに忍ぶの 草は摘むとも

忍逢恋
幽斉

あふ人に まづ打ち解くる 心かな さりとて世には 忍ぶものから

宣長

忍びかね 言はむとすれど いかがせむ さすが浮き名を 思ひかへせば

幽斉

いかにせむ 忍ぶ夜がれの そのままに あふことかたき 仲となりせば

近恋
幽斉

忍びつつ 立ち寄る閨に 我がうへを 語ると聞くぞ かつはうれしき

宣長

たをりても 見せばやいかで 忍ぶ山 心の奥に 染めしもみぢを

田中久三

あさか沼 かつみし人に いはでただ 室の八島の けぶるのみかは

恨恋

初逢恋
宣長

あひみては なさけによはる 心かな さしもつれなく 過ぐし恨みも

恨恋
幽斉

つれなさに こりぬと人や 思ふらむ 恨みぬほどに なりて来し身を

人伝恨恋
幽斉

思ひやりて 君に伝へよ むせかへり 言はぬ恨みの 深き心を

恥身恋
幽斉

いかにして 人にむかはむ 老い果てて かがみにさへも つつましき身を

怨恋
貞徳

つらしとも 憂しともいかが 恨むべき かくもつれなき ためしなければ

秋成

あまりにも 老いぬる人の 心かな とはねど恨む ふしも見えねば

景樹

人をのみ つれなきものと 恨みけり あまりに身をも 忘れたるかな

やつ

積もり来し 恨みも今は 忘られて あふうれしさに 袖ぞぬれけり

よつ

とはれつる 夜半の形見と しのばれて 恨みし鳥の ねさへうれしき

よみひとしらず

なにかこの つれなき人に 生まれあひて 同じ世ながら さてすごせとや

宣長

何をかく いとはれぬべき 身のほども 思ひはからで 思ひそめけむ

夢逢恋

よみひとしらず

夢にだに 見ばやと思ふ 荒小田を かへすがへすも 頼むこころは

宗尊親王

うたた寝に 頼むばかりの 夢もがな 恋てふことの なぐさめにせむ

景樹

聞きしより 心あてなる おもかげの いやはかなしな 夢にさへ見ゆ

よみひとしらず

いかばかり 思ひつればや わが君を こよひ初めて 夢に見しかな

景樹

夢なるか 我が手枕に 我がふれて 人のと思ひし 閨のくろかみ

旅恋
貞徳

ふるさとの いもが手枕 夢さめて 尾花が袖に 秋風ぞ吹く

土岐筑波子

おもひねの 夢のすさびに ならひ来て うつつともなき 今宵なりけり

はじめて見奉りて
貞心尼

きみにかく あひ見ることの うれしさに まださめやらぬ 夢かとぞ思ふ

かへし
良寛

夢の世に かつまどろみて 夢をまた 語るも夢も それがまにまに

景樹

はかなくも 夢に契りし 後の世は 覚めたる今の うつつなりけり

後水尾院

ふたたびは めぐりあはむも たのまれず この世を夢の 契りかなしも

景樹

このごろは 夢もうつつも ひとつにて 明けぬ暮れぬと 面影に立つ

よみひとしらず

いくとせも 夢にのみ見て 過ごし来し ならひも今は 忘れてしがな

よみひとしらず

生きてあらむ 死にもやしけむ 夢ごとに 今も見えつる 思ひ出での人

よみひとしらず

夢に見て うれしと思ふ はかなさよ 今ひとたびの 会ふこともなし

宣長

見し夢よ 誰に問はまし うつつとも 定めもやらぬ 中の契りは

宗良親王

無きや夢 ありしや夢と たどるかな 面影残る 夜半の枕に

田中久三

うたたねに 枕定めぬ 夜半すぎて 窓にしらじら さす朝日かな

別恋

真淵妻

逢ふからに 別れむことも 忘られて 嬉しかりしぞ 今は悔しき

かへし
真淵

逢ふからに 別るる憂さは ありながら またも来じとは えこそ思はね

相模

からくにの 帝もかくや 歎きけむ 別れののちの 恋のわびしき

景樹

かくばかり 恋しきものか 相思ふ 仲は離れて 知るべかりけり

田中久三

みなの川 落ちくる水は 色もなし なにをかあはれと ひとは見るらむ

田中久三

やがて去ぬる 身にはかひなし あはれなる 花のにほひも こひの乱れも

田中久三

乱れじと 長き憂き世を くれなゐの 塵のちまたに 暮らしわびつつ

飽恋

伊勢

はつかにも 君をみしまの あくた川 飽くとや人の おとづれもせぬ

和泉式部

飽かざりし 君を忘れむ ものなれや ありなれ川の 石は尽くとも

追憶恋

景樹

若草を 駒に踏ませて 垣間見し をとめも今は 老いやしぬらむ

よみひとしらず

我が人は 今はみそぢに なりぬらむ 子もありぬべし なりはひやいかに

よみひとしらず

ほにいでて などかは思ひ つげざりし 秋の薄も ほにはいでにける

よみひとしらず

今さらに 思ひ出づるも 憂かりけり おぼろに残る 名もおもかげも

よみひとしらず

我と汝 あひ見しことの なかりせば かくも久しく 憂きこともなし

よみひとしらず

年を経ば 忘るるものと 頼みしに あとかたもなく 思ひけなまし

よみひとしらず

今日死なむ 明日は死なむと あひみてし のちの思もひに 耐たへて幾とせ

宗良親王

問はれしを 思ひ出でてぞ しらゆきの ふりにし人は いとど恋しき

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.