亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

学問歌

宗尊親王

浜千鳥 昔のあとを たづねても なほ道知らぬ 和歌の浦波

後水尾院

まもれなほ よに住吉の 神ならば 此の敷島の 道のまことを

後水尾院

絶えせじな その神世より 人の世に うけてただしき 敷島の道

後水尾院

開きみる 文にぞしるき をさまれる 御代のかたみや 世々の古こと

後水尾院

ひらけなほ 文の道こそ 古へに かへらん跡は 今はのこらめ

後水尾院

ともかくも なさば成りなむ 心もて 此身ひとつを なげくおろかさ

後水尾院

散りうせぬ ためしときけば ふるき世に かへるを松の ことのはの道

田中久三

おほかたの 野辺のちぐさは 枯れぬとも 絶えせぬものは やまとことの葉

寄塵述懐
宣長

思ひたつ ことはたゆまじ ちりひぢも 積もれば山の かひもある世に

井上文雄

言霊の さきはふ道を いたづらに 遊びのわざと 人は言ふなり

景樹

年越して けふはとたゆむ ねぶりこそ まづをこたりの はじめなりけれ

景樹

しづのをが うつや荒田の あらためて 作るにはあらず かへす道なり

松井幸隆

しきしまの 道の願ひよ まづかなへ 我が思ふことは あまたあれども

磯野丹波守政武

ともすれば 人のうへのみ うらやみて 身をかへりみぬ 心おろかさ

呪願法師

かかげぬる かひこそなけれ ともしびの もとより暗き 窓のまなびに

あべ遂庸

世にはなほ 立ちものぼらで 瓦屋の けぶりも下に くゆる身ぞ憂き

柘植知清

人はその 名をこそ惜しめ こと足らで わたる世なげく 身ぞおろかなる

宣長

言の葉の 移りも行くか 世々にふる 人の心や しぐれなるらむ

宣長

書読めば 昔の人は なかりけり みな今もある 我が友にして

宣長

書読めば 絶えて寂しき ことぞなき 人も問ひ来ず 酒も飲まねど

宣長

書読めば おほやけ腹も 立たれけり ひとり笑ひも またせられけり

宣長

書読まで なににつれづれ なぐさまむ 春雨の頃 秋の長き夜

宣長

朝夕に 物食ふほども かたはらに ひろげおきてぞ 書はよむべき

宣長

おもしろき 書読むときは 寝ることも もの食ふことも げに忘れけり

宣長

読む書に 心移れば 世の中の 憂きもつらきも しばし忘れつ

宣長

読む書を しばし枕に 仮り寝して 憂しや覚えず あかつきの空

宣長

をりをりに 遊ぶいとまは ある人の いとまなしとて 書よまぬかな

宣長

読まねども やまともろこし もろもろの 書を集めて おくも楽しみ

宣長

敷島の 道広き世の 初春や 言葉の花の ときは来にけり

蘆庵

何をかは あぜくらかへし 求むらむ 見聞きにみてる 言の葉の種

蘆庵

いにしへは おほねはじかみ にらなすび ひるほし瓜も 歌にこそ詠め

蘆庵

この国は 言葉の海の 大八島 いづくに寄るも 和歌の浦波

蘆庵

言ふことは みな心より 出でながら 心を言はむ 言の葉ぞなき

蘆庵

言の葉は 人の心の 声なれば 思ひをのぶる ほかなかりけり

蘆庵

世の塵に うづもれながら うづもれぬ 大和言葉の 道ぞ正しき

宣長

いかならむ うひ山ぶみの あさごろも 浅きすそ野の しるべばかりも

景樹

思ふこと いはでかなはず それいへば やがても歌の すがたなりけり

景樹

身は疲る 道はた遠し いかにして 山のあなたの 花は見るべき

景樹

敷島の 歌のあらす田 荒れにけり あらすきかへせ 歌のあらす田

内山真弓

君なくば またや荒れなむ いにしへに すきかへしたる 歌の荒栖田

景樹

言の葉の 道の奥なる 安積山 影だに見ずて やみぬべきかな

田中久三

しらぬひの 筑紫島ねの 山の湯の 湧き捨つるまで 歌を詠まばや

島津忠良

いにしへの 道を聞きても 唱へても 我が行ひに せずばかひなし

島津忠良

はかなくも あすの命を たのむかな 今日も今日もと 学びをばせで

島津忠良

学問は あしたの潮の ひるまにも なみのよるこそ なほしづかなれ

二宮金次郎
田中久三

菜の花の 咲けるをりには 思ひやれ 身を立て世をも 救ひし人を

吉田松陰

何事も ならぬといふは なきものを ならぬといふは なさぬなりけり

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.