亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

フランス料理

02.19.2015 · Posted in

firefoxにはyoutubeの動画をmp4かaviかそんなんで落とせるプラグインがある。 落とせるやつとおとせないやつがあるんだが、 私が普段通勤途中に周りの音を聞かないためにだらだら聞くようなやつはだいたい落とせる。 ルネサンスのリュートとかバッハとかだが。 そいつを ps vita に持って行って聴く。 タブレットでも良いんだが、 今のところウォークマン代わりにちょうど良い気がする。 vitaで認識されない動画形式もあるようでよくわからん。

で、暇つぶしは音楽聴きながらだいたいツイッターかフェイスブックだったが、 最近はまたauブックパスの読み放題で漫画を読むようになった。 漫画は精神を麻痺させて時間をつぶすにはちょうど良い。 そういう目的に使える私好みの小説などあればもっと良いのだけど、 なかなかお目にかからない。

某グルメ漫画で、 ワイングラスを円形のものから楕円形のものに変えるとおいしくなるとかいう話がでてきて、 グラス変えると味も変わるなんて話はウィキペディアにも書いてあるんだが、 頭から否定する気はないが、長岡鉄男教みたいなもんなんだろうなと思う。

懐石料理やフランス料理は私には何がうまいのかわからん。 1時間も2時間もかけてソムリエとかウェイターとかにかしずかれて食うのがうまい人もいるんだろうが、 私ならワインバーでもワインは自分で注いで飲む。 少し高級なところでは自分で注いじゃいけないらしい。 そういうのが私は一番困る。 映画館で映画見るのも嫌いだ。 要するに1箇所でじっとしているのがいやだ。 自由を奪われるのがいやなのだから仕方ない。 逆に一度座るとずっと同じところに居たがる人もいて、 そういう人には向いているのかもしれん。

その点イタリア料理はいっぺんにどかっと持ってきて好きなように食えるから良い。 ちまちま盛りつけてないし。 たぶん私はフランス料理よりギリシャ料理とかトルコ料理とかイラン料理の方がずっと好きだと思う。 フランス料理のルーツはイタリア料理だしイタリア料理のルーツは東ローマ料理だし、 東ローマの料理はペルシャから来ているはずだ。 フランスというところでなんかよくわからない具合に特殊化したんだと思うが。 トルコ料理屋はわりとあるから行くが好きだ。 あのメゼとかいうつまみを食べながら、 トルコのワインを飲んだりする。 チャンカヤとかアンゴラというやつだったが普通にうまい。 ワインだってもとはペルシャの酒だったはずだ。 ただトルコ料理は胃にもたれる気がする。 食べ慣れてないせいだろうか。つい食べ過ぎるせいだろうか。

うまいかまずいかという以前にそういうふうにもったいぶって時間をかけてちょっとずつちまちま食うのがまったく性に合わない。 ワインにしてもそりゃ何十年も飲んでりゃ味の違いはわかるんだろう。 今のところ私は気にもならんが。 フランスの特定銘柄のワインばかり飲んでいて何が楽しいのかと思う。

Comments are closed