神祇歌

御製

> わが命 あらむ限りは 祈らばや つゐには神の しるしをも見む

宗尊親王

> ももしきや あまてる神の ますかがみ 君が御影を さぞ守るらむ

千蔭

> 武蔵なる 氷川の森に 雪つもり 八重垣こもる 神のみやしろ

秋成

> 八百万 千よろづ神の 神ごとも 天まづなりて のちとこそきけ

宮部よし正

> ふじの根の けぶりは絶えて 消え残る 雪に神代の 光みすらし

秋成

> よろづ世の 国の鎮めの ふじのねを あふげば空に うつしみの神

宣長

> 花ゆゑも 神のいがきは こえぬべし 咲く一枝の 折らまほしさに

宣長

> 春ごとに にほふ桜の 花見ても 神のあやしき めぐみをぞ思ふ

秋成

> 豊年の 新嘗祭る 神の前に 幣を散らして 秋は去ぬめり

景樹

> はふり子が とるや真弓の ふして祈り 起きて歌ふも 君が世のため

景樹

> 闇ならで たどたどしきは 目に見えぬ 神をしるべの しきしまの道

田中久三

> うつし世の 人はたのまじ ただ神と のちの人にぞ 歌は詠むべき

吉田松陰

> 身はたとひ 武蔵ののべに 朽ちぬとも とどめおかまし 大和だましひ

田中久三

> 武蔵野に 死にて魂 とどめたる 人うらやまし われもさあらまし

Visited 2 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA