万年筆

万年筆はやはりある程度高いものを買わなければダメだ。1000円以下の安いものだとキャップの先が取れてしまったりする。万年筆のキャップはちゃんと閉まらないとペン先が乾燥して書けなくなってしまう。

それからシースルー(スケルトン)のやつはかわいいけど、良いものは少ない。たぶん買わない方が良い。

カートリッジ式のほうが絶対実用的で経済的なんだけど、やはりわざわざ万年筆を使うのであれば、インクボトルから吸い込むやつが欲しい。ここはどうしても譲れない。

そうするとだいたい、店頭の実売価格が3000円くらいのやつで、シンプルで、ぴったりキャップが閉まるタイプのものを買いたくなる。逆に1万円以上するような万年筆は偉そうで好きになれない。

おなじ理屈で、あんまり安いmidiキーボードもすぐ壊れるからダメだ。たぶんオモチャと楽器では設計思想が違うんだろう。安いやつは結局楽器として作られているのではなく子供のオモチャとして作られていて、だからUSBのインターフェイスとかスイッチとかセンサーに金がかかってなくてすぐにダメになってしまうんだろう。

パソコンのキーボードもmidiキーボードもどちらもUSB接続でキーがたくさんついてるものなのに、パソコンのキーボードがそんな頻繁に壊れたという話をきいたことも実際見たこともない。

女性専用空間

女性が「女性専用空間」を守りたいという運動をするのは良いとして、そこにある本質的問題ってのは、まさに、女性だけに社会的リソースが使われすぎているっていうことなはずなんで、そこをなんとかクリアしてもらいたいと思うね。女性のエゴをどこまで認めてやる必要があるのか。

江戸時代だとそもそも銭湯は混浴だったし、明治以降も『伊豆の踊子』なんか読んでると、別に男と女がきっぱりわかれて入浴している感じではない。公衆便所というものも昔は非常に不潔だったのが、バブル期に急にきれいになった印象がある。

ホテルとか高級百貨店が、きれいなトイレを、特に女子に対して提供するというのは別に良いとして、公共の空間にトイレを置くときは、まず第一にその面積をどうシェアするのかっていうことが問題になると思う。私のイメージだと男はトイレに行っても済ませることを済ませてさっさと立ち去るんだが、女子トイレには小便器も無いし、化粧したり、長くいすぎて面積も要するように思えるんだよね。

でも地方自治体や公共交通会社にしてみれば、いまやそんな女子にばかりリソースを割きたくないんだと思うんだよ。多目的トイレを作るにしても、男子トイレか女子トイレを削らないと新しく作れないとか、とにかく女子トイレにやたらと費用がかかるってことが、今起きてるほんとうの問題なんじゃないの。トランスジェンダーとかよりもさ。女子トイレにできる長蛇の列。あまりの回転率の悪さ。事実なんだよね。女が男より社会的リソースをたくさん使っているという、隠しようのない、紛れもない事実。

でも政治家とか自治体とか鉄道会社ってそういうことを直接は言いたがらないじゃん。女はトイレ長いんだよって言えば女性差別だって言われる。女は話長いんだよって言った政治家みたいにね。女性の側もそういう問題があることは知ってるはずなのに敢えて議論の場に持ち出さないじゃん。マイナンバーカードだってそうだよね。社会のリソースを使っているのならその社会のルールなりマナーなり守って、リソースをシェアしよう、どこまでなら許容範囲なのって議論を直接すりゃいいだけじゃないのかな。

定年とアカウント

勤め先からもらっているアカウントでyoutubeに動画上げたりメイルやりとりしたりしているんだが、定年退職するとyoutubeはともかくとしてメイルアカウントは消えてしまうわけで、それはもう7年後に迫っている。だから今から個人用と仕事用できちんとアカウントを使い分け始めなきゃいけないと思っている。さらに定年後はこの筆名と実名も、区別なくそうと思っている。区別しているのはなんやかんや書き散らかして職場に迷惑かけたりしないためでもあるんだが、仕事やめたらもうそういう遠慮も要らんだろう。

実名にともなう肩書きは多少、筆名でやっている活動を広めるため役立つかもしれないし、実名でやっている仕事に筆名でやっている活動も多少は業績として加えられるかもしれない。しかし今はそれをやる勇気がない。定年になったら両方の業績リストを一つに統合する、くらいのことはやるかもしれないが、それ以上に何か宣伝したりすることはないと思う。

ともかく、仕事を辞めたあともしばらくはだらだら趣味で執筆活動は続けると思うんで、そのための準備は着々としておくつもり。

株は、始めて1年半くらいだが、この銘柄、そろそろ底値かなってところを狙って買うのが、脳汁がどばどば出て楽しいんだと思っている。で、だいたい底値か、底値より10円高いくらいで買っていることが多い。底値を見誤ったときはナンピン買いしてる。

低迷してる株は怖くなって売ってしまうことが多い(で、持ち直してくると手放したのが惜しくなる)。その場合も、いつも買値よりは1円でも高く売るようにしている。要は、銘柄単位でも全体でも損するのが怖いだけなんだけどね。一部は損しても全体で得してればOKというのがほんとの相場師なんだろうけど、私はそれで給料もらってるわけじゃないしね。好きなようにやる。

調子の良い株は基本放置。1000円以上値上がりしたら売ると決めているのだがまだ私の保有株でそんなに上がったのはない。

短期で元手を回転させて利ざやを稼ごうというやり方はしてない。基本的に、銀行預金や郵便貯金だとほとんど利子が付かないから、株に資産を移しているだけ。そりゃまあ儲かればうれしいだろうが、年に10万20万程度儲かったところで時給換算すれば誤差程度、お小遣い程度だ。それを言えばkindleもそうなんだが、とりあえず株は貯金の一部としてやってる。そういうやり方でこれまで特に損もしてないので、このままこういうやり方を続けると思う。

投信の積み立てNISAとか言うのはすかん。他人任せで勝手に上がったり下がったりするからみててイライラするだけ。貯金の仕方としては優れているとは思うけど、私には要らない。というかなんでNISAとか税金で優遇して、金融取引で20%も税金取るんだよ、むしろ金融税もNISAもやめろ、余計な仕組みを増やすなよ、と言いたい。

株価が下がっているのは、業績が悪いからとか、なんか不祥事を起こしたからとかっていう場合はほとんど無いと思うんだよね。たいていは、ダウが下がったとか日経平均が下がったとかおかしな流行病が流行ったとか、大株主がまとめて処分したがってるとか、あんまその銘柄に関係ない理由。業績が悪いというか、もうその会社がやる気なくて、新規開拓もしない、新商品も出さない、後はもうだらだら株価を下げるだけみたいなところは買わないけど、たまたま下がってるだけだろって思えるようなところは買ってる。底値付近で買っておけば後はしばらく放置できるから楽。逆に上がってる最中に買うと、いつ下がるかとずっとビクビクしてなきゃいけないから嫌かな。下がらないだろうとわかっててもただ単に右肩上がりな株も、私としては手が出しにくい。なぜかというとそれは上にもう書いた通りの理由。

日本株というか日本企業ってほんとに手堅く守りに入っちゃってるところ多いよね。それでじりじり株下がってても気にしない。経営者がとにかく失敗を恐れている。そんな会社めちゃめちゃ多い気がする。でもまあシャープとか東芝見てるとそういう気にもなるかもね。

しかし、競馬やパチンコよりも株のほうがずっと面白いし儲かるチャンスも多いと思うんだが、なぜみんな博打をやりたがるんだろうね。まあそう思う人はさっさと株をやってるわけだよな。それで、経営者になって人を雇ってフランチャイズやったり無人餃子売ったり。そういうことしたい人はするんだろうが、そこまで本腰で経営とか人付き合いとかやりたくなきゃやっぱネットで株やるんだろうな。

底値がわかりゃ苦労はないわけだが、まず、ガッと売りにくるやつがいて、そこでいちいち反発が入る株は、落ちっぱなしではなく、底を打って回復に転じやすいと思う。それでもやっぱガッと売りに来る奴がいて、それが1ヶ月も2ヶ月続くと、なんかしらんがすごく売りたがってる大株主でもいるんかなってなってしばらく様子見になることもある。

逆に底値打ってすぐに回復する株もある。そういうやつをちまちま買っとく。今のところは1銘柄100株で止めて、ナンピン買いしたときだけ200株とか500株とか買って、だいたいは後で100株に戻して、いろんな銘柄を広く浅く買う。

ま、ともかく、狼狽売りだか、資産家が死んで財産を処分しようとしてるのか知らんが、業績が特に悪いわけでもなく、下がる理由も大してないのに下がってるのはどんな理由かは知らんが売りたがってる奴がいるので、そいつに売りたいだけ売らせて、そうすると反発が来て、攻防が始まって、売買がすごく小刻みになるから、そのへんで買えば良いんじゃないって思ってる。ほんとにダメで落ちてる株は攻防が無いからみてりゃわかると思う。とかいうのはやっぱネットでリアルタイムに売買が見られるからできる技であって、昔みたいに新聞の株式欄を一日一回見るみたいなやり方ではできないよね。だから、私のやり方は基本的には放置だが部分的にデイトレみたいなもんだな。こういうやり方してる人っているのかしらんが。ずーっとデイトレで張り付いてるってのは全然やりたくない。

結婚式

シャイニングを、原文と和訳を見比べながら読んでいるのだが、なかなか面白い。これによると、キリスト教徒の伝統的な結婚式では、神父(牧師)が新婦の父親に

Who giveth this woman?

と尋ねて、それに

I do.

と答えるらしいんだが、つまりこれは女は父の持ち物から夫の持ち物となるという、完全な家父長制の、というかゲルマン法に基づく儀式であって、「バージンロード」というからには処女の娘を夫となる男のところへ連れて行くのは父でなくてはならず、従って新婦の母親はいなくてもよいし、新郎の父もいなくてよいことになる。

この箇所、和訳では「この男にめあわすために、この女を渡すのは誰か?」「われこれを行なう」となっていてしかも傍点までふってある。日本でも昔は教会でこういうふうなセリフを使ったのかもしれない。そのまま訳しちゃわけわかんないから略さずに言うセリフを探し、さらにそれを古風な和訳に置き換えたのだろう。翻訳者の苦労がわかるね。