離別歌

伊達政宗母義姫

> 秋風の たつ唐舟に 帆を上げて 君帰りこむ 日の本の空

平瀬助道妻

> 朝なゆふな なれにし君が 出でてゆかば 何わざをして 月日過ぐさむ

かへし
秋成

> なさけある 人の心を 筑紫綿 身に添へ行かば 寒けくもあらじ

吉田兼好

> はかなしや 命も人の 言の葉も たのまれぬ世を たのむ別れは

田中久三

> あはばなほ 人の別れは つらからむ あはざるままに 春は過ぎなむ

Visited 22 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA