秋歌

秋風

頓阿

> こずゑには ひと葉のみ散る 秋風に 耐へずもろきは 涙なりけり

柿本人麻呂

> 萩の花 咲きたる野辺は ひぐらしの 鳴くなるときに 秋風ぞ吹く

大伴家持

> 我が宿に 咲けるあきはぎ 見に来ませ 今二日三日 あらば散りなむ

澄月

> ながめては 何を心に 思ふこと ありもあらずも 秋の夕暮れ

大伴家持

> もの思ふと 隠れのみゐて 今朝見れば 春日の山は 色付きにけり

相模

> 一重だに 暑かりつるを 夏衣 重ね着るまで 秋風ぞ吹く

俊頼

> ゆふまぐれ 恋しき風に 驚けば をぎの葉そよぐ 秋にはあらずや

俊頼

> かくばかり 激しき野辺の 秋風に 折れじとすまふ をみなへしかな

良寛

> 寂しさに 草のいほりを 出でて見れば 稲葉押しなみ 秋風ぞ吹く

太秦にてひとりながめて
蘆庵

> うづまさの 深き林を 響き来る 風の音すごき 秋の夕暮れ

初秋露
景樹

> 玉笹の 葉分けの風に おどろけば 今年も秋の 露ぞこぼるる

景樹

> かへるべき 限りも知らぬ むさしのの 旅寝おどろく 秋の初風

正徹

> 秋の風 立てるやいづこ みそぎせし 昨日も涼し 四方の川浪

宣長

> きのふけふ 風の音には 聞く秋を 目にみか月の 夕暮れの空

朝顔

蘆庵

> 朝がほの 咲くを待つ間の 久しさは はかなかるべき 花としもなし

大隈言道

> ゆふまぐれ 今も咲くべき けしきして けふは暮れぬる 朝がほの花

赤染衛門

> 朝顔の ゆかしさにとく 起きたれば 我より先に 露はゐにけり

秋成

> 朝がほの しぼまぬほどの 降り晴れて 雨より後の 秋の暑さは

女郎花

御製

> 靡くとも ひとかたならぬ 女郎花 こころ多かる のべの秋風

なでしこ

秋成

> なでしこの 花の盛りの 久しきに 初秋風も 吹くと言ふなり

赤染衛門

> なでしこの くれなゐ深き 花の色も こよひの雨に 濃さやまされる

良寛

> 我が待ちし 秋は来ぬらし この夕べ 草むらごとに 虫の声する

雨中虫
真淵

> 雨の夜の 長き恨みを つねよりも しめやかに鳴く 虫の声かな


赤染衛門

> 花を見て 野辺に心を やりつれば 宿にて千世の 秋は来ぬべし

北条氏政

> 秋もなかば わが身もなかば こゆるぎの 急がぬ年の など積るらむ

太秦にて初秋の頃
蘆庵

> 遅く消え 早く結びて 山陰は 露のひるまぞ すくなかりける

景樹

> こころなき 人は心や なからまし 秋の夕べの なからましかば

秋成

> 秋されば しもの社の みたらしに 人まを待ちて かはづ鳴くなり

秋成

> 思ふこと ありとはなしに 悲しきは 秋のならひの 夕暮れの空

秋成

> 庵原(いほはら)の 清見が崎に 朝晴れて 不二は秋こそ 見るべかりけれ

曾禰好忠

> やぶ隠れ きぎすのありか うかがふと あやなく冬の 野にやたはれむ

秋成

> 武蔵野の 尾花たかがや 踏みしをり 小鷹手にすゑ 行く人やたれ

秋成

> 尾花ならぬ かたこそなけれ 大原や 野中古道 分け迷ひては

旱したる頃
蘆庵

> 照りまさる 秋田の月に 雨たべと 言挙げしつつ 賤つづみ打つ

大隈言道

> はきだめの 塵の下なる 芋すらも 子は親にこそ つきてありけれ

赤染衛門

> 雨やまぬ かげをし渡る 高瀬舟 をちかた人の 来るかとぞ待つ

良寛

> このごろの 寝覚めに聞けば 高砂の 尾上にひびく さをしかの声

宮川松堅

> うきあきと 世にうとまれて 長月の ながゐせじとや 暮れ急ぐらむ

宮川松堅

> うきあきと いかに思ひて 暮らしけむ 菊ももみぢも 冬はあらじを

太田道灌

> 門田より 刈り干すままに 日に添へて 稲葉の風や 遠ざかるらむ

橘曙覧

> 赤くなる 顔うちふりて 秋山の まだ酔はざるを あざわらふかな

橘曙覧

> ひき帰る 牛にかはむと 刈る草も 花ならざるは なしや秋の野

実朝

> 野となりて あとは絶えにし 深草の 露のやどりに 秋は来にけり

紅葉

良寛

> 我が宿を たづねて来ませ あしびきの 山のもみぢを 手折りがてらに

良寛

> もみぢ葉は 散りはするとも 谷川に かげだに残せ 秋のかたみに

よみ人しらず

> なほざりに 秋の深山に 入りぬれば にしきの色の きぬをこそ着れ

赤染衛門

> あぢきなく たもとにかかる もみぢかな 錦を着ても ゆかじと思ふに

赤染衛門

> 君ならぬ 人来たりせば 問ひてまし こよひの月は ことに見ゆやと

俊頼

> 白河の 淀みにやどる 月見れば なびく玉藻ぞ 雲となりける

俊頼

> くまも無き 月の光に はかられて おほおそ鳥も 昼と鳴くなり

西行

> 物おもふ 心のたけぞ 知られける 夜な夜な月を ながめ明かして

西行

> 世のうさに 一かたならず 浮かれ行く く心さだめよ 秋の夜の月

赤染衛門

> 今日をなほ 同じ心に 惜しまなむ あき果てぬとは 誰も思はじ

真淵

天の原 八重棚雲を 吹き分くる いぶきもがもな 月のかげ見む

夕暮れ

宣長

> 賑はへる 里のけぶりも なかなかに よそめはさびし 秋の夕暮れ

後鳥羽院

> ふるさとの ひとむらすすき いかばかり しげき野原と 虫の鳴くらむ

Visited 23 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA