亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

畠山氏

09.14.2012 · Posted in 歴史

畠山氏は足利氏の一支族となっているが、 元は武蔵国の在官で秩父氏と言うから秩父の豪族だったのだろう。

系図では、桓武平氏の祖高望から良文、 忠頼、 将恒、 武基、 武綱、 重綱、 重弘となってその子に畠山重能、小山田有重があったことになっている。 ただこれは後世の畠山氏による創作の可能性が高い。

畠山重能の子に重忠、重忠は畠山重忠の乱で滅亡。 足利義兼の子義純が重忠の未亡人(北条時政の娘)と婚姻し、 畠山氏を継いだ、とある。

足利義純は先に新田義兼の娘と婚姻していたが絶縁。 新田氏との間に生まれた子が岩松時兼、田中時朝で、 それぞれ後の岩松氏、田中氏の祖先となったという。

ややこしいのう。

足利氏にこんだけ支族が多いのはどうしてかもすこし考えてみる必要がある。 足利氏は将軍になったから、 家系にも後世の捏造が多いのかもしれん。 どうも、畠山氏や岩松氏や田中氏などはもともとあまり関係ないような気がするし、 山名氏もあやしい。 正味のところどうなのか。 また、足利氏以外の家系というのも実は支族がけっこういるのだけど、 後世に伝わってないだけかもしれない。 或いは、たまたま足利氏が領した土地が豊かだったのでたくさん増えたのかもしれん。

気になるのは、つまり、後醍醐天皇の時代に足利氏がどの程度の大族であったのか、 足利氏にどれほどの戦功があったのか、 足利氏にはもともと北条氏を倒すほどの実力があったのか、 或いはたまたまいきおいで北条氏を滅ぼしてしまったのか。 或いは北条氏は滅んだとは言えなかったのだが、その後の諸事情で結局足利氏が最終的に勝利したのか。

Comments are closed