亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

南総里見八犬伝

04.25.2014 · Posted in 歴史, 読書

南総里見八犬伝が、足利持氏・成氏父子によって引き起こされた、 永享の乱から享徳の乱に至る、関東の騒乱を元にした伝奇小説であることを知り、 今さらながら衝撃を受けている。 古河公方のことを滸河公方(訓みは同じ)などと記している。

南総里見八犬伝の登場人物 によれば、 長尾景春、足利成氏、上杉定正、千葉自胤、上杉顕定、北条早雲などが登場しているのに、 太田道灌は出てこない。 実に不思議である。 私の小説「川越素描」では、千葉自胤の妹佐枝が赤塚姫で(架空の人物)、太田道灌の愛妾になることになっている。 山崎菜摘と竹田一成、そして木下加奈子の三人は卒業制作に歌劇「赤塚姫」を作る、というものなんだがね。 とにかくもうびっくりである。 滝沢馬琴先生とネタがかぶってたなんて。全然しらんかった。 ともかく原文でじっくり読ませてもらい、ネタをいただこう。

太田道灌と千葉自胤は同世代だが、長尾景春、上杉定正などは少し年下、上杉顕定、北条早雲などはもっと後の人である。

扇谷定正と山内顕定と足利成氏の連合軍が里見を攻める、これを関東大戦などと言っているが、 まったくの虚構である。あり得ないことだ。 全体的に、時代考証はいい加減で、かなり好き勝手に作っている。 先行する里見家関連の軍記物に大きな影響を受けているのだろう。 滝沢馬琴は、太田道灌を主役にした享徳の乱の話などはまったく書く気がなかったのだろうか。 なかっただろうなあ。 よくわからん人だが、江戸時代の人にとって歴史とは、だいたいそんなものだったのかもしれん。 道灌を出してしまうと急に普通の歴史物になってしまってしらけるのかもしれんな。

Comments are closed