亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

アドンとエデン

04.15.2011 · Posted in 宗教

昔、けっこう一神教の起源について書いたことがある。 一神教の起源アトンYHWHアドニヤモーセと一神教文献メモなどだ。 状況証拠的に考えて、アメンホテプ4世の時代のアトン信仰と、出エジプト時代のイスラエル人の宗教に、 何の関連性もないと考える方がおかしいのであって、 あとはどうやってその連続性を立証していくかという作業があるにすぎないと、私は思うよ。 それで、そういう話がどうしてあまり広まらないかと言えば、 ユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒もいずれも、自分たちの宗教のオリジンが、 古代エジプトにあるとは、あまり考えたくないからだろう。 ただユダヤ人のフロイトだけが、勇気を持って、その説を主張したのだ。

それで、フロイトが書いた、『モーセと一神教』という本があって、私はそれにすべては書き尽くされていると思ったのだが、 フロイトが指摘してない、まだ新しい関連性を発見した。 というのは、 クアルーン(コーラン)では、エデンのことを「アドン」と言っているということだ。 アラブ語はヘブライ語と同じセムハム語系の言語であって、同語源であると言える。 それで、ヘブライ語では「主」のことを「アドナイ」という。これは「アドン」の複数形である。 神の名は一人でも複数形となるのは、あちらの言語ではわりと一般的である。 たとえば神の一人称はWeである。 「アドン」「アドナイ」は「アトン」とほぼ同じ言葉であるというのはフロイトの発見だ。 そして「アドニス」などとの関連性も、フロイトは示唆している。 アドニスはギリシャの神だがもともとはフェニキア人の神であり、フェニキア語はやはりセム語系だ。 アメンホテプ4世の別名「イクナアトン(アクエンアテン)」とは「アトンに愛される者」という意味だ。

それで今度はエデンという語の起源をウィキペディアなどで調べてみたけど、これが恐ろしく古い。 アッカド語、もしくはシュメール語で「園」もしくは「平原」という意味らしいのだ。 ちなみにヘブライ語でエデンは「快楽」という意味らしい。 また、ギリシャ語ではパラデイソス、つまりパラダイスと訳される(いかにもギリシャ語語源な語だわな)。 いずれにしても「天国」とか「神の国」と言う意味だよ。 だけれどまあ、もしエデンとアドンが同語源ならば、一神教はシュメール時代までその起源がさかのぼれることになるよ。 どうよ。

エジプトという多神教の世界にいきなり一神教が、忽然として、生まれたというのはやはり無理があり、 それはどこか別の世界からもたらされた、 たとえば、アメンホテプ4世の王妃がミタンニ王女ネフェルティティであったという説があり、 メソポタミア地方に、原初的な一神教が古代から伝わっていた、と考えるのが、やはり自然ではなかろうか。 いや、むしろ、異国の地の神が土着の多神教のエジプトに導入されたときに、他の神から阻害され、切り離された存在となって、 それが先鋭化して一神教という形になったのかもしれんわな。 山本七平が言う、「オリエントの専制君主制が宗教化したもの」ではあるかもしれないが、 さらにはそこで、専制君主が多神教社会の中で宗教改革を断行しようとした結果、外来の、異邦の一つの神が、 絶対化されて、一神教が生まれたのかもしれん(当時のエジプト王がいわゆる「専制君主」といえるかはわからん。 神官の長のような権威的存在だったかもしれんし)。 とかく、宗教改革というのは、一つの神に権威を集中させ、他を排斥しがちなものであり、 いわば、宗教改革というものが、一神教を生み出した根源的な原因かもしれん。 その歴史的な最初の例がアメンホテプ4世だったのではないか。

くどいが、一神教だから宗教改革に発展したのではなくて、宗教改革の結果、一神教が生まれたのではないか。

ミタンニは印欧語族だという。 エデンの園が東の方にあったというのは、ミタンニ王女の国がエジプトの東方であったことを意味しているのかもしれんよ。

Comments are closed