亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

02.07.2016 · Posted in 詠歌

冬さらば 人は知るべし 春来むと 我は何をか 知り得べかるらむ

鶴亀の 齢は持たで いかにして ちとせの後に 名をや残さむ

いかにして 人に知られむ しろかねも 黄金も玉も 我にあらなくに

うつせみの 我が身はまだき 酔ひにけり わづかばかりの 金は惜しめど

春や来む ゆふべもさまで 寒からず うれしくもなし いそぢ過ぐれば

金は惜し 命だに惜し なにもかも されどとりわけ 名こそ惜しけれ

何をかは なして残さむ ななそぢや やそぢばかりの よはひのうちに

ももとせの 半ばを過ぎて 知りも得ず 我はなべての 聖ならねば

夢のまに 時は過ぎにき きのふけふ 生まれ出でしと 思ひしものを

あらざらむ のちの世までは たのまじよ されどこの世の 頼み難さは

わすらるる みをばおもはず わすられぬ 身にしならずば 死ねど死なれず

ちとせへて たれかはわれを おぼゆらむ いのちはかろし 名は残さまし

春こむと 春まつほどの 夜半にさへ あしたも知れぬ 我が身なるかな

若かりし 日には力も金も無し 老いては夢も あくがれも無し

かへらばや 守るもの無き 若き日に 失ふものも 無かりし頃に

残りても むなしきものは いたづらに 老いぬるのちの よはひなりけり

Comments are closed