heidi 1-1-9

投稿者: | 2023年6月24日

“Ob er immer so war, kann ich, denk ich, nicht präzis wissen, ich bin jetzt sechsundzwanzig und er sicher siebzig Jahr alt; so hab ich ihn nicht gesehen, wie er jung war, das wirst du nicht erwarten. Wenn ich aber wüsste, dass es nachher nicht im ganzen Prättigau herumkäme, so könnte ich dir schon allerhand erzählen von ihm; meine Mutter war aus dem Domleschg und er auch.”

「昔の彼が今と同じとは限らないし、過去のことは私には正確にはわからない。私は今二十六才で、彼はたしか七十才だと思う。だから私は彼の若い頃を見ていないし、あなたもあまり私をあてにしないでね。もし私が知っているとしても、それをプレッティガウ中に広めたりしないでくれる。私は彼について知っていることをすべて説明できるだけ。彼の母はドムレシュク生まれで、彼もそうだった。」

“A bah, Dete, was meinst denn?”, gab die Barbel ein wenig beleidigt zurück; “es geht nicht so streng mit dem Schwatzen im Prättigau, und dann kann ich schon etwas für mich behalten, wenn es sein muss. Erzähl mir’s jetzt, es muss dich nicht gereuen.”

「ちょっと待ってよねえ、デーテ、ずいぶん含みのある言い方じゃない?」バルベルは少し気に障ったように答えた、「プレッティガウはそんなあっという間に噂が広まるような村じゃないし、秘密にしておかなきゃならないのなら、私だって黙っていられるわよ。さあ話してちょうだい、きっと後悔はさせないから。」

にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA