亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for 2月, 2001

山居

02.22.2001 · Posted in 漢詩

「釣月耕雲慕古風」に関しては 961208000306 などで考察して来たのだが,インターネットもずいぶん広くなったようで, 明確な出典が見つかった. 道元の漢詩だった. 思ったよりも古くて大物だったな.

山居(さんご) 
西来祖道我伝東 西来の祖道我東に伝ふ 
釣月耕雲慕古風 釣月耕雲古風を慕ふ
世俗紅塵飛不到 世俗の紅塵飛べども到らず 
深山雪夜草菴中 深山雪夜草菴のうち 

道元というひと,それからこの漢詩の前後の文脈から,だいぶはっきりしたことがわかる. おそらく「釣月耕雲」というのは,後世の人間どもがこねくりまわした「禅問答」じみた意味ではなくて,俗世間を離れた山奥の静かで質素な勤労生活のことを言っているのだと思う. つまりこの四行の詩は全体に非常に具体的で単純明快なことを言っているのであって,「釣月耕雲」の部分だけになにか深淵な謎がかけられているとは考えにくい. 「耕雲」というのはつまり雲が眼下に広がってるような高原の畑を耕している光景が思い浮かぶし,「釣月」というのは夜水面に映った月に釣り糸をたれているような感じがある. しかし,禅宗とか道元というのはかなり保守的な仏教のように思うので,魚を釣って食べたというのは少し考え難い. ここに疑問が残る. が,しかし,鎌倉仏教というものは,肉食はしなくとも川魚くらいは食べたかもしれん. 江戸時代までの日本人はだいたいそういうもんだし. 「紅塵」というのは繁華な市街の土ぼこり,つまり「俗塵」のこと. 山の上には俗世間の塵が飛んでもとどかないということだね.

台湾の高雄にも「曲橋釣月」という名所があるそうだ. しかし台湾の中国の歴史というのはせいぜい清朝からこちらだし,日本の植民地だったこともあるので,日本の禅宗の影響を受けている可能性は非常に高い. であるから,「釣月耕雲」というのは,すでに中国語にあった慣用句というよりは,道元の「独創」であるというので間違いないのではないか.

で,私の爺さんがなぜ「釣月耕雲慕古風」を掛け軸にしていたかということだが,禅はずいぶん好きだったようだし,そのころ京都に本部がある日本剣道連盟と喧嘩別れしたということもあったようだから,世俗の評判や名声などは気にかけず,田舎でひたすら古武道を探求する,というような心境だったのではなかろうか,と推察される.

松尾芭蕉が初めて句集を編んだのが「釣月庵」というそうだ.

追記: 道元 永平広録 巻十 偈頌

山居 はコメントを受け付けていません。