宣長の結婚

宣長が京都に五年間も遊学していて、宝暦7年9月19日 (1757/10/31)には師事していた堀景山が死去する。
それでようやく宣長も松坂に帰郷して、医者を開業し、嫁をもらうことになる。
景山の葬儀が宝暦7年9月22日 (1757/11/3)、その10日後には、暇乞いをして帰郷の準備を始めている。
この年はずっと景山の容態が悪く、宣長もかねて覚悟を決めていたのだろう。

翌宝暦8年、宣長は京都の医家への養子となる運動を始めている。
養子ということは、普通に考えれば婿養子になるということだろう。
子供が居るというのと、跡取り息子が居るというのはだいぶ違う。
まったく子供ができずに養子を取ることも、もちろんあっただろうが、
その場合でも結婚相手はなおさら自分では決められないだろう。
実の娘はなくても、おそらく親戚の娘か何かと結婚させられるだろう。

宣長はできれば郷里の松坂ではなく京都で開業したかったのだ。
しかし、それらの運動はうまくいかず、
宝暦9年10月 (1759/12/18)、同じ町内の大年寄、つまり松坂の名家の村田彦太郎の娘ふみとの縁談が起こる。

宝暦10年4月8日 (1760/5/22) 村田家に結納。
宝暦10年9月14日 (1760/10/22)、ふみと婚礼。
宝暦10年12月18日 (1761/1/23) ふみと離縁。
宝暦11年7月 (1761/8/29) 景山の同輩草深玄周の妹で、草深玄弘の娘・多美との縁談が起こる。
宝暦11年11月9日 (1761/12/4) 深草家と結納。
宝暦12年1月17日 (1762/2/10) 多美と再婚。

思うに、当時、結婚してみたけどダメだったので離婚した、ということは、比較的簡単にできたように思う。今の感覚とはだいぶ違うのではないか。
どちらかといえば、ふみの方が宣長を見限ったのではないのか。

確か、『家の昔物語』だったと思うが、宣長は、松坂には非常に富裕な農家がたくさんあり、贅沢に暮らしている、
などと書いているが、村田家もそうだったのではなかろうか。
妻が贅沢で金遣いが荒い。そして結局離縁していった。
だからわざわざ書き残したのではないか。
宣長の方は家は借金で整理して、江戸の店もたたんで、医者の仕事はまだ駆け出しで、
趣味の世界ばかり熱中している。
しかもヘビースモーカーだ(笑)。
こんな亭主なら見限りたくもなるのではなかろうか。

たとえば、宣長の妹も、宝暦6年12月12日 (1757/1/31)に結婚し、宝暦8年8月28日 (1758/9/29) に男子を生んでいるが、
宝暦8年11月20日 (1758/12/20)に男児は死去し、
宝暦9年1月 (1759/2/26) には離縁しているが、8月には復縁している。
なんだかよくわからない。

宝暦6年4月20日 (1756/5/18) 宣長は、まだ京都で遊学していた最中、法事のために松坂に帰省するが、
途中、津の草深家に立ち寄る。
宝暦6年5月10日 (1756/6/7) 復路再び草深家に立ち寄る。
縁談話が持ち上がる前に草深多美と出会う機会はこの二度しかなかった。
当時宣長は満26歳、多美は満16歳。
大野晋はこのとき宣長が多美に一目惚れした、多美を忘れられなかったので、わざわざふみと離縁してまで再婚したのだ、というのだが、ほんとうだろうか。
宣長が多美と出会った翌宝暦7年春、多美は津の材木商藤枝九重郎という人と結婚しているが、彼は宝暦10年4月26日に病死している。
多美が独身になったのは、宣長と村田ふみが婚約したのの直後ということになる。

宣長はそんなに多美と結婚したかったのだろうか。
少なくとも、多美を忘れられなかったから結婚しなかったのではなかろう。
宣長としては、京都に住み続けたかったから、京都の医師の娘と結婚しようとしていたのであり、
そのことの方がより重要だったと思う。
五年も京都に遊学してたのも、単に学問が好きだったというよりも、
婿養子先ができるのを待っていたのではなかろうか。
要するに今で言う就活だ。婿養子になる場合それと結婚が合わさる。

また、初婚に失敗した宣長と、同輩の妹で後家の多美の縁談が持ち上がったのも、自然のなりゆきという以上の理由はないのではなかろうか。
たった二度しかあったことの無い人とそんな簡単に恋に落ちたりするだろうか。

状況証拠的に言えば、
学業を終えてこれから家を構えて自分で飯を食っていかなくちゃならないので、まず京都の医者の娘と結婚しようとしたが、うまくいかなかった。
仕方ないので地元の金持ちの商家の娘と結婚したが、やはりうまく行かなかった。
仕方ないので、京都遊学時代の同輩の妹で、出戻りの女と再婚した。
と考えるのが普通ではないか。

仮に、宣長が、そんなドラマみたいな大恋愛をしたとすれば、それはおおごとだ。
国学界のコペルニクス的転回と言っても良いくらい、大変なことだ。

しかし、宣長の場合はいつの時代にも、誤解・誤読されてきた。
戦前も戦後も、今現在も同様だ。
時代ごとにその誤読のされ方が違うだけだ。
何でもかんでも「もののあはれ」という「イデオロギー」で解釈してしまって良いのか。それは危険ではないのか。
大野晋とか丸谷才一のように、この体験によって『源氏物語』を読み解く目が開けた、「もののあはれ」を知った、
などと言えるだろうか。

丸谷才一『恋と女の日本文学』

> それまでの経過を通じて宣長は、恋を失うことがいかに悲しく、行方も知れずわびしいかを知ったでしょう。また、人妻となった女を思い切れず、はらい除け切れない男のさまを、みずから見たでしょう。その上、夢にまで描いた女に現実に接するよろこびがいかに男の生存の根源にかかわる事実であるかを宣長は理解したにちがいない。また、恋のためには、相手以外の女の生涯は壊し捨てても、なお男は機会に恵まれれば自分の恋を遂げようとするものだということを自分自身によって宣長は知ったに違いありません。
この経験が宣長に『源氏物語』を読み取る目を与えた。『源氏物語』は淫乱の書でもない。不倫を教え、あるいはそれを訓戒する書でもない。むしろ人生の最大の出来事である恋の実相をあまねく書き分け、その悲しみ、苦しみ、あわれさを描いたのが『源氏物語』である。恋とは文学の上だけのそらごとでなく、実際の人間の生存そのものを左右する大事であり、それが『源氏物語』に詳しく書いてある。そう読むべきだと宣長は主張したかったに相違ないと、私は思ったのです。

どうもこの丸谷才一という人は、『新々百人一首』を読んでいても思うのだが、たんなる妄想・憶測を、
事実であるかのように断定する傾向にある。
ちょっと信じがたい。
というか、もし間違ってたらどうするつもりなのか。
そりゃまあ、ひとつのフィクションとして小説に仕立てるのなら、十分アリだろうけどさ。
しかし、リアリティに欠けるなあ。
大野晋にしても、「日本語タミル語起源説」とかかなり無茶な学説を提唱してたりするから。
もしかしたら嘘ではないかもしれないが、あまりにも強引過ぎる。

どちらかといえば、「もののあはれ」というのは、何かの観念にとらわれずに、
リアリズムとか、心に思うことをそのまま表現すること、という意味だと思うのだよね。
それは契沖から学んだ古文辞学的なところから導かれるもののひとつに過ぎないと思うよ。
なんかの恋愛観のことじゃないと思う。
恋愛感情が一番、心の現れ方が強く純粋だと言ってるだけでね。
『源氏物語』を仏教的に解釈したり儒教的に解釈するのではなく、ありのままに、人間の真情が、そのまま記されたものとして鑑賞しましょうよ、
と言ってるだけなんじゃないかなあ。
「もののあはれ」っていう信仰とか哲学があるわけじゃあないと思うんだ。

[宣長記念館](http://www.norinagakinenkan.com/norinaga/kaisetsu/kekkon.html)では、

> 離婚の理由は不明。草深たみへの思慕の情があったという人もいるが、恐らくは、町家の娘として育ったふみさんと、医者をしながら学問をやる宣長の生活には開きがあったためであろう。またこの結婚自体が、ふみさんの父の病気と言う中で進められたこともあり、事を急ぎすぎたのかもしれない。嫁と姑の問題も無かったとは言えまい。真相は誰も知らない。

> 離婚から1年半、宝暦11年7月、草深玄弘女・たみとの縁談話起こる。たみは、京都堀景山塾での友人の草深丹立の妹である。いったん他家に嫁いだが、夫が亡くなり家に戻ってきていた。宣長も宝暦6年4月20日には京からの帰省途中、草深家に遊び、引き留められ一宿したことがある。顔くらいは知っていたであろう

などと書いているが、「草深たみへの思慕の情があったという人もいる」というのは大野晋と丸谷才一のことだろう。
その説も知った上で、上記のような判断をしていると思う。
宣長と多美は顔くらいは知っていた、程度の知り合いだった。
至極もっともな解釈だと思う。

Visited 12 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA