裏柳生口伝

小池一夫原作の漫画「子連れ狼」(1970-1976)には主人公・拝一刀の

> 仏に逢うては仏を殺し、父母に逢うてはこれを殺し、祖に逢うては祖を殺し、
しかして、何の感情も抱かぬ、無字の境地に至れぬものか!

というセリフがある。
[こちらのサイト](http://d.hatena.ne.jp/terasawa_hawk/20140326/p1)
にはその英訳も掲載されている。

> Meet the Buddha, kill the Buddha. Meet your parents, kill your parents.
Meet your ancestors, kill your ancestors.

などと訳されているのがわかる。
映画「子連れ狼」(1972-1974)にも同様のセリフが出る
[いくらおにぎりブログ](http://blog.goo.ne.jp/langberg/e/4e9d5f60ed92ce18d1d6821a912e2a63)。

> 阿弥陀如来に申し上げる。我ら親子、六道四生順逆の境に立つもの。父母に会うては父母を殺し、仏に会うては仏を殺す。喝!

深作欣二監督の映画『柳生一族の陰謀』(1978年)では、柳生宗矩役の萬屋錦之介が

> 親に会うては親を殺し、仏に会うては仏を殺す。

と言い、同年テレビドラマ版『柳生一族の陰謀』では、柳生十兵衛役千葉真一の冒頭のナレーションで、

> 裏柳生口伝に曰く、戦えば必ず勝つ。此れ兵法の第一義なり。
人としての情けを断ちて、
神に逢うては神を斬り、仏に逢うては仏を斬り、
然る後、初めて極意を得ん。
斯くの如くんば、行く手を阻む者、悪鬼羅刹の化身なりとも、
豈に遅れを取る可けんや。

とある。
テレビドラマで「親に会うては親を殺し」は刺激が強すぎるのかもしれん。
「神に逢うては神を斬り」はこれが初出か。
いかにも日本的な言い回しではある。

『魔界転生』(1981年)では

> 神に会うては神を斬り、魔物に会うては魔物を斬る。

という言い回しがあり、『キル・ビル』ではやはり千葉真一がハットリハンゾウ役で

> 自惚れではなく、これは私の最高傑作。
旅の途上で、神が立ちはだかれば、神をも斬れるであろう。

などと言っている。これの源流は、臨済宗の祖、臨済の言葉を記した『臨済録』の中に出てくる以下のくだりであると思われる。

> 爾、如法の見解を得んと欲せば、但、人惑を受くること莫れ。
裏に向かい、外に向かひて、逢著せば、便(すなは)ち殺せ。
仏に逢うては仏を殺し、祖に逢うては祖を殺し、羅漢に逢うては羅漢を殺し、
父母に逢うては父母を殺し、親眷(しんけん・親族)に逢うては親眷を殺して、
始めて解脱を得ん。物と拘わらず、透脱自在なり。

[道流、爾欲得如法見解、但莫受人惑。向裏向外、逢著便殺。逢佛殺佛、逢祖殺祖、逢羅漢殺羅漢、逢父母殺父母、逢親眷殺親眷、始得解脱、不與物拘、透脱自在。](http://ja.wikiquote.org/wiki/%E8%87%A8%E6%B8%88%E7%BE%A9%E7%8E%84)

臨済という人はずいぶん過激な人だったようだが、禅宗由来と言われればたしかにそんな気がしてくる。

> 戦えば必ず勝つ。此れ兵法の第一義なり。

ここは深作欣二のオリジナルらしいが、孫子の兵法[形篇](http://kanbun.info/shibu02/sonshi04.html)

> 勝兵先勝而後求戦、敗兵先戦而後求勝。

「勝兵は先づ勝ちて而る後に戦ひを求め、敗兵は先づ戦ひて而る後に勝ちを求む」
が出どころであろう。

ところで頼山陽には「兵児の謡」という詩があって、前後に分かれているが、その前半は

> 衣至骭 袖至腕

腰間秋水鉄可断

人触斬人 馬触斬馬

十八結交健児社

北客能来何以酬

弾丸硝薬是膳羞

客猶不属饜 好以宝刀加渠頭

> 衣は骭(すね)に至り 袖腕に至る

腰間の秋水 鉄断つ可し

人触るれば人を斬り 馬触るれば馬を斬る

十八交を結ぶ健児の社

北客能く来らば何を以って酬いん

弾丸硝薬是れ膳羞

客猶ほ属饜(しょくえん)せずんば 好(かう)するに宝刀を以て渠(かれ)が頭に加えん

※秋水 よく切れる剣。日本刀の美称

※健児の社 薩摩藩が青年藩士のために設けた教育機関。

※膳羞 ごちそう

※属饜 飽きる

薩摩男子は、裾は脛まで、袖は腕までの短い粗末な服装だが、
腰に差した剣は鉄も切れるほどに鋭利である。
立ち向かってくるものがあれば、人だろうと馬だろうと何でもかまわず斬る。
十八歳になると健児の社に加わって同志と交わる。
薩摩の北から客が訪れれば、何をもって応対しようか。
弾丸や硝薬、これごちそう。
客がそれでも飽き足りないときには、頭に宝刀を加えて引き出物としよう。

ここで、人でも馬でも斬る、という形になっている。もともと薩摩の民謡を漢詩に翻案したもので、そのオリジナルは

> 裾は脛まで 袖は腕 腰の剣は鉄も断つ

人が触れば 人を斬り 馬が触れば 馬を斬る

若さを誓ふ 兵児仲間

> 肥後の加藤が来るならば 煙硝(えんしょう)肴に弾丸(たま)会釈

それでお客に足らぬなら 首に刀の引き出物

というようなものであったらしい。

「兵児の謡」の後半は、しかし、

> 蕉衫如雪不愛塵

長袖緩帯学都人

怪来健児語音好

一操南音官長瞋

蜂黄落 蝶粉褪

倡優巧 鉄剣鈍

以馬換妾髀生肉

眉斧解剖壮士腹

> 蕉衫雪の如く塵をとどめず

長袖緩帯都人を学ぶ

怪しみ来る健児語音の好きを

一たび南音を操れば官長瞋る

蜂黄落ち蝶粉褪す

倡優巧みにして鉄剣鈍し

馬を以て妾に換え髀肉を生ず

眉斧解剖す壮士の腹

※蕉衫 芭蕉布の服

※蜂黄落蝶粉褪 蜂の黄色い色は落ち、蝶の粉は色褪せてしまった。女色に退廃したようす。

※倡優 芸能

※眉斧 美人

衣服は真っ白で一点のちりも無く、
袖は長く、帯は緩く、都人の流行を真似ている。
健児らの言葉遣いも都びていて、
薩摩弁で話しかけると官長が怒り出すしまつ。
女色に溺れ、芸事は旨くなったが鉄剣は鈍い。
馬を妾に換えて股に贅肉が付く。
美人が壮士の腹を割いてしまった。

頼山陽は1818年、37歳頃に九州各地を漫遊している。
長崎から雲仙、熊本、薩摩と移動したようだ。
諸国を観察して、詩を作ったり、それを揮毫して小遣い稼ぎしたり、歴史を学んだりしたかったのだろう。
「肥後の加藤」とは清正のことだろうから、
秀吉の時代の歌であったのが、山陽が薩摩を訪れた江戸半ばすぎには、
島津家中の武士ですら、贅沢に馴れていた、というふうに鑑賞すべきである。

時に薩摩藩は島津重豪の時代で、開明的だが浪費家で、死後大赤字を残したことで有名だ。[鎌倉宮の謎](/?p=2323)参照。

小説も書いてます。
是非お読みください。
[人斬り鉤月斎](http://ncode.syosetu.com/n1097ch/1/)

Visited 23 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA