亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

蛍雪苦学の志を断って

出郷作 佐野竹之介

決然去国向天涯    決然国を去って天涯に向ふ
生別又兼死別時    生別また死別を兼ぬるの時
弟妹不知阿兄志    弟妹は知らず阿兄の志
慇懃牽袖問帰期    慇懃に袖をひいて帰期を問ふ

固く心に決めてふるさとを去り,異郷に向かう。 生き別れが死に別れを兼ねる時。 弟や妹は兄の志を知らず、 袖をひっぱって,帰る期日を親しげにたずねる。

述懐 大和田外記

東陽豈料封夷襄   東陽豈に料(はか)らんや封夷の襄
取義成仁在此間   義を取り仁を成すは此の間に在り
男子必非無激涙   男子必らずしも激涙なきに非ず
雲中泣指日光山   雲中泣いて指す日光山

偶成 武林唯七

三十年来一夢中    三十年来一夢の中
捨生取義幾人同    生を捨て義を取る幾人か同じき
家郷臥病双親在    家郷病に臥して双親あり
膝下奉歓恨不終    膝下歓を奉じて恨むらくは終わらざることを

百印百詩 頼三樹三郎

1 清晨

山青残月薄    山青くして 残月薄し
燈白古邨寒    燈白くして 古邨寒し
橋霜人未過    橋霜 人未だ過ぎず
満耳水珊々    満耳 水珊々たり

2 開窓

開窓何甚早    窓を開く 何ぞ甚だ早き
今日有清課    今日 清課有り
印士与吟人    印士と吟人
百詩戦百顆    百詩百顆を戦はす

3 汲泉

早起向華泉    早く起きて華泉に向えば
霜威如剣稜    霜威は剣稜の如し
北荒百川凍    北荒の百川凍てるも
有井独無氷    井有りて独り氷るなし

4 澆園

命僮汲門井    僮に命じて門井を汲み
潅樹遍庭隅    樹に潅ぐ庭隅に遍し
主人還自汲    主人もまた自ら汲んで
細潅石菖蒲    細やかに潅ぐ石菖蒲

5 炊煙

朝霞家百万    朝霞の家百万
炊靄四瀰漫    炊靄四方に瀰漫す
伏思明天子    伏して思う明天子
登台有御歓    台に登りて御歓有りしを

6 鴉出林

紅霞抹青嶂    紅霞は青嶂を抹し
鳥語感吾心    鳥語は吾が心を感ぜしむ
彼也雖禽鳥    彼また禽鳥といえども
毎晨知出林    毎晨林を出づるを知る

7 宿雲

杲々雖日出    杲々(こうこう)として日出づといえども
未遽離前峰    未だ遽かに前峰を離れず
莫乃類吾拙    すなはち吾が拙(つたな)きに類するなかれ
莫乃類吾慵    すなはち吾が慵(ものう)きに類するなかれ

8 煮茶

世貴口中蜜    世は口中の蜜きを貴ぶも
煮茶心思深    茶を煮て心に思うこと深し
終古無人識    終古 人の識るなし
玉泉嘗苦心    玉泉苦心を嘗めたるを

9 掃塵

男子霊臺裡    男子は霊台の裡
不容一點塵    容さず一点の塵も
何況窓幃際    何ぞ況や窓幃の際
亦須日々新    また須らく日々に新たなるべし

10 磨刀

文嬉到第九    文嬉は第九に到り
勢似捲風濤    勢いは風涛を捲くに似たり
刻雕喜明快    刻雕明快を喜び
不恠君磨刀    怪しまず君が刀を磨ぐを

11 賣花聲

韶風猶料峭    韶風なほ料峭として
殘雪擁山城    残雪は山城を擁す
今暁賣花去    今暁花を売りて去く
春生満市聲    春は満市の声に生ず

12 味無味

世上真佳境    世上は真の佳境
自従無味生    自づから無味に従って生ず
香篆烟颺影    香りは篆烟の影に颺る
山茶花落聲    山茶 花落つるの声

13 挿華

東籬折黄菊    東籬に黄菊を折り
瓶裏貯清秋    瓶裏に清秋を貯う
休言殺風景    言うを休めよ殺風景と
也是一風流    是また一風流

14 松桂心

磊砢無媚意    磊砢として媚びる意なく
淡潔有餘清    淡潔余清有り
松也将桂也    松かはた桂か
誰能得此情    誰かよくこの情を得たる

15 煙霞鑄痩容

汗漫無好句    汗漫として好句なく
愧對群仙顔    愧じて群仙の顔に対す
苦唫痩如隺    苦吟痩せて鶴の如く
猶自入名山    なお自ら名山に入る

16 鐡心石腸

黄金積如土    黄金は積んで土の如く
明眸媚似花    明眸は媚びて花に似たり
両皆無一思    両ながら皆一思なし
濯脚釣臺波    脚を濯ふ釣台の波

17 人澹如菊

月影如明水    月影明水の如く
秋香吹満家    秋香吹いて家に満つ
冷在東籬下    冷は東籬の下に在り
人邪将菊邪    人かはた菊か

18 霜鐘

西窓殘月落    西窓に残月落ち
霜気凍鐘聲    霜気に鐘声凍る
喚回十年梦    喚回すれば十年の夢
獨泊姑蘇城    独り泊す姑蘇の城

#

海月清風静
金波澹不流
無人賞此景
一擲付漁舟

#

驩然引太白 驩然として太白を引く
一百課成時 一百の課成るの時
寒詩與頑印 寒詩と頑印と
狂跡留天涯 狂跡は天涯に留めん

凾嶺を過ぐ 頼三樹三郎

当年意気欲凌雲  当年の意気雲を凌がんと欲す
快馬東に馳せて山を見ず  快馬東馳不見山
今日危途春雨冷  今日危途春雨冷やかに
檻車揺夢過函関  檻車夢を揺るがして函嶺を渡る

辞世 頼三樹三郎

吾が罪は 君が代おもふ まごころの 深からざりし しるしなりけり

獄中作 橋本左内

二十六年如夢過  二十六年夢の如く過ぐ
顧思平昔感滋多 平昔を顧思すれば感ますます多し
天祥大節甞心折 天祥の大節甞て心折す
土室猶吟正氣歌 土室猶吟ず正気の歌

苦冤難洗恨難禁  苦冤洗い難く恨み禁じ難し
俯則悲痛仰則吟 俯しては則ち悲痛仰いでは則ち吟ず
昨夜城中霜始隕 昨夜城中霜始めて隕つ
誰識松柏後凋心 誰か識る松柏後凋の心

陸奥宗光15才の作

朝踊暮吟十五年    朝踊暮吟十五年
飄身漂泊似難船    飄身漂泊難船に似たり
他時争得生鵬翼    他時争ひて鵬翼を生ずるを得ん
一挙排雲翔九天    一挙に雲を排して九天に翔けん

十五年間何不自由なく、踊り歌って遊び暮らしてきたが、 今、一家離散の憂き目に会い、まるで難破船のように漂流している。 いつか大鳥の翼をはやして、 一気に雲を突き抜けて九天を翔けめぐりたい。

自得翁・陸奥宗広

色にこそ名の数もあれ菊の花香はたヾ同じ香に匂ひつゝ
春ごとにつもる齢は老いぬれどひとり老せぬものも有りけり
もののふの八十氏人(やそうじひと)のつどひ来る御代の盛りも花にこそ見れ
あらし山花の盛りを来て見れば我はむなしく老いせざりけり

海行かば 波風荒し
山行かば 岩が根凝(こご)し
こヾしとして 山やはこえぬ
嵐とて 海やは行かね
浪風の しくにもあらず
岩が根の さやるにもあらず
とにかくに 苦しき道は 世の中の道

將東遊題壁 釋月性

男兒立志出郷關    男児志を立てて郷関を出づ
學若無成不復還    学もし成らざればまた還らず
埋骨何期墳墓地    骨を埋むるにいずくんぞ期せん墳墓の地
人間到處有青山    人間到る処青山有り

男子が志を立てて故郷を出たのだから、学問が成就しないうちは再び帰らない。 死んで骨を埋めるのにどうして墓が必要だろうか。 世の中いたるところに青く美しい山々があるというのに。

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.