亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

俳諧歌

一休

餅つかず しめかざりせず 松たてず かかる家にも 正月は来つ

生白庵行風

ともすれば 花の顔さへ 打ちちらす 風の手ぐせを 直してしがな

生白庵行風

野にたてる 夜風ひきてや 撫子の はなたれたりと 見ゆる朝露

木下長嘯子

人ごとに 腰折れ歌を 詠みおきて あたら桜を 杖にこそつけ

面壁の達磨
景樹

あまりにも 背きそむきて 世の中の 月と花とに またむかひけり

林子平

親も無く 妻無く子無く 版木無し 金も無けれど 死にたくも無し

大田南畝

秋の田の かりほの庵の 歌がるた とりぞこなつて 雪は降りつつ

宿屋飯盛

歌よみは 下手こそよけれ あめつちの 動き出だして たまるものかは

秋成

よひよひに 垣もる犬に おどされて にくくもいもを 思ひこそなれ

五代目市川団十郎

たのしみは 春の桜に 秋の月 夫婦仲良く 三度食う飯

景樹

山賤も うまき昼寝の 時ならし 瓜はむからす 追ふ人もなし

景樹

照る月に 夏を忘れし 木の間より おどろかしける 蝉の一声

蘆庵

あなさびし たぬ鼓打て 琴ひかむ 我れ琴ひかば たぬ鼓打て

橘曙覧

あるじはと 人もし問はば 軒の松 あらしと言ひて 吹きかへしてよ

橘曙覧

夕けぶり 今日はけふのみ 立てておけ 明日のたきぎは あす採りて来む

朱楽菅江

いつ見ても さてお若いと 口々に ほめそやさるる 年ぞくやしき

大田南畝

世の中に 蚊ほどうるさき ものはなし 文武といひて 夜もねられず

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.