河原院

投稿者: | 2014年3月18日

源融は嵯峨天皇の皇子だが、兄にあたる仁明天皇の養子になっている。
仁明天皇が皇后の子で、源融は庶出大原氏の子だから、この養子縁組は扶養の意味だろう。
河原左大臣こと源融が住んだ河原院はわりと豪勢な邸だったようだ。
源融の男子には源湛、源昇らがあったが、
昇が河原の院を相続し、河原大納言などと呼ばれている。
昇は生まれてすぐに光孝天皇の養子になっている。
昇の母は不詳とあるから、これもまた扶養目的だったように思う。
昇は宇多上皇の吉野御幸にも随伴している。
近しい側近という感じである。

河原院は昇が死ぬと宇多上皇に献上されたという。
理由は不明だが、おそらく、
河原院は融が仁明天皇の養子になったときに下賜されたものなのだろう。
河原院を昇が相続するにあたって改めて光孝天皇の養子となった。
昇の子は誰も天皇の養子にならなかったので、皇室に河原院を返上したのではないか。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA