亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for 8月, 2003

日露戦争物語

08.31.2003 · Posted in マンガ

江川達也が 「BE FREE」「ラストマン」「東京大学物語」と来て、 今は「日露戦争物語」。 教育モノが好きなんだね。 で、今は日清戦争にさしかかったところ。

江川達也が「王道の狗」を読んで影響を受けていたかどうかは微妙。 金玉均の描き方がまるで違うところをみれば、 おそらくは読んでないか。 では「坂の上の雲」を読んでいるかといえば、もちろんそうだろう。 司馬遼太郎は「坂の上の雲」を原作とした映画やらを禁じているそうだが、 原作というほど似てはいない。 しかし秋山真之が主人公なところはそっくりだがなー。

「坂の上の雲」では金玉均についての描写はあまりなかったような気がする。 一応全部通して読んだはずだが。

江川達也「日露戦争物語」 司馬遼太郎「坂の上の雲」 安彦良和「王道の狗」 を読み比べるというのはなかなかおもしろいんだが。 「坂の上の雲」は超ベストセラーで、 「日露戦争物語」もそこそこメジャーだと思うが、 ミスターマガジンに連載された「王道の狗」を読んでる人というのはきわめてまれだろう。 安彦良和は最初ガンダムのキャラクターデザイナーとして現れ、 それからアリオンという空想的というか浪漫的なギリシャ神話ネタの漫画を書いた。 はっきり言ってアリオンは大した漫画ではない。 ところがギリシャ神話を取材にギリシャに行って、 それからトルコでクルド人というのを知って、 「クルドの星」という漫画を書いたのだが、これがなかなかの傑作。 またトルコで日本近代史というものに開眼したのだと思われる。 日本神話にも関心を持ち神武天皇とか大国主の命の話も書いているが、 こちらはどうにもこうにも。 さらに幕末から日清戦争までを書いた「王道の狗」は傑作だと思うが、 ノモンハン事件あたりを書いた「虹色のトロツキー」はかなり異常で難解。 割と好きなのは「三河物語」で、 大久保彦左衛門と一心太助が大阪の陣に徳川方で参戦するという話。 これはメディア芸術祭か何かで賞をもらってたようだが、 知名度はほとんどないんじゃないか。

「王道の狗」は前振りをざっくり省略すれば、 自由民権運動で投獄され脱獄した主人公が金玉均の用心棒となり、 その遺志をついで日清戦争後も朝鮮でゲリラ活動を繰り広げるというもの。 「日露戦争物語」みたいに読んでわかった明治時代、みたいな書き方にはなっていない。

なんかとりとめのない話になってしまったな。

で、金玉均もそうだが陸奥宗光がまた。 PHP文庫に岡崎久彦「陸奥宗光」というのがあり、 また新潮文庫に角田房子「閔妃暗殺」というのがあるのだが、 読んでも読んでもようわからんのだが、 その中でも江川達也の描写というのはなかなか的確でわかりやすいなあと思った。 彼はそうとうに努力していると思う。

ただ、江川達也の書き方だと、 陸奥宗光も金玉均も、日本と清が一戦交えることで、 清、朝鮮でそれぞれ日本の明治維新のような改革が進んで、 日本、清、朝鮮の三国によって西洋による東洋の侵略をくい止めることができる、 と考えていたことになる。 それでいいんだろうか。

日露戦争物語 はコメントを受け付けていません。