実朝・鎌倉の歌。

投稿者: | 2010年1月1日

> 鶴の岡あふぎて見れば嶺の松こずゑはるかに雪ぞつもれる

> 八幡山こだかき松にゐるたづの羽しろたへにみ雪降るらし

> 八幡山こだかき松の種しあれば千とせののちも絶えじとぞ思ふ

鶴の岡、八幡山はいずれも鶴岡八幡宮のこと。

> かみつ毛の勢多の赤城の神やしろ大和にいかで跡をたれけむ

こちらは上野国勢多郡赤城山神社のこと。
しかし実際に現地に行ったかは不明。

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA