亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

京都巡り

06.13.2014 · Posted in 写真

DSC_0042

旅行に出かけて寺や神社に詣でるときには、 寺では鐘楼を、 神社では舞殿を撮るようにしている。 鐘楼を撮るのは「巨鐘を撞く者」を書いたからであるし、 舞殿を撮るのは「将軍放浪記」を書いたからである。

については以前も書いた。 上の写真は相国寺の鐘楼だ。 相国寺の近所に一泊した。 特に新しいとか珍しいものではなさそうだ。 相国寺は金閣寺や銀閣寺の総本山らしい。


DSC_0087

この写真は上賀茂神社の摂社の新宮神社というもので、 たまたま第二日曜日に参拝したので中まで見れたのである。 なかなか一般人が見る機会はないと思うが、 舞殿なのか拝殿なのかよくわからん。 というか、本殿があってそのそばに拝殿が作られ、 拝殿が舞殿としても機能するというのが古くからの使われ方だったと思う。

舞殿は、もともとは四本の柱で囲って〆縄をめぐらすものであったはずだ。 薪能の舞台もそうなっているし、相撲の土俵も古くはそうなっていたはずである。 石清水八幡宮で奉納される舞楽は今もそのようになっているようである。

したがって舞殿の柱は四隅に四本あるのが正しいのだということを、 これも以前舞殿というのに書いた。 なぜそこにこだわるかというと頼朝、政子そして鎌倉武士らに囲まれて静御前が舞を舞ったのは、 鶴岡八幡宮の回廊の真ん中に設置された、 四隅に柱を立ててしめ縄を引き回した一種の結界であったはずだと思うからだ。 それが舞殿の原点であるはずだ。

本殿は神の依り代であり、 人にとっては神の表象である。 神の依り代はかつては自然そのものであり、人の手によるものではなかった。 後に鏡などがご神体というアイコンとなり、本殿に納められた。 上賀茂神社では神山が、後にはそれを模した砂の山が神のアイコンであり、 社殿ができたのはずっと後のことである。 といってもその社殿の創建も奈良時代のことであるという。

拝殿は神に対面する人間のための結界なのである。 結界に入って神に対面する人は当然貴人である。 貴人というのはつまり特に選ばれて潔斎したものという意味である。 そして拝殿に神遊びする貴人の姿を周りの一般人が眺めるから拝殿は舞殿ともなるのだ。 本殿と拝殿がこのように位置しているのが本来の姿なのではなかろうか。 舞殿はしばしば参道のど真ん中に本殿を遮るように建てられている。 我々はしばしば舞殿を迂回して本殿に進まねばならぬ。 本殿、拝殿、舞殿が直列に分裂してしまったからである。 社殿や伽藍建築が次第に宗教的な権威となってしまった。 いずれにしても「本殿を拝む」とか「本殿が依り代」という感覚は本来おかしいわけである。 将軍放浪記冒頭、

段葛を進み朱塗りの鳥居を二つ三つくぐると、参道を遮るように舞殿が設けられている。白木造りの吹きさらし、檜皮葺の屋根はあるが壁はない。まるでこの、屋根と四本の柱と舞台で切り取られた空虚な空間が、鶴岡八幡宮の神聖なる中心、本殿であるかのようだ。

結局人間中心に考えれば、神社の中心は舞殿なのである。 それほど重要なものだからあのようにわざと邪魔なところにあるのだ。

この新宮神社の拝殿がまさに四本柱なので私はうれしくなったのだ。 しかも、四本では強度が不足するためにか、柱に添え木がついている。 面白い。

上賀茂神社は平安京遷都前からある由緒のあるもので、 京都が世界遺産になる理由の一つともなったのだが、 北のはずれにあるせいか観光客はほとんどいない。 ていうか、上賀茂・下鴨神社だけでなく、八坂神社、上御霊神社、下御霊神社、平安神宮など、 神社はいずれも修学旅行の定番ルートから外れているのだが、 いったいどういうわけなのだろうか。 そういや京都御苑もルートから外れているわな。 あ、北野天満宮はかろうじて入るのか、修学旅行だけにな。 今回はたまたま気が向いて清水寺にも行こうかとしたのだが、 あんなひどいところはない。 五条からの参道は狭くて車が多いし、 建物も江戸時代のものなのに国宝になっている。 見た目が京都っぽいってことだろうか。 京都七不思議の一つにすべきだ。 上賀茂神社などにお詣りしたほうがずっと気持ち良いはずだが、 逆に中学生や高校生がわらわらたかってないほうが良いともいえる。 実際ああいう連中は太秦の映画村あたりに連れまわして、 京都御苑や上賀茂神社からは隔離したほうが良いとはいえるのだが、 教育効果的にはどうかと思う。

上賀茂神社は日曜日だからか、のんびり結婚式などやっていた。

銀閣寺にも行ったが、ここも参道も中もかなりひどい。 しかし建物はよかった。 義政の時代のものが珍しく残っていて地味だが面白い。


DSC_0063

これはどこで撮ったのだったか。 たぶん下鴨神社に隣接するなんとかという末社だったと思うが、 やはり柱は四本のみ。


DSC_0076

三十三間堂には今まであまり興味がなかったのだが、 「西行秘伝」を書いたので見に行った。 法住寺。 すごいなこれは。 清盛が後白河に建ててやったものだが、 京都にはこういう平安時代の建築は案外残っていないものだ。 他に何かあっただろうか。 まったく思いつかない。 後白河が大喜びしているのに息子の二条天皇が落成式に来なかったのでがっかりしたという逸話を思い出す。


DSC_0081

中は撮影できないから外だけ写したが、 ここで矢通しをしたわけだ。 不思議なことをしたものである。 西行の時代に通し矢があったかどうか。 たぶんなかっただろう。


DSC_0070

寺町通の三嶋屋というところですき焼きを食べたのだが、 ランチだったが、ずいぶん散財した。 よくよく考えると京都はすき焼き発祥の地ではない。 牛肉を食うのは横浜が先だし、 それよりか前は両国広小路でももんじ屋というのが鹿や猪などの肉を食わせたはずなのだ。 だからわざわざ京都ですき焼きを食う必要はなかった。 上野のガード下でもつ焼きでも食ったほうが正統な気もするのだが、 なんか京都的大正ロマンみたいなものを満喫できたので良かったということにしておく。 両国広小路のことは成島柳北を主人公とした「江都哀史」というものを書こうとしていろいろ調べた。 そのことは「川越素描」にちょっとだけ出てくる。 いずれほんとに書いてみたいとは思ってる。


DSC_0047

ついでにどうでも良いことだが、 鴨長明の方丈というのが下鴨神社の隣の河合神社にあったので、 めずらしくて撮影した。 鴨氏というのは平安京遷都前から鴨川流域、つまり京都盆地に住んでいた豪族だろう。 鴨長明はその子孫だからこんなところに家が復元されているわけである。 河合とは賀茂川と高野川が合流する地点だからそういう名なのだろう。


Comments are closed