肺に水がたまるという

投稿者: | 2011年7月4日

例の症状だが、やっと、なんとか対処するコツを見つけた気がする。

水をがぶ飲みしてはいけないのだ。

水が飲みたくなったら、
肺の中にたぶん二、三リットル近く水がたまっている。まずこれを、
横になって腹を揉むなりして、気管支から食堂経由で胃へ送る。

一時的に水を出すのはこれでよい。しかし、水をがぶのみした状態だと、水はすぐに肺に戻る。
しかし、体が渇いた状態だと、肺には戻らない。肺が軽くなる。

ともかく水の摂取を控える。夏場は脱水症状が怖いのだが、しかし実際に肺には多量の水が入っているので、
これがなくなるまでは、脱水症状にまでなる可能性は低いのではないか。

六月に発症したのも、暑くなって、水やらビールをがぶ飲みし始めたからではないかと思えるのである。
デブは脂肪を燃やすために余計に水が要る、などという知識から、むやみと水を飲んだりした。
思えばあれもよろしくない。
それから、ビールのような低アルコールの大量に飲む酒とか。ビールには利尿効果があるようだが。

ともかく、息苦しいのも疲れるのもすべては肺に水が入っているからで、これを排出すればすべては解決するはずであり、
あとは、うまくつきあって行けばよいのではないか。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA