亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

春歌2

惜花

赤染衛門

つれづれと もの思ふことも 忘れけり いくかもあらじ 花を見る間は

伏見院

とまれかし 春こそかぎり ありとても 花は日かずを さだめやはする

宣長

いくばくも あらぬさくらの 花ざかり 雨な降りそね 風な吹きそね

宣長

いかばかり 憂き世なりとも 桜花 咲きて散らずば もの思ひなし

宣長

ひたすらに たれうきものと 歎くらむ 春は桜の 花も見る世を

宣長

桜無き こまもろこしの 国人は 春とて何に 心やるらむ

蘆庵

散りがたの 昨日の嵐 けふの雨 いかでか花の たへて残らむ

秋成

さくら花 うれしくもあるか この夕べ 嵐にかへて 小雨そぼふる

定家

都べは なべてにしきと なりにけり 桜を折らぬ 人しなければ

散花

詠み人知らず

散ればこそ いとど桜は めでたけれ 憂き世に何か 久しかるべき

景樹

うぐひすの 鳴くなる宿に 来てみれば 雪とのみ散る やまざくらかな

過ぎし春上野にて花見侍りし時「けふ見る花やかぎりならまし」と言ひしことを思ひ出でて
最忍法師

うつろふや 今年は花に さき立ちて 散るをば見じと 思ひしものを

真淵

さくら花 花見がてらに 弓いれば ともの響きに 花ぞ散りける

残花少
景樹

残り無き 我が世の春に くらぶれば 散りたる花は すくなかりけり

景樹

世の中は かくぞかなしき 山ざくら 散りしかげには 寄る人もなし

蘆庵

花はみな 散りはてにけり 今よりは 何にまぎれて 春をすぐさむ

定家

恨みても かひこそなけれ ゆく春の 帰るかたをば そこと知らねば

定家

散りまがふ 花に心の あくがれて 分け入る山の ほども覚えず

浮かれ心

肖柏

よしやまた まれなる花の ひと盛り 浮かるる身をも 人な咎めそ

肖柏

ひとたびは とへかし宿の 桜花 浮かるるほどの 色はなくとも

油谷倭文子

昔より 神も諫めぬ わざならし 花に浮かるる 春の心は

景樹

春の野の うかれ心は 果てもなし とまれと言ひし 蝶はとまりぬ

景樹

青柳に けさ吹く風に 心あらば ことしは花も 乱さざらなむ

熊谷直好

春風に 身をまかせたる 青柳の 心はいかに のどけかるらむ

光厳院

夕暮れの 春風ゆるみ しだりそむる 柳がすゑは うごくともなし

伏見院

末たるる 柳のいとを つたふ雨の しづくも長き 春の日ぐらし

宗尊親王

ふるさとの 池の堤の 柳原 さすがに春は 忘れざりけり

北条泰時

年へたる 鶴の岡べの 柳原 青みにけりな 春のしるしに

御製

春きぬと 柳の糸は なびけども くる人もなき 宿のしづけさ

秋成

都辺は ちまたの柳 園の梅 かへり見多き 春になりけり

俊成

手弱女の 夜戸出の姿 思ほえて 眉より青き 玉柳かな

俊成

春雨に 玉ぬく柳 風吹けば 一かたならず 露ぞこぼるる

俊成

そのにほひ その色としも なけれども 春の柳は なつかしきかな

秋成

大寺の 門辺に立てる 古柳 土掃くまでに 枝は垂れにけり

秋成

九重も 近くやなりぬ 道広き ゆくてにもゆる 春の青柳

ひな祭り

井上文雄

をとめごが かしづくみれば いもとせの 紙ひひなとぞ いふべかりける

節分

景樹

家ごとに なやらふ声ぞ 聞こゆなる いづくに鬼は すだくなるらむ

幽居有余楽
伴蒿蹊

世ばなれて のどかにすめる 山水に このごろ桃の 花も浮かべり

苗代水

御製

しづの女が 袖うちぬらし 苗代に 水せきかへす 春の小山田

御製

苗代の 水の蛙も 釣るばかり 門田の柳 いとたれてける

御製

せき入るる 水にも花は 流れけり 春のどかなる 小田の苗代

古墳の花
秋成

しめはへし 苗代小田に かげ見えて 年ふる塚の 花も咲きけり


秋成

(あた)守る 飛火絶えにし 春日野に ただ新草の もゆるをぞ見る

宮川松堅

老いまさる ことをいとひし きのふをも もの忘れして 春ののどけさ

景樹

野も山も かすみこめたる 大空に あらはれわたる 春の色かな

良寛

いづくより 夜の夢路を たどり来し 深山は未だ 雪の深きに

良寛

かすみ立つ 長き春日に 子供らと 手まりつきつつ この日暮らしつ

良寛

この里に 手まりつきつつ 子供らと 遊ぶ春日は くれずとも良し

良寛

この宮の 杜の木したに 子供らと 遊ぶ春日に なりにけらしも

かへし
貞心尼

これぞこの ほとけの道に 遊びつつ つくや尽きせぬ みのりなるらむ

かへし
良寛

つきてみよ ひふみよいむなや ここのとを とをとおさめて またはじまるを

真淵

霞立つ 春野のひばり 何しかも 思ひあがりて ねをや鳴くらむ

後水尾院

分けみれば おのがさまざま 花ぞ咲く ひとつ緑の 野べの小草も

山吹

景樹

山吹の 花ぞひとむら 流れける いかだのさをや 岸に触れけむ

加納諸平

棹ふれし 筏は一瀬 過ぎながら なほ影なびく 山吹の花

橘曙覧

すくすくと 生ひたつ麦に 腹すりて つばめ飛び来る 春の山はた

大隈言道

いづくにか わが身来ぬると 思ふらむ 市にまろべる 奈多(なだ)の蛤

正徹

あはれにも のきばの燕 来鳴くなり 去年も巣かけし 宿を尋ねて

正徹

葉も青く はちすの花の さかりにて 燕飛ひかふ 池の涼しさ

景樹

語らはむ 友にもあらぬ 燕すら 遠く来たるは うれしかりけり

つつじ

宗尊親王

明日からは 行き来の人も かざすらむ 岡辺のつつじ 今盛りなり

郁芳門院安芸

山風に 咲けるつつじは 佐保姫に たが脱ぎかけし ゆるし色かも

井上文雄

片岡の 道の小寺の つつじ垣 ほろほろ散りて 人影もなし

惜春

よみ人しらず

かかるとき あらじと思へば ひととせを すべては春に なすよしもがな

相模

その方と 行方知らるる 春ならば せきすゑてまし 春日野の原

和泉式部

世の中は 暮れゆく春の 末なれや 昨日は花の 盛りとか見し

俊成

世の中を 歎く涙は 尽きもせで 春は限りに なりにけるかな

宗祇

これやその わかれとかいふ 文字ならん 空にむなしき 春のかりがね

藤原為家

今ひと日 あらましかばと 思ふにも 春のかぎりの 雨ぞかなしき

宗良親王

飽かで散る 花のまぎれに 別れにし 人をばいつの 春かまた見む

宗良親王

いかばかり 今年は春の 惜しみけむ 惜しみなれにし 人の別れを

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.