亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

酒歌

柿本人麻呂

春日なる みかさの山に 月のふね出づ みやびをの 飲むさかづきに かげに見えつつ

大伴旅人

しるしなき 物を思はずは 一坏の 濁れる酒を 飲むべくあるらし

大伴旅人

もだ居りて 賢しらするは 酒飲みて 酔ひ泣きするに なほしかずけり

大伴坂上郎女

酒坏に 梅の花浮け 思ふどち 飲みての後は 散りぬともよし

藤原仲実

薄く濃く 今日咲きあへる 桃の花 酔ひを勧むる 色にぞありける

宗良親王

唐人の 弥生の春の 酔ひに乗りて 浮かべし舟の あとをたづねむ

年賀に歩く人を見て
大田南畝

生酔ひの 礼者を見れば 大道を よこすぢかひに 春は来にけり

大田南畝

朝もよし 昼もなほよし 晩もよし その合々に ちょいちょいとよし

かへし
田中久三

にごれるも すみて清きも 色濃きも 泡立ちたるも 酒はみな良き

田中久三

日の本や こまもろこしと とりよせて よろづの酒を 飲みてしやまむ

大田南畝

のみつくせ いざこれからは 四斗樽 傾くまでの 月をこそ見め

牡丹
大田南畝

咲きしより うつらうつらと 酒飲みて 花のもとにて 廿日酔ひけり

七賢人の図に
大田南畝

竹林に やぶ蚊の多き ところとも 知らでうかうか 遊ぶ生酔ひ

大田南畝

世を捨てて 山に入るとも 味噌醤油 酒の通ひぢ なくてかなはじ

大田南畝

屠蘇の酒 曲水花見 月見菊 年わすれまで のみつづけばや

大田南畝

寒き日は 酒売る門に群れゐつつ さかなもとめて 酔へる市人

大田南畝

品川の 海にいづこの 生酔ひが ひらりとなげし 盃のかげ

大田南畝

さかづきを むかふの客へ さしすせそ いかな憂ひも わすらりるれろ

大田南畝

玉だれの 小がめの酒を くみ見れば あめが下みな 養老の滝

大田南畝

好きならば 随分酒は 飲むがよし のまで死んだる 義朝もあり

大田南畝

盃に 飛び込むのみも のみ仲間 洒のみなれば 殺されもせず

返し
のみ

飲みに来た おれをひねりて 殺すなよ のみ逃げはせぬ 晩に来てさす

返し
大田南畝

口ゆゑに 引き出だされて ひねられて 敷居まくらに のみつぶれけり

大田南畝

高砂の 尾上のさくら 咲きにけり ここからなりと みつつのまばや

大田南畝

世の中は 色と酒とが かたきなり どうぞ敵に めぐりあひたい

大田南畝

酒ぐらは 鎌倉河岸に たえせじな とよとしまやの 稲の数々

大田南畝

酒をのむ 陶淵明が ものずきに かなふさかなの 御料理の菊

大田南畝

けさぞ文 つかひは来たり 酒かふて 頭の雪の 花やながめん

大田南畝

淡路島 かよふ千鳥の なくこゑに 又ね酒のむ すまの関もり

蘆庵

世の憂さも 忘るる酒に 酔ひしれて 身の愁へそふ 人もありけり

大隈言道

なき時は なくていくかか 過ぐすらむ ある日は酒の あるに過ぎつつ

大隈言道

春雨の こさめさびしみ 瓢さへ ふるに音せぬ 夕ぐれの宿

大隈言道

月きよみ 酒はと問へど をとめども ゑみてこたへも なげにみゆ也

大隈言道

三日月の 入るをみるまも なぐさめの なきにはまさる 酒の一坏

橘曙覧

とくとくと 垂りくる酒の なりひさご うれしき音を さするものかな

橘曙覧

煖むる 酒のにほひに ほだされて 今日も家路を 黄昏にしつ

橘曙覧

なりひさご 市より取りて くる酒も おのが夜さむは 温めぬなり

橘曙覧

たのしみは とぼしきままに 人集め 酒飲め物を 食へといふ時

橘曙覧

たのしみは 客人えたる 折しもあれ 瓢に酒の ありあへる時

橘曙覧

たのしみは 雪ふるよさり 酒の糟 あぶりて食ひて火にあたる時

橘曙覧

顔をさへ もみぢに染めて 山ぶみの かへさに来よる 人のうるささ

秋成

我が岡の 林の梅を 宮人の 酒に浮かべて 我にたまはす

中山三屋子

過ぎもせず 足らぬ事なき ほどをこそ はかりて酒は 酌むべかりけれ

大村益次郎

朝顔の 花のやうなる コップにて 今日も酒酒 明日も酒酒

田中久三

屋根の音 高くしぐるる 夜半にしも ひとつところに 酔はましものを

田中久三

酔ふ人の ちまたに満つる 年の瀬に なぞ楽しまぬ 我が心かな

田中久三

いかにせむ 家に籠もりて 独り酒 飲まばなべての 初春の頃

田中久三

ぬばたまの 夜のちまたに いちびとら けふもつどひて 酒にたはぶる

田中久三

しづのをは 友をつどへて をちこちの 店をめぐりて 酔ひあかすらむ

田中久三

しづのをは こよひの酒に 酔ひ果てて いづちにありとも おぼえざるらむ

田中久三

さけのみて たのしかりけむ しづのをは 持ちたる金を みな使ひけり

田中久三

夕されば やうやく店は 開きつつ まずはいづちへ 行くべかりける

田中久三

夜ごと飲む 費えはさすが おほけれど 他にこれてふ たしなみもなし

田中久三

ひとたびは ふすまかぶりて ねむれども 酒抜けぬれば 起きいでにける

田中久三

酒飲まで 秋の長夜の つれづれを いかに過ぐすや 酒飲まぬ人

田中久三

夏の夜に 町を歩きて そこここの 店をくぐらば 楽しかるらむ

田中久三

ゆふされば けふもをちこち 飲み歩く 武蔵野の原 相模野の原

田中久三

秋や来ぬ 夏や過ぎぬと 酒飲めば こよひも汗の ふき出づるかな

田中久三

酒飲みて やましと思ふ むらぎもの 我が心こそ たのめざりけれ

田中久三

盃を 重ぬるまでの かひもなし 飲みて楽しき 酒にしあらねば

田中久三

煮こごりも やがて融けぬる 暑さにて こほりを入れて 冷や酒を飲む

田中久三

酒もなく 浮かれ歩きも たはぶれも あらぬ一日は のどけかりけり

田中久三

このごろは つひへもおほく なりければ 酒飲むならひ やめましものを

田中久三

朝と夜 酒を飲めると 飲まざると 人の心の かくもうつろふ

田中久三

寝覚めして ふすまかぶりて あれこれと 朝はもの思ふ ときにこそあれ

田中久三

寝覚めして 起き出でもせで つらつらと きのふのことを 思ひ出だしつ

田中久三

よべのこと 思ひ出づれば あさましき ここちのみする 浮かれ歩きか

田中久三

酔ひは抜け 夜も明けぬれば 楽しきと 思ひしことの 憂ひとぞなる

田中久三

うらもなく 飲みてかたらふ 人もがな わがつねづねの 憂さも聞かせて

田中久三

酒を飲む 我はたれなる 酔ふてふは うつつにかあらむ 夢にかあるらむ

田中久三

酔はむとて 酔ひしよはには あらねども 月の姿も 定かにはあらず

田中久三

飽き果てぬ 酒に心の 失せぬ間に 酒なき里に うつり住ままし

田中久三

あさか山 かげさへ見ゆる 山の井の 浅くぞ酒に 酔ふべかりける

田中久三

酔はばとて 秩父の山の いはが根の いはずもありなむ よしなし事は

田中久三

雨降れば 湯気にくもれる 窓の戸の 酔ひて心の などか晴れざる

田中久三

世の中に 酒てふものの なかりせば 花は散るとも のどけからまし

田中久三

いづこにか 酒をのがれむ みよしのの 奥にも酒は ありてふものを

田中久三

けふも酒 明日もさけさけ むらぎもの 心のぬしは 酒にこそあらめ

田中久三

たなつもの 醸し作れる うまざけに わが酔はばこそ けふは終はらめ

田中久三

飲みのみて 屋根うつ雨の 音高し 傘はなければ 借るべかりける

田中久三

立ち飲みに 並べる人の 四方山の たはごと聞くも あはれなりけり

田中久三

妻や子や 親はらからが 諫むれど 呑ままほしきは 酒にぞありける

田中久三

身をこはし 心もくるふ ものなれど 夜ごと飲までは をられぬが酒

田中久三

飲む前は 飲まじと思ふ 飲めばとく やめんと思ふ されどすべなし

田中久三

夢うつつ 酒を飲めると 飲まざると いづれかおのれの まことなるらむ

田中久三

紅き塵 振り払ひつつ 降り積もる 巷を今日も 飲み歩きつつ

田中久三

酒飲みて 何をか悔ゆる 飲まずとて 生くるかひなき 愚かなる世は

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.