楠公銅像

投稿者: | 2009年12月30日

自臣祖先友信開伊
豫別子山銅坑子
孫継業二百年亡
兄友忠深感國恩
欲用其銅鋳造楠公
正成像献之闕下
蒙允未果臣継其志
薫工事及功竣謹献
明治三十年一月
従五位臣住友吉左衛門謹識

※「臣」は小字。

読み下し

臣の祖先・友信、伊豫・別子山銅坑を開きてより、
子孫、業を継ぎ二百年、
亡兄・友忠、深く国恩を感じ、其の銅を用いて楠公正成の像を鋳造し、
之を闕下に献ぜんと欲するも、
允(ゆる)しを蒙むりて未だ果たさず。
臣、其の志を継ぎ、工事を薫し、功竣に及び、謹しみて献ず。

明治三十年一月

従五位 臣住友吉左衛門、謹みて識す

現代語訳

私の祖先・友信(住友友信 (1647 – 1706) 住友家3代当主)が伊予国・[別子銅山](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%A5%E5%AD%90%E9%8A%85%E5%B1%B1)を開いて以来、
子孫は代々二百年の間その業を継ぎました。
私の亡くなった兄・友忠(住友友忠 (? – 1890) 住友家13代当主)は、深くその国恩を感じ、
その銅を用いて楠木正成公の像を鋳造し、
朝廷の城下に献上しようと思い、その許可はいただきましたが未だ果たさずにいました。
私はその亡き兄の志を継ぎ、工事を監督し、竣功に及んだので、ここに謹んで献上します。

明治三十年一月

従五位 私、住友吉左衛門([住友吉左衛門](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%8F%8B%E5%90%89%E5%B7%A6%E8%A1%9B%E9%96%80) (1865 – 1926) 住友家15代当主[住友友純](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%8F%8B%E5%8F%8B%E7%B4%94)が、謹んで記します。

参考

[幕末維新懐古談 楠公銅像の事 高村光雲](http://www.aozora.gr.jp/cards/000270/files/47006_26577.html)

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA