上野大震災視察碑文

大正十二年九月十五日
攝政殿下大震災ノ惨状御
視察ニ際シ畏クモ此地ヨ
リ御展望遊サレ被害ノ情
況ヲ聞召サル越エテ七歳
昭和五年三月二十四日
天皇陛下此二臨御アラセ
ラレ親シク街衢ノ復興ヲ
矕ハセ給フ乃チ石ヲ此處
ニ樹テ以テ 聖恩ヲ不朽
ニ傳ヘントス



大正十二年九月十五日摂政殿下(昭和天皇)大震災ノ惨状御視察に際して畏くも
この地よりご展望遊ばされ、被害の情況を聞こし召さる。
越えて七歳、昭和五年三月二十四日、天皇陛下此こに臨御あらせられ、
親しく街衢(がいく。町のちまた)の復興をみそなわせたまう。
乃ち石をここに建てて、聖恩を不朽に伝えむとす。

「攝政殿下」「天皇陛下」に[闕字](http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E6%96%87%E6%9B%B8#.E9.97.95.E5.AD.97)が使われている。

Visited 22 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA