亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

Archive for 6月, 1997

三茶都議選事情

06.29.1997 · Posted in 雑感

うちのとなりは今マンションの建設工事中だ. 朝 8 時きっかりにラジオ体操. そのあと朝礼らしきもの. それから工事開始でずいぶんやかましい. それと同時に活動を開始するのが「女性党」だ.

女性党,女性党,世の中はこのままでいいのでしょうか. 私達は立ち上がりました. やさしくおもいやりのある政治を…

やさしくおもいやりのある政治をやろうってんなら, 朝 8 時から街宣すんなっ! ぼけ!

青年自由党. これはなかなか気持ちが悪い. 「私達は日本の歴史を大切にします」 うん,ここまではいい. 「これまで日教組の先生方は,日の丸や君が代を否定してきました」 うん.私も日教組は嫌いだ. 特に高校んときの現代社会の教師が, 授業中に思想教育まがいの蘊蓄たれてんのがすっげーいやだったなあ. 批判の能力も機会もない高校生に一方的に価値観おしつけんなよな! それはそうと.「親孝行しましょう」 ? なんだそれは. 親孝行と国の政治をどう結びつけようというのか. 党の旗というかのぼりを, 応援団か何かのように, 腕を垂直に前に出して,直立不動,大事そうにもっているのである. これはけっこう気持ち悪い. さらに,拡声機を使わずに,スローガンを叫びながら大勢で 行進してるのである. うーむ. どうしてそんな極端に走らなきゃならないかな.

共産党は,支部の一階にシートを敷いて, 近所のおばさんらしい連中がなにやら内職風の作業をしてる. そういう手作り的というか,家庭的雰囲気を人にみせびらかす必要があるのか. 無理に演出しているようで,かえって不快だ. 共産党は, 自分だけが野党でありつづけることに存在意義を見出しているかのようだ. それも何かいやだ.

この共産党の支部はうちからすぐそこだが, ときどき共産党を攻撃する街宣車がきて, いいたいことをひとしきり大声でしゃべりまくる. そういうことがときどきある. これもなあ. 共産党を批判したい気持ちは分かるが, あまり効果がないような気がする. かえって同情ひいちゃうんじゃない?

公明党関係の知り合いから電話が来た. いまは「公明」って言うんだっけ? 新進党との関係はどうなったんだ. 電話で勧誘して,どうしようってんだろう?

三茶都議選事情 はコメントを受け付けていません。

日本赤軍の女

06.02.1997 · Posted in 雑感

昨日週刊アスキーを GET しようと思ったら見当たらない. もしかして今日発売? 体が週刊誌を読みたい状態になってたので, 仕方なく週刊新潮と週刊文春を買う. 週刊新潮「たかが,されどテレビ」というコラムで, ある日本娘がテルアビブ空港でテロリスト扱いされたという話. 他の乗客と隔離され, 兵隊のような男に銃を突き付けられたまま連行され, 飛行機でもずっとその兵隊と一緒だったそうだ. そりゃあ生きた心地もしなかったでしょうね. なんでも化粧もせずスッピンだったので日本赤軍に間違われたそうな(大爆笑). 久しぶりに笑かせてもらいました. きっとマニュアルに書いてあるんだな. こうこうこういうみなりの日本女性は日本赤軍だ. とか. 男だとサラリーマン風を装った方がいいんのかな. 私も一度シカゴ空港で捕まったことがあって. エディーマーフィーみたいな顔の警備員に 「domestic airline はどこですか?」と聞いたら, どうもみなりがみすぼらしすぎたのがいけなかったらしいのだが, 「何日滞在するんだ」 「一週間です」 「荷物が少なすぎる.服はどうする」 「そのうち買います」 とかってしばらく尋問されて, 国際会議の資料などを見せたらようやく信用されたのでした. 私は荷物は最小限にして服は現地調達. 帰りにおみやげ代わりにもって帰る. という方針なのですね.

しかしこの女性は敬虔なクリスチャンだったそうで. かわいそうな話ではある. 外国では化粧をしない清楚な日本女性とは思ってくれないんだなぁ. 化粧はどのくらいすればいいかって私の好みでいえば, 口紅とクリームくらいかな. 匂いのきつくない.

今朝の日経では,どうも大使館関係者らしい人が, イスラエルのオスマントルコ時代の鉄道の跡をいろいろ探して廻ったという 物好きな話が載っていたが, あちこちでパレスチナ人やイスラエル人に尋問されたという. 物騒な話である. 列車にはマシンガンを持った治安要員が二人乗っていて, 爆弾が仕掛けてないか,床にはいつくばって調べるんだそうだ. いやはや物騒な国だ.

これは週刊文春の方の記事だが. 役所広司という人は私と同郷,つまり諌早の人らしいのだが, それはともかく. 「うなぎ」がグランプリを受賞したのは, フランス人がアメリカ映画を嫌っているからだ,と受賞した監督が言っていた. ふーん. まあアメリカ映画は純粋に娯楽だから. こないだ「ツイスター」見たけど. なんも考えずに楽しめるわな. 子供の離乳食みたいなもんだ. この監督はお金をかけた映画というもんは肯定してて, お金は使わないよりは使った方がいい. どんどん集めてどんどん使ってどんどん儲けてどんどん作るべきだ. と言う. 私も,お金のかかる研究は否定しない(笑).

追記: 尋問されたのは、みなりというよりは、ホテルの予約がなかったからだろう。

日本赤軍の女 はコメントを受け付けていません。