日本赤軍の女

投稿者: | 1997年6月2日

昨日週刊アスキーを GET しようと思ったら見当たらない.
もしかして今日発売?
体が週刊誌を読みたい状態になってたので,
仕方なく週刊新潮と週刊文春を買う.
週刊新潮「たかが,されどテレビ」というコラムで,
ある日本娘がテルアビブ空港でテロリスト扱いされたという話.
他の乗客と隔離され,
兵隊のような男に銃を突き付けられたまま連行され,
飛行機でもずっとその兵隊と一緒だったそうだ.
そりゃあ生きた心地もしなかったでしょうね.
なんでも化粧もせずスッピンだったので日本赤軍に間違われたそうな(大爆笑).
久しぶりに笑かせてもらいました.
きっとマニュアルに書いてあるんだな.
こうこうこういうみなりの日本女性は日本赤軍だ.
とか.
男だとサラリーマン風を装った方がいいんのかな.
私も一度シカゴ空港で捕まったことがあって.
エディーマーフィーみたいな顔の警備員に
「domestic airline はどこですか?」と聞いたら,
どうもみなりがみすぼらしすぎたのがいけなかったらしいのだが,
「何日滞在するんだ」
「一週間です」
「荷物が少なすぎる.服はどうする」
「そのうち買います」
とかってしばらく尋問されて,
国際会議の資料などを見せたらようやく信用されたのでした.
私は荷物は最小限にして服は現地調達.
帰りにおみやげ代わりにもって帰る.
という方針なのですね.

しかしこの女性は敬虔なクリスチャンだったそうで.
かわいそうな話ではある.
外国では化粧をしない清楚な日本女性とは思ってくれないんだなぁ.
化粧はどのくらいすればいいかって私の好みでいえば,
口紅とクリームくらいかな.
匂いのきつくない.

今朝の日経では,どうも大使館関係者らしい人が,
イスラエルのオスマントルコ時代の鉄道の跡をいろいろ探して廻ったという
物好きな話が載っていたが,
あちこちでパレスチナ人やイスラエル人に尋問されたという.
物騒な話である.
列車にはマシンガンを持った治安要員が二人乗っていて,
爆弾が仕掛けてないか,床にはいつくばって調べるんだそうだ.
いやはや物騒な国だ.

これは週刊文春の方の記事だが.
役所広司という人は私と同郷,つまり諌早の人らしいのだが,
それはともかく.
「うなぎ」がグランプリを受賞したのは,
フランス人がアメリカ映画を嫌っているからだ,と受賞した監督が言っていた.
ふーん.
まあアメリカ映画は純粋に娯楽だから.
こないだ「ツイスター」見たけど.
なんも考えずに楽しめるわな.
子供の離乳食みたいなもんだ.
この監督はお金をかけた映画というもんは肯定してて,
お金は使わないよりは使った方がいい.
どんどん集めてどんどん使ってどんどん儲けてどんどん作るべきだ.
と言う.
私も,お金のかかる研究は否定しない(笑).

追記: 尋問されたのは、みなりというよりは、ホテルの予約がなかったからだろう。

カテゴリー: 未分類
にほんブログ村 酒ブログへ 居酒屋ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA