亦不知其所終 田中久三 aka 田中紀峰のサイト。

宣長の花の歌。おもに桜。

花ゆゑも 神のいがきは こえぬべし 咲く一枝の 折らまほしさに

ことさらに ことしげき世を 逃れても 見るべきものは 桜なりけり

老いぬれば 何につけても いとふ身を 花には飽かぬ この世なりけり

もろともに 花もさびしと 思ふらむ 我よりほかに 見る人もなし

思ふどち 花にまどゐを すがの根の 長き春日も 暮るる木の下

うゑて見る 若木の桜 ならふなよ 老いの春まで 花咲かぬ身に

花見れば 千代の春もと 思ふかな ふるにかひなき 山がつの身も

あはれとも 思はば散るな 桜花 五十路の春も 馴れて見る身を

花に暮れ 花にぞ明かす 夜までも 昼見し色の 夢に見えつつ

ほどもなし 花散るまでは よしの山 捨てぬ憂き世も 捨ててこそ見め

咲きしより 花になりぬる 心とて 四方の山辺に 散らぬ日ぞなき

夜もなほ 夢路にだにと 見し今日の 花染衣 かへしてぞ寝る

なかなかに 月もなき夜は さくら花 定かに見つる 思ひ寝の夢

語らばや 誰と知らねど 咲く花に とまるも同 じ今日の心を

花を思う

花はまだ 咲くとなけれど 宿借りて 名もなつかしき 桜井の里

山高み 雲かと見えて をちかたに 咲くは心に かかる桜か

願はくは 花のもとにて 千代も経む そのきさらぎの 盛りながらに

花を待つ

桜花 まつにつれなき こずゑかな 人たのめなる かすみのみして

のどかなる あたら春日を 花も見で 咲くを待ちつつ いくか経ぬらむ

待ちわぶる 桜の花は 思ひ寝の 夢路よりまず 咲きそめにけり

待ちわびぬ 桜の花よ とく咲かば とく散りぬとも よしや恨みし

待ちわびぬ けふ色見せよ 桜花 明日は散るとも さらは恨みじ

初花

咲きぬやと 野にも山にも あくがれし 心はかへる 庭のはつ花

花と契る

待ち侘びて 咲かぬ日頃を 恨むかな いつとは花の 契らざりしを

忘るなよ わがおいらくの 春までも 若木の桜 うゑし契りを

飽かぬ花

めずらしき こまもろこしの 花よりも 飽かぬ色香は 桜なりけり

かくばかり 飽かぬ桜の にほふ世に 命惜しまぬ 人もありけり

桜には 心もとめで 後の世の 花のうてなを 思ふおろかさ

世は清く すてたるひとも 捨てかねて 見るは桜の 花にぞありける

咲きにほふ 春のさくらの 花見ては 荒振る神も あらじとぞ思ふ

閑居花

咲きぬとて 人も見に来ぬ 隠れ家に あたら桜の 花の色かな

隠れ家は 人も見に来ず 同じくは 嵐も知らぬ 桜ともがな

異国の桜

花咲きて 散らぬさくらの 種しあらば とこよの国も 行きてもとめむ

たづね見む 死なぬくすりの ありと聞く 島には散らぬ 花もあるやと

さくらなき こまもろこしの 国人は 春とて何に 心やるらむ

世の人は 見ても知らずや さくら花 あだし国には 咲かぬ心を

憂き世とさくら

立ちなるる 庭の木陰に 宿ながら 憂き世忘るる 花盛りかな

いかばかり 憂き世なりとも 桜花 咲きて散らずば ものは思はじ

ひたすらに たれ憂きものと 歎くらむ 春は桜の 花も見る世を

花を惜しむ

いくばくも あらぬさくらの 花ざかり 雨な降りそね 風な吹きそね

惜しくとも 手折りやせまし 見てもなほ 飽かぬ桜の 花の盛りを

老いの世に 若木の桜 なほうゑて いつまでとてか 花を待たまし

春ごとに にほふ桜の 花見ても 神のあやしき めぐみをぞ思ふ

この花に なぞや心の まどふらむ われは桜の 親ならなくに

桜花 ふかき色とも 見えなくに ちしほに染める わが心かな

人ならば かこちやせまし 初花に 待ちし日頃の 心づくしを

桜花 たづねて深く 入る山の かひありげなる 雲の色かな

帰らばや 高嶺の桜 飽かねども ふもとの花も 暮れ果てぬ間に

吹くも憂し 吹かねば月の 霞む夜を 思ひわづらふ 花の春風

照りもせぬ 春の月夜の 山桜 花のおぼろぞ しくものもなき

咲く花に 絶えてあらしの 吹かぬ間ぞ 春の心は のどけかりける

散るこそは 盛りなりけれ 山ざくら 空吹く風も 花になりつつ

をりをりに 吹けどこずゑは のどかにて 風もいとはぬ 花盛りかな

山桜 匂ひばかりは 散るも良し 今を盛りの 峯の春風

山見れば ここもかしこも 盛りにて 心は四方に 散るさくらかな

この頃の 花の盛りを 今日見れば 今日ぞ盛りの 盛りなりける

天照らす 神の御国に 生まれきて さくらの花を 見るが楽しさ

吉野の花

よしの山 かばかり花の さくや姫 神代にいかに 種をまきけむ

故郷も 思ひも出でず たづね入る 花を心の 山の旅寝は

咲きぬべき 花のこずゑも 風さえて 面影とほき 春の山踏み

花見むと 思ふ心の 誘はずば かばかり深き 山路分けめや

盛りかと 見ればよしのの 山桜 まだしき木々ぞ なほあまたなる

吉野山 風のにほひを しるべにて 吹き来るかたに 花をたづねむ

世をいとふ 心なき身も 吉野山 花咲く頃は 思ひこそ入れ

さくら花 明日も分け見む 吉野山 けふのしをりの 末をたづねて

咲き続く さくらの中に 花ならぬ 松めづらしき みよし野の山

いくへとも しら雲ふかき 吉野山 おくある花も 咲きやしぬらむ

たぐひなき 花とはかねて 聞きしかど さらに驚く み吉野の山

見わたせば 花よりほかの 色も無し 桜に埋む み吉野の山

いづれかを 花とは分けて ながめまし なべて桜の み吉野の山

暮れぬとも なほ分け見ばや 山桜 月夜よし野の 花の盛りは

ほどもなし 花散るまでは 吉野山 捨てぬ憂き世も 捨ててこそ見め

飽かず見る 心の奥は 果ても無し よしのの花を 分けつくしても

奥深く たづね入らずは 吉野山 花や心を 浅しと思はむ

もろこしの 人に見せばや 日の本の 花の盛りの みよしのの山

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.