高倉院御製

新古今に見える高倉院御製四首。

275 瞿麦露滋といふことを

> 白露の 玉もて結へる ませのうちに 光さへ添ふ 常夏の花

「瞿麦」はエゾカワラナデシコ。
「ませ」は「まがき」のこと。

524 紅葉透霧といふことを

> 薄霧の たちまふ山の もみぢ葉は さやかならねど それと見えける

668 上のをのこども暁望山雪といへる心をつかうまつりけるに

> 音羽山 さやかにみする 白雪を 明けぬとつぐる 鳥のこゑかな

1146 題知らず

> つれもなき 人の心は うつせみの むなしきこひに 身をやかへてむ

1163 題知らず

> 今朝よりは いとどおもひを たきまして なげきこりつむ 逢ふ坂の山

まあ、普通だ罠。

Visited 22 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA