脚気と結核

田山花袋の「一兵卒」と梶井基次郎の「のんきな病人」を読んだ.
「一兵卒」は日清戦争か日露戦争の頃に一兵卒が脚気で死ぬ話.
のんきな病人は,結核患者の話.
結核患者が風邪をひいて寝込んでいた.
野良猫が入ってきて,
首から蒲団の中に入り込もうとする.
体が動かないので,入れまいとすると,
反対の首のところから入ろうとする.
それも入れまいとすると,
今度は腹の上に丸くなって毛をなめ始める.
呼吸がすごく苦しいので,
やっとのことであぐらをかいて,
猫を思い切り部屋の隅に投げつけた,などという話.
昨日は薄着をして芋煮会で寝転がっていたら風邪をひいた.

Visited 11 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA