所終

不知其所終、その終はる所を知らず、
よく考えるとよくわからない。
ここで「所終」は「死んだ場所」という意味ではない。
単に「終わり」「最期」と訳す。
つまり、「所」はそれに続く用言を体言化する助詞というに過ぎない。
「その終はるところを知らず」とは、
「その死に様は知られていない」「どのように死んだかわからない」という意味になる、わけだ。
「死んだ場所」ならば、普通に「死所」とか「終焉之所」などと書くのではなかろうか。

たとえば「所欲」は「欲する所」と読むが、
「好きな場所」ではなくて、「好きなモノ」、「好きなコト」などと訳すことになる。

Visited 36 times, 1 visit(s) today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA